秋の東山植物園に収穫あり

東山植物園秋-1

PENTAX K-7+TAMRON SP 90mm f2.8



 ようやく念願のアサギマダラに出会うことができた。4年越しか、5年越しの思いが届いた。時期さえ間違えなければそれほど珍しい蝶ではないのに、これまでなかなか縁がなかった。ファーストコンタクトは、やっぱり感動もしたし、興奮もした。ギフチョウに初めて会ったとき以来の気持ちだった。
 今の時期なら、東山植物園に行くと出会える確率が高い。合掌造り手前の池の裏手の山にいる。フジバカマがエサなので、花を探した方が早い。案内板にも出ているから、行けば分かるはずだ。
 アサギマダラは、日本で唯一、長い旅をする蝶だ。春から夏にかけては標高1,000メートルから2,000メートルあたりの高地で繁殖をして、秋になると里に下りてきて、渡りの準備を始める。北から南へ。いったん、和歌山県に集合して、紀伊半島から四国に渡る。エサをたっぷり食べながら西へ向かい、ある者は室戸岬から南西諸島へ、ある者は足摺岬から九州へと旅立ってゆく。
 一日に数百キロ飛び、長旅のやつは遠く台湾まで2,000キロも旅をする。どうしてそんな長い距離を移動するのか、まだ分かっていない。
 寒い冬は南の洞窟で過ごし、春になって温かくなると、今度は北へ向かって旅立つ。その蝶は、南へ渡った蝶ではなく、新たに生まれた次の世代の蝶だ。誰に教えられることなく、北で生まれた者は南へ向かい、南で生まれた者は北を目指す。長い歳月、アサギマダラはそうやって命をつないできた。こんな頼りない体と翅のどこにそんな力が秘められているのだろう。
 街中ではまず目にすることはないこの蝶だけど、拠点にはどっさりいるから、地方によってはありふれた蝶ということになるかもしれない。多くの人は、一生目にしないままだろう。でも、そういう蝶がいることを知っておいて欲しいと思う。もし、出会うことができたら、それは長い旅の途中だから、優しく見守ってあげたい。頑張れなんてはげましはいらない。むしろおまえがもっと頑張れと励まされるようだ。

東山植物園秋-2

 このとき見かけたのは2匹(頭)で、1匹はすぐにどこかへ飛んでいってしまった。残った1匹が撮影に協力してくれた。蜜を吸うのに夢中だったこともあるだろうけど、それにしても人を恐れない蝶だ。特に横から接近すると、マクロレンズの最短距離近くまで超接近することができる。この写真はトリミングしていない。
 正面から近づくと、ある程度のところで飛んでしまう。横の視野が狭いのかもしれない。

東山植物園秋-3

 飛翔姿もなんとか撮りたいと粘ったのだけど、このときは曇り空でシャッタースピードが稼げず、苦戦した。望遠ではなく、どうにかマクロレンズで撮ろうと意地を張ったら、これが精一杯だった。
 飛翔姿の撮影は来年の課題として残しておくことにする。

東山植物園秋-4

 長く相手をしてくれてありがたかった。無事に南の島までたどり着けるといい。

東山植物園秋-5

 初めてということでは、ワレモコウもやっと撮ることができた。これも不思議と縁がなかった花で、10年くらい前から撮りたいと思いながら撮れずにいた。
 なかなかかわいいやつだ。

東山植物園秋-10

 初めてつながりで、チョコレートコスモスも出会いたいと思っていた花だった。あるとなると、あっけなくあるものだ。
 普通のコスモスとは葉っぱが全然違って、やや情緒に欠けるのが残念なところだ。でも、この深い色はやっぱりよかった。

東山植物園秋-6

 秋になって湿地もだいぶ寂しくなった。今咲いているのは、このサワギキョウと、そのほか2、3種類くらいのものだ。
 シラタマホシクサはまだ少し残っていた。
 湿地もこれで来年の春先までお休みとなる。

東山植物園秋-7

 3月にタンポポを見ると、春が来たと思うけど、なんだかんだで一年中咲いているような気もする。1月、2月は完全に消えるのだろうか。

東山植物園秋-8

 そろそろ秋バラの見頃だ。東山植物園は種類が少ないし、好きなバラがない。王子バラ園に行けるかどうか。

東山植物園秋-9

 バラの中のアブ。ピンクの部屋はあまり似合わない。

東山植物園秋-11

 モミジはまだ青々として、紅葉の気配はない。猛暑の影響で今年は少しずれ込むのか。

東山植物園秋-12

 少し色づきかけた葉っぱ。着実に秋は深まっている。

東山植物園秋-13

 トチの実。食べられたりするんだろうか。

東山植物園秋-14

 水辺のかわいい葉。菌の妖精みたいだ。

 アサギマダラに出会えたことが嬉しかったので、大満足だった。ワレモコウやチョコレートコスモスも撮れたし、収穫の多い東山植物園の秋だった。
 年間パスポートが来月の初めで切れるから、その前にもう一度行こうと思っている。次が10回目で、何か記念品がもらえるらしい。

0 Comments

Leave a comment