いつか60種類のスミレを区別できる人に - 現身日和 【うつせみびより】

いつか60種類のスミレを区別できる人に

スミレ-その1

Canon EOS 10D+TAMRON SP 90mm(f2.8), f3.2, 1/60s(絞り優先)


 今シーズン、初めてスミレを見つけて、喜んで駆け寄った。あ、こっちにも、あっちにも。撮るべし、撮るべし。でも、嬉しかったのは最初だけ、だんだん難しい顔になって、しまいには顔が歪み始める。うっ、区別がつかない。名前が分からない。えーと、おたく、どちらさん?
 スミレ問題。忘れていた頭の痛い課題が再び巡ってきた。去年はまったくのお手上げで、しまいには全部スミレで片づけていたけど、2年目の今年はそうもいかない。やっかいだといって放り出しておいたらいつまで経っても分かるようにはならない。一度に全部は無理でも、少しずつスミレの勉強を進めていかなくてはならないだろう。このどんよりした気持ちは受験勉強以来かもしれない(そんなに?)。
 何しろスミレ属の花は世界に400種類以上あって、日本にも60種類からあるという。しかも、どれもよく似ていて見分けるのが非常に難しい。色も似てるし、変種もあるし、よくよく近づいて見ないと気づかない特徴も多い。そもそも、現状の私の脳で60種類もの何かを見分けること自体できるのかどうか疑わしい。九九さえ忘れかけているのに。

 まず第一歩目として、タチツボスミレとニオイタチツボスミレの区別から始めようと思う。
 上の写真はニオイタチツボスミレ確率80ぺーセントと見た。そのパーセンテージはどこから来てるのかと問うなかれ。天気予報の降水確率のようなもので、ある程度幅を持たせておかないと外れたときに問題が起こるから、逃げを打っている。
 タチツボではなくニオイタチツボとした理由としては、花びらの形が丸くて柔らかい感じで、紫色が濃いこと、中の白い部分がくっきりしているという点で判断した。花柄には細かい毛が生えているということだけど、写真にはそこまで写ってない。
 名前の通りかすかに匂いがあるという。ただ、花粉症のこの時期、そんな微妙な匂いをかぎ分けろというのは無理な注文だ。
 日本全国どこにでも咲いている、もっともポピュラーなスミレのひとつと言えるだろう。

スミレ-その2


 続いてこいつ。こっちがタチツボスミレだと思う。予想としては70パーセント。ニオイタチツボに比べると花の色が薄めで、印象として和風というか、繊細な感じがする。花びらもニオイタチツボよりやや細身で反り返っている。葉っぱを見ると、まわりのギザギザが強くて、葉の先が尖っている。これもタチツボの特徴のはずだ。匂いはないという。
 このタチツボスミレも、日本全国どこでも見かけることができる。北海道から沖縄まで、人家のそばから公園、海岸、山の中まで、いろんなところで咲いているから、一番よく見かけるやつかもしれない。

スミレ-その3


 更にもう一枚。これは上のふたつと比べるとぐっと趣が違う。まず葉っぱの形がまったく違っていて、枚数も少ない。岩場にへばりつくようにして咲いていた。たぶん、ノジスミレだと思うんだけど、これは自信がない。60パーセントとしておこう。
 スミレとノジスミレはよく似ている。っとその前に、スミレというスミレもあるから、話がまたややこしくなる。「これはただのスミレです」と説明すると、「タダノスミレ」と覚えてしまう人がいるという笑い話がある。スミレにも何々スミレと名前をつけてあげて欲しかった。
 ノジスミレとスミレの違いは、葉っぱの角度だ。スミレの葉っぱは上に向かって立っているのに対してノジスミレはやや寝ている。ノジの方は花や葉っぱがよれよれっとくたびれた感じがする。スミレの方がシャキッとしている。ノジには香りとうぶ毛があり、スミレにはない。

<追記>
 3枚目のこれはシハイスミレやん? と教えていただいた。がび~ん、そうなのか(驚き方が昭和)。で、調べ直したとろこ、こいつは確かにシハイスミレの確率高し。葉っぱの裏側が紫色なのがポイントで(写真には写ってないけど)、その他花の様子など特徴が一致する。
 が、話はここで終わらない。というのは、シハイスミレは関西に多いスミレで、関東はシハイの変種であるマキノスミレが多いという。じゃあ中部はどうなんだというと、両方入り交じるらしい。なんじゃそりゃ。ますますややこしいではないか。見分けるポイントとしては、葉が水平ならシハイ、垂直ならマキノというんだけど、写真のこれは角度が微妙。斜め45度ならどっちなんだ? やや水平に近いから、やっぱりシハイスミレかな。
 というわけで、やっぱりスミレの区別は非常に難しいということが更に分かったのだった。

