初冬の風景

日常写真(Everyday life)
日々の風景-1

PENTAX K-7+PENTAX DA 16-45mm f4 / FA 50mm f1.4 他



 日々目にしている光景の中に、幸せのヒントがある。あるいは、答えが。
 そのとき私は、光を一杯に吸い込んだ。

日々の風景-2

 近頃、小学生に被写体としての魅力を感じるようになった。
 無駄に元気なところが特にいい。

日々の風景-3

 カッコイイ自転車乗り。自分も見習わなくてはと思った。

日々の風景-4

 サンタクロースの扮装がコスプレに当たるならば、コスプレの歴史は古い。
 ピザの配達人も、サンタの格好でお届けに向かっている。

日々の風景-5

 放置自転車とイチョウの落ち葉。
 自転車に乗るようになって、自転車がよく目に付くようになった。前は自転車など見えていても見ていなかった。

日々の風景-6

 星ヶ丘テラスの午後。
 近いうちにイルミネーションを撮りにいこう。

日々の風景-7

 色の主役は緑から茶色に移った。冬を思わざるを得ない。

日々の風景-8

 冬の陽光。光にも季節がある。

日々の風景-9

 まだ終わっていない紅葉もある。

日々の風景-10

 イチョウの落ち葉とタンポポ。

日々の風景-11

 タンポポの綿毛撮りの可能性はまだまだある。
 風に乗って離れる瞬間を撮りたい。

日々の風景-12

 落ち葉の風景。柳の葉だろうか。

日々の風景-13

 思わず吹き出した。
「犬 の し つ け 広 場」
 もっと他に言い方がなかったのか、と思う。

日々の風景-14

 土手と夕空。河原には広い空がある。

日々の風景-15

 高台から見下ろす愛知環状鉄道の列車。

日々の風景-16

 並んだスズメたち。場所取りでちょっとした小競り合いなんかもある。

日々の風景-17

 夕暮れの空をいくサギの群れ。これだけたくさん一緒に飛んでいるところを見るのは珍しい。

日々の風景-18

 ススキは秋の風景でもあり、冬の景色でもある。

日々の風景-19

 暮れない一日はない。心残りと安堵が入り交じる。
 こんな冬の初めの風景。
記事タイトルとURLをコピーする
コメント
  • 管理人のみ閲覧できます
    2010/12/20 21:21
    このコメントは管理人のみ閲覧できます
コメント投稿

トラックバック