二日連続で通って満足納得の名古屋まつり <第三回>

名古屋まつり3-1




 名古屋まつり二日目の日曜日も、雲はやや多いながら穏やかな秋の一日だった。二日連続で繰り出すことになるとは、よほど名古屋まつりが好きなやつだと思われそうだ。
 初日でだいたいの様子は掴んだので、二日目は落ち着いて臨むことができた。最初の日は初めてということもあって、イベント会場からイベント会場へとうろうろしすぎた。二日目はパレードを撮ることだけを考えていたから、一ヶ所に陣取って動かなかった。どうやらこれが名古屋まつりを楽しむ基本姿勢のようだ。二日目はあまりイベントがなかったこともある。
 パレードものを撮るときは、背景と光の方向が重要な要素となる。できることならベストポジションを取りたかったところではあったのだけど、やや出遅れて沿道はすでにほとんど埋められていた。特に市役所前と栄はびっしり人がいたのであきらめて、その中間地点で適当な場所を見つけた。背後に緑があって、建物があまりうるさくないところという理由で、ここを選んだ。大津橋の少し南あたりだ。愛知県庁大津橋分室というレトロなビルが建っているところでもある。
 光は順光気味の斜光で、進行方向から入っていたので、まずまずの条件だった。本当は逆光が好きなのだけど。



名古屋まつり3-2

 バトントワリングの皆さん。
 良く言えば多種多様、悪く言えば寄せ集め的なパレードで、英傑行列とはまるで無関係のパレードメンバーが続々と続く。全国大会で男女アベック優勝した平針中学ハンドボール部も便乗パレードしていた。優勝おめでとう、などと声援が飛んで、照れくさそうにしていた。自分がその立場だったら、当日はハライタで休んだと思う。



名古屋まつり3-3

 はち丸くんも乗ったパレードカー。司会は地元のタレントさんかもしれないけど、見覚えはない。
 謹慎明けの矢野きよ実もどこかのパレードカーに乗っていたはずだ。先頭の方だったのか、私が着いたときには通り過ぎてしまっていたのだろう。



名古屋まつり3-4

 フラワーカーから手を振るちびっこたち。COP10関係だっただろうか。パレードカーは他にも何台か出ていた。
 ずっと昔は、花電車が名古屋まつりの呼び物だった。私が子供だった頃は、花バスというのが市内を走っていた。現代はフラワーカーと名を変えた。



名古屋まつり3-5

 楽隊の演奏などもある。
 何にしても騒々しい。お祭り騒ぎとはこのことだ。



名古屋まつり3-6

 中日フォトメイツ。
 中日写真協会というところが開催しているミスコンで、選ばれると一年間、こういうイベントに参加したり、撮影会でモデルを務めたりする(たぶんそうだと思う)。



名古屋まつり3-7

 どまつりの流れでチームが参加してよさこいを踊っていた。
 沿道の観客はどまつりの方が多かったような印象を受けた。名古屋まつりも100万人を超えているんだとか。



名古屋まつり3-8

 名古屋人にはお馴染みのナナちゃん人形も参加させられている。足は邪魔なので上半身だけのジオング状態だ。この週末は、名駅のナナちゃんは下半身だけ立っているのだろうか。
 桜台高校の学生がデザインした服を着せてもらっている。これも毎年の恒例だ。



名古屋まつり3-10

 あ、ムッシュかまやつ!? と思ったら、違った。宣教師に扮した人だった。
 後ろ姿はメーテルの偽物みたいだった。



名古屋まつり3-9

 女子高生らしい女の子たちが浴衣姿で歩いていたけど、何の説明もないのでどういう集団か分からなかった。
 背の高い外国人の女の子がひときわ目立っていた。



名古屋まつり3-11

 琉球エイサー踊りのメンバーの先頭を歩いていた女の人。沖縄っぽいなと思う。



名古屋まつり3-12

 三英傑の主役は信長だ。名古屋城を築城した家康ではなく、やはり人気優先ということだろうか。
 信長だけが馬に乗って練り歩くから、信長役は馬に乗れることが応募の条件になっている。



名古屋まつり3-14

 のぼりに第三十五普通連隊とある。武将役などで守山駐屯地の自衛隊員が400人も協力しているんだそうだ。どこからこんなにも武者役の人を集めてきたのかと思ったら、そんなことだったのか。



