あの頃自動車は夢と情熱の結晶だった <トヨタ博物館・第3回> - 現身日和 【うつせみびより】

あの頃自動車は夢と情熱の結晶だった <トヨタ博物館・第3回>

トヨタ博物館3-1

PENTAX K-7+TAMRON 28-78mm f2.8



 トヨタ博物館の3階は、日本車ゾーンになる。
 日本初の自動車は、1904年の山羽式蒸気自動車とされている。名前の通り、蒸気で走る車だった。
 初のガソリン車は、1907年のタクリー号だ。10台ほど製造されたという。
 1911年にはニッサンの源流である快進社自働車工場が、エンジンも含めたオール国産車の開発に成功。
 その8年後、日本初の量産車である三菱A型が三菱造船によって作られた。
 名古屋では1932年にアツタ号というのが制作されている。
 トヨタはやや遅れて1936年、トヨダAA型で参入を果たした。
 その後は戦争で車どころではなくなり、本格的に自動車が大量生産されるようになるのは、戦後しばらく経った1940年代後半になってからだった。終戦直後は、物資不足やアメリカ軍が目を光らせていたこともあって、そう簡単なことではなかった。それでも、1960年代には自動車が一気に庶民のものとなり、爆発的に増えていったのだから、たいしたものだ。
 一枚目の写真は、マツダ・R360クーペだ。
 1960年に発表されたこの車で、戦後初めてクーペという名前が使われた。以降、クーペは2ドア・スポーティータイプの代名詞となる。
 全体のデザインは、まだまだ洗練されているとは言えないものの、フロント部分はなかなか洒落ている。
 マツダはすでにこの頃からロータリーエンジンだった。

トヨタ博物館3-2

 トヨペットクラウンRS型。1955年。
 トヨタ初の純国産車の量産型。
 今の感覚からすると、まだ車体は小さい。でも、6人乗りだ。ドアは観音開きタイプになっている。
 当時の社長が乗りそうな車だ。映画『ALWAYS 三丁目の夕日』に登場したのは、クラウンデラックスRSD型だった。

トヨタ博物館3-3

 日野ルノー PA62型(だったと思う)。1962年。
 現在はトラックなどで知られる日野自動車も、かつてはルノーと提携して、こんな自家用車を作っていた。
 のちに独自の設計で、国産車のコンテッサ900や1300を作るようになる。

トヨタ博物館3-4

 スズキのスズライトSL型。1957年。
 大工だった鈴木道雄は、繊維工場の成功を追い風に、バイク業界に進出してそこで実績を積み、自動車産業に殴り込みをかけた。
 1954年に試作車を完成させ、翌年にはセダンのSS、ライトバンのSL、ピックアップのSPの3タイプの発売を開始した。しかし、セダンとピックアップは今一つ人気が出ず、ライトバンのSL一本に絞ることになった。上の写真がそれだ。
 まだ少し、試作車の名残が感じられる。

トヨタ博物館3-5

 ひときわ目を惹く一つ目小僧。
 富士自動車のフジキャビン5A型。1955年。
 後輪が1つ、前輪が2つの三輪キャビンスクーター。
 FRPのボディは130キロ。2サイクルエンジンの最高速度は60キロだった。  
 画期的な試みも、商業的な成功には至らず、わずか85台が制作されただけだった。
 やわすぎるボディで、乗り心地が悪く、煩雑な操作とクーラーやヒーターが効かないという、運転することが苦行のような車だったらしい。ヘッドライトが一つなのは、経費削減のためだったという理由も泣かせる。

トヨタ博物館3-6

 ダイハツ ミゼット DKA型。1959年。
 オート三輪は、私が物心がついた頃はまだわずかに走っていた。全盛期は1950年代だ。
 各メーカーからいろいろなオート三輪が発売された中で、ダイハツのミゼットはその決定版といえるものだった。
 日本ではほぼ絶滅したオート三輪ではあるけど、東南アジアや中国では、今でも普通に走っている。日本でも今だからこそ、新しいオート三輪は需要があるようにも思う。

トヨタ博物館3-7

 ホンダのスーパーカブ CA100(C100の輸出用モデル)。1962年。
 うちのじいちゃんがこの赤いのに乗っていた。大学生のとき、一度だけ乗らせてもらったことがある。だから、懐かしかった。
 ホンダのスーパーカブは、世界で最も作られた二輪車で、世界の至る所で今でも走っている。

トヨタ博物館3-8

 トヨペット クラウン RS-L型。1958年。
 クラウンのレッドボディは斬新な感じがする。
 トヨタが満を持してアメリカ市場に送り込んだのが、このRS-L型だった。
 大成功とはいかなかったものの、アメリカ進出の第一歩となった。

トヨタ博物館3-9

 トヨペットコロナハードトップ RT50型。1965年。
 国内初のハードトップ車で、デザインと走りを両立させることに成功して、人気を博した。
 このあたりになると現役で走っている姿を見ているかもしれない。デザインもだいぶ現代のものに近づいてきた。

トヨタ博物館3-10

 トヨペット クラウン RS41型(だと思う)。1963年。
 なんてカッコイイ鏡面仕上げ。今どきの新車にも負けてない輝きだ。
 初代からモデルチェンジした2代目のトヨペットクラウン。ボディもやや大きくなって、高級感も増した。

トヨタ博物館3-11

 現代に近づくほど馴染みのあるデザインになって、垢抜けていく一方で面白みがなくなっていく。自動車はこのあと、ますます画一化され、大衆化していくことになる。
 それと平行して、一般向けのスポーツカー路線が拡大していく。次回は、いよいよ真打ちに登場していただこう。
 つづく。
関連記事ページ
コメント
非公開コメント

トヨタつながり

こんばんは。
天気が悪そうなので、こっちは産業技術記念館へ行ってきました。
大人の社会見学みたいな感じで結構面白かったです。写真も撮り放題だし。
記念館で初代セリカ1600GTを見て、小学校の社会見学でトヨタの工場を
見に行った記念にセリカの完成品プラモをもらったことを思い出しました。
子供ながらにカッコいい車だったことを覚えています。
次回のスポーツカー編を期待してますよ、とmihopapa@スポーツカー&爆走
好きでした。

2011-01-15 21:35 | from mihopapa | Edit

やはり一度は

>mihopapaさん

 こんにちは。
 明日はホントに雪ですかねぇ。
 雪が降ったら撮りたいけど、猛烈に寒そう。

 産業技術記念館は、写真を撮るにはどうなんだろうと思って、いまだに行けずにいます。
 やっぱり一度は行っておくべきかな。
 mihopapaさんはトヨタ博物館は行きましたか?
 爆走好きで乗りもの好きのmihopapaさんにはぴったりなところですね。

2011-01-16 01:01 | from オオタ | Edit

トラックバック

https://utusemibiyori.com/tb.php/2063-b4fbc7b6