夕焼けショー

夕焼け(Sunset)
夕焼けショー1

PENTAX K-7+PENTAX DA 55-300mm f4-5.8



 ある日の夕焼け。
 沈みゆく太陽と、移り変わる空の表情を、しばらく見ていた。
 降り注ぐ日差しと、遠くの山並み。
 その下にある街のシルエット。
 ここが祝福された世界でないとしたら、空の向こうにも天国はないだろう。

夕焼けショー2

 視界を遮る高いビル。
 今目にしている風景が、この時代の景色だ。
 そこに悲しいとか嬉しいとかいう感情はない。
 よく見て、忘れないようにしなければと思う。

夕焼けショー3

 人は21世紀の現代でも、大勢の人々と寄り添って生きている。
 江戸時代の長屋住まいとさほど変わりはない。
 つながっている実感はないとしても。

夕焼けショー4

 家から山脈が見えることに気づいたのは、それほど昔のことではない。はっきり意識するようになったのは、ここ10年くらいのことだ。
 見えているのは鈴鹿山脈だろうか。

夕焼けショー5

 雲が割れて光が差す。
 空の表情を作るのは、雲だ。雲がない空は、のっぺりした表情になる。

夕焼けショー6

 雲から太陽が顔を出した。
 向こうの空にカラスが一羽、飛んでいった。

夕焼けショー7

 街では太陽は、ビルの影に沈んでいく。
 地平線に沈む太陽を、まだ一度も見たことがない。

夕焼けショー8

 30分の夕焼けショーを楽しんだ。
 太陽が消えたあとの空も、ドラマチックだ。
記事タイトルとURLをコピーする
コメント
  • 歯がゆいw
    2010/12/27 18:17
    夕焼けが丁度いいかげんの時間がまだ就業時間なので毎日歯がゆい思いをしていますw

    いいロケーションを探すのもなかなか難しいですよね
  • 朝日担当で
    2010/12/28 01:47
    >ただときさん

     こんにちは。
     夕焼け時間も、少しずつ遅くなってきましたね。
     そのうちただときさんにもちょうどいい時間になるかな。
     私の代わりに朝日を見てください。(^^;
     朝焼けも撮りにいきたいのだけど。
コメント投稿

トラックバック