名古屋まつり3-15

 わらじ係の人がいて、切れたりしたわらじを交換している姿があった。そういえば、意外とこういう細かい部分には気を配っている。メガネは仕方がないにしても、武将姿にスニーカーでは興が冷める。



名古屋まつり3-16

 ときどきアドリブのパフォーマンスが入ったり、ちょっとしたファンサービスなどが行われたりもする。全体的にパレードは緩い感じがある。

 二日間にわたって、けっこう名古屋まつりを見切った感がある。いくつか見られなかったイベントはあったものの、だいたいの全体像は見えた。思った以上に楽しめてよかった。一回見たら二度と見たくないといったようなものではなく、また行きたいという気持ちになった。二日目も行ったのは正解だった。初日だけなら物足りない思いが残っていた。
 写真がまだだいぶ残っている。2回に分けようと思ったけど、他のネタが溜まっているので、一回に圧縮することにする。残りは追記(More)で。
名古屋まつり3-01

 太鼓隊というのか何というのか。編成的に見てブラスバンドではないのだと思う。そのあたりの定義がよく分かっていない。

名古屋まつり3-02

 バトンの別チーム。
 背後に写っているのが、愛知県庁大津橋分室だ。

名古屋まつり3-03

 ミス金魚のお姉さん。
 金魚の名産地、弥富関係だと思う。他県の人に自慢しづらいミスではある。昔、私、ミス金魚に選ばれたことがあるんだよと言っても、あまり説得力がない気がする。

名古屋まつり3-04

 トランペット隊。天理教とプレートにあったような気がする。
 参加資格はどうなっているのだろうと、ふと疑問に思った。

名古屋まつり3-05

 最近、桶狭間の戦いの地を観光地にしようと、地元で盛り上がっている。桶狭間から今年で450年になる。
 その一環として作られたのが、ゆるキャラのおけわんこだ。私は初めて知ったけど、意外と知名度があるのかもしれない。沿道の子供が、あ、おけわんこだっ! と、指を差していた。

名古屋まつり3-06

 くのいちも参戦していた。
 家康の忍者部隊といえば、服部半蔵だから、どこかに服部半蔵もいたのだろうか。
 カラス天狗みたいなのがいたけど、あれは何だったのだろう。

名古屋まつり3-07

 一人馬に乗って本物の時代劇風のお兄さんがいた。

名古屋まつり3-08

 少年鼓笛隊。横笛は縦笛より難しそうだ。だいぶ練習したのだろう。

名古屋まつり3-09

 シャチばやし隊は、おばさまたちで構成されている。
 手にモミジの飾り物を持っていなければ、温泉地のおばちゃんたちみたいだ。

名古屋まつり3-10b

 なかなかに渋い面構えで、武将っぽい。
 誰に扮しているのかは分からなかった。

名古屋まつり3-11b

 秀吉も秀吉らしさがあって、よかった。
 今年は三人ともはまり役だったと言えそうだ。

名古屋まつり3-12b

 この人も姫役だろうかと思ったら、大政所役だった。ちょっと安心した。

名古屋まつり3-13b

 この人がねね役だったと思う。

 たくさん写真も撮ることができて、満足の名古屋まつりだった。
 

2 Comments

mi84ta  

こんにちは。
>謹慎明けの矢野きよ実もどこかのパレードカーに乗っていたはずだ。
2日目は、矢野きよ実は乗ってません。1日目のその”はち丸くんも乗ったパレードカー”に乗ってました。
その車に乗っているのは、武将姿がクリス・グレンで、白い帽子をかぶっているのは、たぶん神野三枝でしょう。
ちなみに1日目のそのパレードカーは、↓こんな感じです。
http://mi84ta.cocolog-nifty.com/photos/ngymaturi10/101016_088.html
矢野きよ実の隣に荒俣宏がいましたよ。

2010/10/21 (Thu) 21:26 | EDIT | REPLY |   

オオタ  

初日でしたか

★mi84taさん

 こんにちは。
 矢野きよ実さんは二日目でしたか。
 どこかで写真を見て、二日目も乗ってると思ってました。
 河村市長も初日だけだったでしょうか。
 白い帽子は神野三枝さんですか。知らないなぁ。(^^;
 荒俣宏は嫌いじゃないけど、見て嬉しいというわけでもないですね(笑)。

2010/10/22 (Fri) 02:34 | EDIT | REPLY |   

Leave a comment