ピンクの名古屋城

名古屋(Nagoya)
名古屋城ピンク-1

PENTAX K-7+PENTAX DA 16-45mm f4



 今日、10月1日は、ピンクリボンキャンペーンの一環で、全国のいろんなところがピンクに染まった。yahoo!のトップもピンクだった。
 名古屋では名古屋城がピンクのライトアップをほどこされていた。事前に知っていたから、夜撮りに行ってきた。
 南の歩道橋は狙い目だと思っていた。みんな考えることは同じで、この場所で何人も写真を撮っていた。
 車のライトの軌跡と絡めて撮るというアイディアは、行く前から持っていた。どうせなら、コンポジットしてもっと派手にしてもよかった。

名古屋城ピンク-2

 北の外堀周辺にはびっくりするくらい人がたくさん来ていた。三脚組も多かった。年に一度のピンクライトアップを楽しみにしていた人は少なくないようだ。
 城だけを狙っている人もいたけど、せっかくだから堀の映り込みも入れないと損だ。今日は風がなくて水面が穏やかだったから、いい映り込みになっていた。

名古屋城ピンク-4

 ついでに栄の方も少し回ってきた。
 愛知県庁のライトアップは初めて撮る。市役所はよく撮るけど、ここまではあまり来ない。

名古屋城ピンク-5

 オアシス21から撮るテレビ塔。
 オアシス21はもっとライトアップされていたような気がするけど、勘違いだろうか。なんか、暗かった。

名古屋城ピンク-6

 このピンクの水玉は、ピンクリボンとは関係のない、トリエンナーレ絡みのものだ。何を表現しているのかはよく分からない。

名古屋城ピンク-7

 テレビ塔の映り込み。
 テレビ塔には東京タワーのようなドラマがない。名古屋人はどこかテレビ塔を侮っているようなところがあって、あまり大事に育ててこなかった。
 東京タワーは、地方から上京した人間にとっての象徴的な意味合いもあるから、名古屋のテレビ塔とはそういう部分での重みが違うというのはある。岐阜の山奥から名古屋に出てきてテレビ塔を見ても、たいして感動しないだろう。

名古屋城ピンク-8

 なんとなく心惹かれたシーン。携帯画面を見続ける青年と、仕事帰りと思われる早足の勤め人。生活のスピード感の違いを感じた。

名古屋城ピンク-9

 信号待ちをしていたら、ベロタクシーが目の前を通ったので、とっさに流し撮りした。
 トリエンナーレのチケットを持っていると、これにタダで乗ることができる。別の会場への移動の足として使える。
 ただ、乗っていると写真を撮られがちという難点がある。
 10月いっぱいだから、トリエンナーレもそろそろ回らないといけない。もうチケットは買ってある。トリエンナーレに行ってきたら、また写真の在庫が増えることになる。二本立てはどこまで続くのか。
記事タイトルとURLをコピーする
コメント
  • 管理人のみ閲覧できます
    2010/10/03 00:16
    このコメントは管理人のみ閲覧できます
コメント投稿

トラックバック