普通に作った今年最後のサンデー料理

料理(Cooking)
サンデー1

PENTAX K-7+PENTAX FA 50mm f1.4



 2010年のサンデー料理も、今日が最後となった。何か特別なものを作ろうという気持ちはなくて、普段と同じように、食べたいもの優先で作った。集大成と呼べるものを作るほど、料理の腕は成熟していない。今年の課題を克服できないまま、来年に持ち越しとなった。
 これが現状で作れる精一杯と言っていいだろう。良くも悪くも、自分らしい料理になった。

サンデー2

 マグロのパン粉焼きマヨネーズソースがけ。
 マグロに塩、コショウ、酒を振ってしばらく置いたあと、ペーパーで水気を拭き取る。
 小麦粉をまぶし、溶き卵にくぐらせ、パン粉をつけて、オリーブオイルで焼く。
 ソースは、マヨネーズ、しょう油、卵、マスタード、コンソメの素、砂糖、塩、コショウを混ぜ合わせる。
 レタスとスライストマトを添えて、パセリ粉を振る。
 今年も鯛とマグロはよく使った。和食にも洋食にも使い勝手がいい食材だ。

サンデー3

 ジャガイモとニンジンとトマトソース。
 具材とソースを一緒に煮込むと、どうしても品良く仕上げられないので、別々に調理してみた。
 ジャガイモとニンジンは塩ゆでにする。サヤエンドウも軽く煮る。
 柔らかくなったら取り出して、オリーブオイルで炒めて、軽く焼き色を付ける。
 トマト、オリーブオイル、白ワイン、ケチャップ、みりん、しょう油、オイスターソース、タマネギ、砂糖、コンソメの素、塩、コショウを煮込んで、トマトソースを作る。ジャガイモのゆで汁で味の調整をする。
 カレーライスやビーフシチューも、こうやって具材とスープを別にすると、品の良い仕上がりになるはずだ。

サンデー4

 ワンタン、豆腐入りの中華スープ。
 ごま油、ショウガ、豆板醤を炒め、サイコロ切りした絹ごし豆腐を入れる。
 酒、みりん、しょう油、水を加え、塩、コショウで味を調える。
 ワンタンの中身は、エビと長ネギの白い部分の刻みで、ショウガと塩、コショウで下味を付ける。
 ワンタンの皮に包んで湯がき、豆腐入りのスープに入れて、馴染ませる。
 彩りが寂しかったから、青ネギの青い部分を刻んで乗せた。

 今年も無事、サンデー料理を一年間、完走することができた。曜日がずれることはあっても、休んだのは少なかったと思う。
 あまり成長したような実感はないけど、多少は上手くなっていると思いたい。
 彩りと盛りつけの課題は残ったままだし、皿もほとんど買い足すことがなかった。
 来年も引き続きやっていきたい。
 来週は正月早々なので、一週飛ぶことになりそうだ。次回は新年一回目ということで、何か考えよう。
記事タイトルとURLをコピーする
コメント
コメント投稿

トラックバック