昭和の正統派アーケード柳ヶ瀬商店街 <岐阜旅第二弾・その2>

観光地(Tourist spot)
柳ヶ瀬-1

PENTAX K-7+PENTAX DA 16-45mm f4



 御嵩をあとにして、続いてやって来たのは岐阜市だった。
 なんとなく行きそびれている街というのがあるもので、岐阜県はあちこち巡ってるのに、メインどころの岐阜市を訪れるのはこのときが初めてだった。
 市内の散策をして、岐阜城がある金華山へ行って、最後に夕暮れの川原町を撮るというのが予定のコースだった。
 岐阜駅から岐阜城までは、直線距離で3.5キロほどあるので、歩いて行くにはちょっと遠い。なので、レンタサイクルを利用することにした。岐阜市はとても良心的で、1日100円で貸してくれる。市内の観光スポットは、自転車で回るにはちょうどよい距離なので、レンタサイクルがオススメだ。
 今日はまず、柳ヶ瀬商店街について紹介することにしたい。
 柳ヶ瀬というと、柳ヶ瀬ブルースで有名になったと紹介されることが多い。けど、美川憲一があの曲を歌って大ヒットしたのは1966年(昭和41年)のことだ。私もまだ生まれていない。そんな曲があったことは知っていても、どんな内容かまでは知らない。若い世代は曲自体知らないんじゃないだろうか。
 柳ヶ瀬商店街をぶらぶらすることをヤナブラといったそうだけど、今どき、地元の人間でも使いそうにない。

柳ヶ瀬-2

 柳ヶ瀬商店街が活況を呈していたのは、歌が流行った昭和40年代から50年代までだったろう。当時は週末ともなるとアーケードは歩くのも大変なほどの人出だったそうだ。商店街だけでなく、飲食店街や歓楽街でもあった。
 時代の波にのまれて、現在はシャッターが閉まっているところが増えたものの、規模としてはまだかなりの大きさを誇っている。南北700メートル、東西500メートルの柳ケ瀬通を中心に、何本もの通りが交差している。規模としては名古屋の大須と同じか、それ以上かもしれない。
 雰囲気としては、大須のようにいろんな文化が入り交じってゴタゴタした感じではなく、古き良き商店街の面影を色濃く残している。正統派のアーケードだ。

柳ヶ瀬-3

 レッドカーペットが敷かれていたのは、クリスマスシーズンだったからか。頭上にはリースが飾られ、小さなツリーも並んでいた。
 この通りは、人も多めで、わりと活気があった。並んでいる商店もほとんど開いていたと思う。
 それぞれの通りには名前がついているのだけど、一度行ったくらいではどこが何通りか覚えられない。構造や広さも把握できないまま、同じところをぐるぐる回っていた。

柳ヶ瀬-4

 人通りも少なく、やや薄暗い感じの通りに出た。シャッターチャンスの匂いがした。

柳ヶ瀬-5

 どうやらここは飲み屋街のようだ。小料理屋や居酒屋、スナック、バーなどが並んでいる。
 賑わうのは夜なのだろう。昼間はほとんど人も通らず、店はどこも開いていない。

柳ヶ瀬-6

 とても昭和だ。すごい。
 どの程度の稼働率なのかは分からないけど、夜に写真を撮りに来る勇気はない。昼間でもちょっとおっかなびっくりだった。

柳ヶ瀬-7

 やや及び腰で、細い横丁をのぞいてみる。

柳ヶ瀬-8

 こういった飲み屋街はまったく無縁なので、完全なアウェイを感じる。表からそっと写真を撮るのが精一杯だ。これ以上は踏み込めない。
 夜はどんなふうになっているのか、興味はある。

柳ヶ瀬-9

 弥生町の雰囲気に気圧されて、一息つくためにいったんアーケードの外に出た。
 アーケード入り口に立つギリシャ神話の神みたいな像を見て、ちょっと心が和んだ。なんだろう、これ。

柳ヶ瀬-10

 少し雰囲気の違う通路があった。水路が流れている。
 アクアージュ柳ヶ瀬と名付けられているらしい。ちょっとした憩いのためのスペースだろうか。

柳ヶ瀬-11

 ロイヤル劇場ビルというのがあった。古い映画を上映する映画館のようで、このときは小津安二郎の『東京物語』がかかっていた。
 最近はこういう映画館が少なくなったから、貴重な存在だ。

柳ヶ瀬-12

 アクアージュを抜けると別の通りに出た。自分がどっちの方角を向いて、どこにいるのか、よく分からなくなる。それもまた楽しい。

柳ヶ瀬-13

 ウォッチマンだ。なんて懐かしい。
 名古屋に初めて店ができたのはいつだったか。何度か行ったし、一度か二度、時計を買ったことがある。もう閉店して久しい。最盛期には全国に40店もチェーン展開していたそうだけど、それもすべてなくなった。こんなところで名残を見つけて、少し嬉しかった。

柳ヶ瀬-14

 途中からなんだかとても楽しくなって、ぐるぐる回っていたのだけど、予定時間をだいぶオーバーしてしまった。ここで時間を食いすぎたことが、あとから響いてくることになる。そろそろ次の目的地に向かわなければならなかった。

柳ヶ瀬-15

 柳ヶ瀬商店街は、かなりよかった。面白かったし、写真を撮るにも楽しいところだ。機会があれば、また行きたい。
 このあと、神社めぐり編、岐阜城編、川原町編と続く。
記事タイトルとURLをコピーする
コメント
  • 情弱ですんません
    2011/01/02 11:24
    こんにちは

    ウオッチマンって潰れてたんですか。
    最近(どころじゃないだろって?)見ないなあと思ってたら。
    どんどん見なくなるのでウオッチマンの会社自体潰れたのか極縮小で数店舗のみにしたのかわかりませんでした。
    (そういえば、自身まんまんウオ・・♪、て聞かなくなって何年になるだろう・・・)
  • 栄の変貌
    2011/01/03 01:57
    >⑦さん

     こんにちは。
     ウォッチマンって、ブランド安売り店の走りでしたよね。
     名古屋はずいぶん前に閉鎖してしまったけど、全国的にはどうだったんでしょうね。
     今はもう、まったくなくなってしまったみたいです。
     ウォッチマンがあった頃の栄を思うと、ずいぶん様変わりしたものです。
コメント投稿

トラックバック