アイボクでコスモスを実験的に撮る

コスモス-1

PENTAX K-7+PENTAX DA 55-300mm f4-5.8 / DA 16-45mm f4 / TAMRON 90mm f2.8



 コスモスを撮りに、アイボクこと愛知牧場へ行ってきた。知る限り、近場で一番広いコスモス畑があるのがここだ。
 今年はコスモスも遅れていて、満開にはまだ早かった。7、8分咲きといったところだろうか。けど、写真を撮るなら少し早めの方がいい。満開になると終わりかけの花も増えて、そういうところを外すのが難しくなる。早い分には蕾だから邪魔にはならない。
 アイボクは去年の夏にヒマワリを撮りに行って以来だった。なんだかんだで、年に一度くらいのペースで行っている。去年のヒマワリはみんなうなだれて元気がなかったけど、今年はどうだったのだろう。去年は冷夏で、今年は猛暑だったから、今年の方が元気だっただろうか。それとも、ヒマワリにとっても今年の夏は暑すぎたかもしれない。
 今回のコスモス撮りのテーマは、実験だった。K-7にもだいぶ慣れてきて、多彩な機能を少しずつ使えるようになってきた。特にフィルター系の面白い機能があるから、あれこれ使っていきたいと考えている。カメラ内でRAW現像しなければいけないなど、いろいろやっかいな点はあるのだけど。

コスモス-2

 今回は人撮りがメインの狙いではなかったからあまり撮らなかったのだけど、いいシチュエーションにいい被写体を見つけたら、やはり撮らずにはいられない。

コスモス-3

 カメラ内フィルターのハイコントラストだとこんな風になる。被写体によっては使えそうな感じがある。深い森の中とかいいんじゃないか。
 いろいろなフィルターがある中で、トイカメラ、ミニチュア、レトロなどは、積極的に使っていきたい。HDRも少しやってみたけど、使いどころが難しそうだ。

コスモス-4

 上と同じ写真をノーマルで撮って、レタッチソフトで加工したのがこれだ。明瞭度を大きく下げ、補助光をたっぷり当てて、彩度を上げるとこんな仕上がりになる。
 写真は撮ったままいじってはいけないという考え方もあるけど、フィルムカメラでもリバーサルフィルムを使ったり、多重露光をしたり、覆い焼きをしたりといったことをしていたわけだから、そんなに頑なになる必要はないと思う。
 大切なのは、自分のイメージを映像として完成させることだから。

コスモス-5

 カスタムイメージ「ほのか」で撮るとこうなる。淡い色調で、被写体を選びそうだ。上手くはまるといい感じに仕上がりそうな予感はある。
「リバーサルフィルム」も、風景を撮るときに使ってみたい。
 ただ、カスタムイメージはRAWで撮るとレタッチソフトに反映されないので、jpegで撮るか、RAWで撮ってカメラ内現像しなければいけないのが面倒だ。これは買う前は知らなかった罠みたいなもので、「雅」をメインに使おうと思っていただけに誤算だった。

コスモス-6

 ミツバチがたくさん飛び交っていて、安心する。一時期に比べてミツバチが増えてきたように思う。
 足や体は花粉まみれになっている。

コスモス-7

 ソフトフィルター仕上げで。

コスモス-8

 実験の中でメインとして考えていたのが、日中シンクロだった。ここのところちょくちょくやっているけど、まだ自分のものにはできていない。太陽の位置や光の強さによってどういう仕上がりになるのか、撮ってみるまで分からない。あらかじめ仕上がりをイメージして撮れるようになれば、日中シンクロを使いこなしているということになるだろう。

コスモス-9

 想像したほど白く飛ばずに色が残る。前回のように透明感のある仕上げにするにはどうしたらいいのだろう。夕方の太陽で光の強さが足りなかったのか。

コスモス-10

 逆光でフラッシュを使わないパターン。空の青をしっかり残そうとすると、花は暗くなる。
 レフ板で手前から光を当てるという手はある。しかし、そのためには助手がいる。片手でレフ板を持って、もう一方の手でカメラを持ってシャッターを切るということもできなくはないけれど。

コスモス-11

 面白い絵になった。個人的には好きだ。

コスモス-12

 フラッシュなんて使わないからカメラについてなくてもいいと思っていたけど、使い始めると楽しくなってくる。本格的なスピードライトも欲しくなる。

コスモス-13

 途中からはずっと逆光で撮っていた。シルエット表現も忘れないようにしなければ。

コスモス-14

 この一枚を、今日の実験の解答ということにしたい。
 日中シンクロの面白さをあらためて知った。
 K-7のフィルターやカスタムイメージについては、今後も積極的に試していきたいと思っている。
 ムービーはまだ使っていない。これからだ。一般のムービーカメラとは違って交換レンズによるいろんな撮影ができるから、やり始めると楽しそうだ。
 なにはともあれ、今年はこれでコスモスも終わりということになる。ヒガンバナ、コスモスと、しっかり撮ったから、次の紅葉に気持ちを切り替えたい。山の方ではそろそろ紅葉が見頃を迎えている。

0 Comments

Leave a comment