野菜高騰サンデー

非緑黄色サンデー1

PENTAX K-7+TAMRON 28-75mm f2.8



 なんだか、野菜がやけに高い。猛暑の影響らしいけど、軒並み1.5倍くらいする。別に100円のものが200円になったからといって買えないわけではないけど、なんだかすごく損したような気になるから買いたくない。150円のジュースが250円で売っていたらすごく高いと思うのと同じだ。この前まで100円だったものが突然200円といわれても納得がいかない。
 よって、今日のサンデー料理はなるべく野菜を買わず、手持ちの食材でなんとかするという方向性にならざるを得なかった。付け合わせのためだけにわざわざ高い野菜を買うなんて、もってのほかだ。贅沢は敵です。欲しがりません、値下がりするまでは。
 しかし、猛暑というのはやはりいろんなところで悪い影響が出るもので、あらためて平年並みであることの重要さを知ることになった。暑さを我慢すればいいとかそういうことではないのだ。

非緑黄色サンデー2

 ナスとエビがあったから、とりあえず組み合わせれば何か1品はできる。ナスとエビの相性はいい。
 ナスは輪切りにして、水にさらす。水を切って、タッパーに入れて、2分加熱する。
 エビは塩、コショウ、酒を振って、よく揉んだあと、いったん水洗いして、水を拭き、もう一度塩、コショウ、酒を振って、少し置く。
 長ネギの刻みとエビを、ごま油とショウガで炒める。ナスを追加して、酒、みりん、しょう油、酢、豆板醤、砂糖、塩、コショウ、中華の素、チリソースで味付けをする。
 やや洋風寄りの中華ナス・エビ炒めの完成だ。
 手間を惜しまなければ、ナスを素揚げにした方が美味しくなるかもしれない。

非緑黄色サンデー3

 白身団子の和風スープみたいなものだ。
 白身魚を刻んで、白はんぺんとよく混ぜ合わせる。
 卵、小麦粉を加えてよくこね、塩、コショウ、ショウガで下味をつける。
 それを丸めて、沸騰したお湯に入れて、しばらく煮る。
 一方でスープを作る。水にダシの素、白だし、酒、みりん、しょう油を入れて、温める。そこにニンジンと白菜の芯を入れて、柔らかくなるまで煮る。
 白身団子、白菜の葉、しめじ、絹ごし豆腐を入れ、白だし、塩、コショウで味を調えればできあがりだ。
 ふわふわの白身団子はとても美味しい。久しぶりに団子を作ろうとして団子になった。お湯でゆでるのがポイントだったのだ。形が整ったところでそこから焼いてもいい。
 肉を使わないヘルシースープとしてもオススメできる。

非緑黄色サンデー4

 イカのフリット、トマトケチャップソースがけだ。
 イカは処理をして一枚にして、斜め格子に浅く筋をつける。水気をよく拭いて、一口大に切る。
 衣は、卵、小麦粉、塩、コショウ、砂糖、カレー粉、バジル粉を混ぜ、ここで味付けをしてしまう。
 イカに衣をしっかりつけて、油で揚げる。固くならないように短時間で揚げるといい。
 ケチャップソースは、トマトが高くて買えなかったので、トマト抜きで作った。刻みタマネギ、ケチャップ、白ワイン、オリーブオイル、塩、コショウ、砂糖、オイスターソース、しょう油、コンソメの素で作った。トマトを使わなくてもあまり味は分からないかもしれない。
 最後に粉チーズとパセリ粉を振る。
 天ぷらとは違う洋風のフリットも美味しい。タコとかでもいけるんじゃないかと思う。

非緑黄色サンデー5

 オマケとして、余ったご飯でせんべいを作ってみた。
 ご飯とカタクリ粉をよく混ぜ、ラップで平らにつぶし、レンジで両面を加熱する。
 それを今度は魚焼きグリルであぶり焼きしながら、しょう油、みりん、唐辛子、砂糖をまぜたたれを両面に塗る。こんがりしてきたら完成だ。
 食べてみると、せんべい屋さんの偉大さを知る。完成度が低すぎる。出来損ないの濡れせんべいみたいだ。はっきり言って、オススメできない。
 でも、ネタとしては面白いから、よかったら一度作ってみてほしい。ご飯のおこげが好きな人なら、意外とやみつきになるかも。

 そんなこんなのサンデー料理だった。

0 Comments

Leave a comment