今週の週一料理はチューズデー料理

チューズデー料理-1

PENTAX K-7+TAMRON 28-75mm f2.8



 先週末は土日ともに遅くまで出かけていたので、サンデー料理ができなかった。その分が今週にずれ込んで、チューズデー料理になった。最近は日曜に作れないことが多くなっているから、週一料理とかに名前を変えた方がいいかもしれない。
 今回もまたあり合わせの食材で作ったやっつけ料理だった。ぱっと見た感じ、色味が地味だ。茶色くはないけど、全体に黄色い。彩りが足りないのは、緑の野菜がないからだ。野菜の高騰も少しずつ収まってきているから、次回からはもう少し緑の野菜を復活させたいところだ。料理における緑色の重要さを再認識した。野菜が高いなら、自分で種から育てるという手もある。まずはバジルあたりから挑戦してみようか。

チューズデー料理-2

 豆腐とツナのハンバーグ。
 絹ごし豆腐をしっかり水切りして、油切りしたツナ缶、卵黄、カタクリ粉、パン粉、ちぎったスライスチーズ、コンソメの素、塩、コショウを混ぜ合わせて、よくこねる。
 それをハンバーグのような形にして、オリーブオイルでじっくり焼く。
 ソースは、卵白、マヨネーズ、しょう油、塩、コショウ、砂糖、マスタード、カレー粉を混ぜて、ハンバーグの裏表に塗りながら焼いていく。卵白入りなので、適度な固さの衣になる。
 パセリ粉を振ったら完成だ。
 ふわふわ食感で、とても美味しかった。肉を使わなくても美味しい豆腐ハンバーグはできる。

チューズデー料理-3

 マグロとナス炒めポーチドエッグのせ。
 イメージしていたよりも地味な色合いの料理になってしまった。トマトを使うと、もう少し見た目もよくなかったように思う。
 ナスは切って水にさらす。
 マグロは塩、コショウ、酒を振ってしばらく置く。
 炒め時間短縮のため、タッパーにナスとマグロを入れて、2分加熱する。
 ごま油で長ネギを炒め、ナスとマグロを追加する。
 酒、みりん、しょう油、中華の素、塩、コショウ、唐辛子で味付けをしながら、強火でざっと炒める。
 ポーチドエッグは、水に塩と酢を入れて、沸騰したら、割った卵をそっと入れて、固める。穴あきお玉ですくって、ペーパーで拭く。
 最後にポーチドエッグを乗せて完成となる。食べるときは卵を割って食べる。
 アイディアとしては悪くなかったけど、やや完成度が低かった。もう少し工夫すれば、見た目も味ももっと良くなる可能性がある。

チューズデー料理-4

 ジャガイモとニンジンの甘旨煮。
 肉じゃがの変形といえばそうかもしれない。
 鍋に酒、みりん、しょう油、ダシの素、白だしを入れ、そこに切ったジャガイモ、ニンジン、鶏肉、タマネギを入れて煮ていく。
 最初は強火で沸騰させて、あく取りをする。その後、中火にして、アルミホイルで作った落としぶたを乗せて、しばらく煮る。
 8割方完成したところで、塩、コショウ、砂糖を加えて、味を調える。
 その後、いったん火を止めてさます。落としぶたも取る。さましながら味をしみこませることで美味しさが増す。
 最後に再加熱して出来上がりとなる。
 最初に具材を炒めないのがコツで、水から煮ていくことで味がよく染み込む。油も使っていないから、くどさもない。銅鍋を使うと、具も煮崩れない。

 間に合わせの簡単夕飯的なチューズデー料理ではあったけど、美味しく食べることができた。これくらいなら毎日作れなくもないけど、メニューを考えるのが大変だ。やっぱり料理は週一でいい。
 来週末も出かけるから、もしかしたら料理は一週休みになるかもしれない。

0 Comments

Leave a comment