 今日のところはこのみっつにとどめておこう。すでにおなか一杯でおなかこわしそうだ。スミレの勉強をするときはビオフェルミンを飲んでからした方がいいかもしれない。
 今回のみっつに関しては、個人的にはだいたい分かったような気がする。ただ、これを読んだだけでは分からないだろうから、やっぱり自分で写真を撮るのが一番だと思う。よく似たふたつの花の区別なら人に聞いても覚えられるけど、60種類を人に説明してもらって覚えるなんてのは無理な話だ。もしできたとしたら、それは脳がおかしい(すごい決めつけ)。
 私も、この春、一種類でも多く写真を撮って、調べて覚えていきたいと思っている。ワンシーズンですべて覚えようとしたら脳が焼けてしまいそうだから、まず今年は10種類くらいちゃんと分かるようになることを目標としよう。スミレ偏頭痛にならないように気をつけつつ。
 いつか、すべてのスミレを区別できるようになった暁には、スミレ問題で頭を悩ませている人たちのブログを回って、みんなに名前を教えてあげる、スミレお助けマンとなろう。登場予定は、2008年春です。


関連記事ページ
コメント
非公開コメント

3番目はシハイスミレじゃないのかなぁ?
私もただのスミレで片付けてますのであてにはならないですなぁ(爆)
草の名前調べはしまいに「もぉどうでもええやん」と投げ出しそうな気持ちになりますがネット上で名前を出すことになるといい加減だと見る人に悪い気がしてしまいます。(私っていい人だわぁ)ヾ(ーー )ォィ
スミレお助けマン目指してくださいねぇ~私も駆け込みます。

2006-04-02 11:13 | from spiny

お助けマンへの道のり遠し

★spinyさん

 こんにちは。
 シハイスミレ情報、どうもありがとうございましたー。(^^)
 間違いを教えてもらうのは大歓迎です。教えてもらわないままだと、見る人、見る人に、コイツ、間違ってる~と思われますからね(笑)。

 ホント、こりゃシハイスミレですね。調べ直して、ちょっと本文も書き加えました。
 そこであらたに出てきたマキノスミレ疑惑。関西はシハイで、関東はマキノ、じゃあ中部はどっちなの、って感じですが、どうやらシハイっぽいです。でも、マキノだったりして。(^^;

 こんな調子では、スミレお助けマンへの道のりは遠いですー。(>_<)
 下方修正で、2010年にしようかな。
 また、お互い名前を教え合いましょうね。他人のことだと無責任に強気で言えるから(笑)。

2006-04-02 15:05 | from オオタ | Edit

オオタ様

オオタ様

 わぉ~!!きれいなスミレ、写真を撮っていくと、そういう名前を覚える

種を区別する、、、そういう域になってくるんですね。

沖縄地方、浜下りという、旧暦3月3日の行事がありました。わたくしは
相変わらず、画数もおおくない、そこそこの携帯で、がんばっております。

オオタ様と違って、わたくしなんか、○○すみれ、ではなく
熱帯魚も青い熱帯魚ですませております。がび~~ん!
わたくしも、なるべく名前を書くようにしよう!!
自然を愛するものは、自然図鑑が必要なのか!!
図書館という手もあるな。

それにしても、すみれはけなげでいいな~~!
オオタ様、きれいな写真、これからも紹介してね~~!

2006-04-02 15:42 | from さとりんこ | Edit

こんにちは♪

本当にスミレって多いですからねぇ。
ご苦労様ですm(_ _)m

私は仕事柄、薔薇を調べたり写したりしている内に薔薇の魔力?に負けてしまいましたww

2006-04-02 15:55 | from †Tiara†

沖縄は生物ウハウハ

★さとりんこさん

 こんにちは。
 沖縄のスミレ事情はどうなってるんでしょうね。きっとこちらでは見たこともないようなものが咲いてるんだろうなぁ。
 鳥も虫も花も、沖縄へ行ったらすごく楽しそうです。で、帰るのがイヤになって住みついてしまうかも?(^^;

 スミレは、別に名前なんてどーでもいいんです(笑)。
 ただ、ブログに写真を載せるときは、やっぱり名前がないと居心地が悪いというか落ち着かない気持ちになるんで調べるようにしてます。しかし、スミレは特別難しい。(>_<)

 そちらは浜下りだったんですね。って、初めて聞く行事だ。(^^;
 沖縄独特の言葉や行事もたくさんありますね。面白いなぁ。

 これからますます暖かくなっていろな生き物が活動を始めるだろうから、沖縄の生き物写真も楽しみにしてますね。私も調べるのに参加しますから。
 でも、海の熱帯魚はまるで知らないんで、役に立てそうにないです。(^^;

2006-04-03 03:07 | from オオタ | Edit

バラの人

★†Tiara†さん

 こんにちは。
 スミレのことは春になるまですっかり忘れてたんだけど、撮ってから、ああ、そういえばまたこの季節がやってきたんだと思ったのでした。悩ましい。(^^;
 スミレの専門図鑑も買わないといけないかも。

 †Tiara†さんはバラの人だったんですか。
 私も去年からの、にわかバラ好きなんですよ。一番好きなのが寺西菊雄。菊雄なのにバラ作りっていう生き方がいいなと(笑)。
 マダム・ヴィオレ、荒城の月、天津乙女。どれも好きで、なんだか趣味がとっても似てるようなんです。
 しかし、バラも種類がものすごく多くて覚えるのが大変!(>_<)
 たいていはプレートがあるからその場では分かるんだけど、花だけ見て見分けることができるようになるにはものすごく時間がかかりそうです。
 気づけばもう春バラの季節が近づいてきたんですね。そのときになったらバラについていろいろ教えてください。(^^)

2006-04-03 03:18 | from オオタ | Edit

トラックバック

https://utusemibiyori.com/tb.php/203-f061d18a