小牧基地航空祭でも撮るのは飛行機よりも人 <前編>

イベント(Event)
小牧航空際1-1

PENTAX K-7+PENTAX DA 16-45mm f4 / DA 55-300mm f4-5.8



 今日、小牧基地の航空祭に行ってきた。
 前から航空祭とはなんぞやと、多少興味を持っていて、でもそれはブルーインパルスの曲芸飛行というイメージで、実際の航空祭がどんなものかはよく知らなかった。よく分からないけど、とりあえず行ってみれば分かるだろうということで、今回初めて行ってきたのだった。
 思った以上に賑わっていて驚いた。毎年、3万人からの入場者があるそうだ。しかし、小牧はまだ少ない方で、ブルーインパルスがあると一気に10万を超えるというから、更に驚く。みんな、そんなに自衛隊が好きだったのか。
 というよりも、見学者の多くは家族連れであり、マニアックな人の少なさも意外だった。人々の顔ぶれだけ見ると、そこらで行われる夏祭りと何ら変わりはない。違いがあるとすれば、バズーカのようなレンズをつけた人の数が普通ではないことだろう。300mmの並レンズでは恥ずかしいくらいだ。
 とまあ、完全な航空祭初心者の私なので、何を撮ればいいのかよく分からず、しばらくは戸惑うことになった。とりあえず展示してある飛行機を撮って回るも、今ひとつ手応えがない。飛行機好きでもなんでもないから、そこに沸き上がる歓喜といったものはない。
 予定より出遅れて、午前中には間に合わず、到着したのが昼過ぎだった。午後の飛行展示は1時半からで、その間に基地のあちこちを歩いてみることにした。普段は入ることができない航空自衛隊の基地にいるということだけでもそれなりに価値はある。

小牧航空際1-2

 この日の天気予報は、晴れのち夕方から曇り、夜には小雨模様というものだった。その天気予報は前倒しで当たることになる。せめてあと2時間、曇るのがあとだったらよかった。残念ながら午後の早い時間から空は雲に覆われて、飛行展示は白バックの写真になってしまった。飛行機はやっぱり青空バックでないと。

小牧航空際1-3

 普通の飛行機にさえ興味が薄い私にとって、自衛隊機など知ろうはずもない。説明書きも読んでないから、この飛行機も知らない。カッコよさげなのを選んで、何枚か撮った。
 けど、被写体に愛情を持たない写真がいい写真になるはずもなく、カッコよくても、カッコだけの写真で終わった。

小牧航空際1-4

 飛行機そのものに思い入れができないので、造形的に撮ってみるのはどうかと考えた。丸い鼻と、窓の感じが面白かった。
 これはたぶん、C-130Hハーキュリーズという輸送機だ。小牧空港は輸送とか救援とかが主な任務らしく、この手の輸送機がたくさんある。普段から訓練飛行しているのをよく見かけるけど、たぶんこいつじゃないかと思う。

小牧航空際1-5

 戦闘機のコックピットはカッコいい。マクロスみたいだと、ちょっとだけ気持ちが盛り上がる。

小牧航空際1-6

 飛行機になかなか萌え要素を見いだせず、だんだん人を探すようになる。
 これは給油機KC-767の機内公開だ。長蛇の列を見て、並ぶ気がなくなった。

小牧航空際1-7

 花電車で滑走路を走ることができるのも、人気のアトラクションだった。ここでも長い列ができていた。

小牧航空際1-8

 こんな機会でもないと、自衛隊員を撮ることはない。
 たくさん隊員が歩いていたけど、みんな普通の兄ちゃんやおじさんだ。兵士という雰囲気は感じられない。みんな年の一度のお祭り気分でもあっただろう。
 陸上自衛隊と比べると、華やかで、爽やかな印象を受けた。
 家族で参加している隊員もいて、奥さんと小さな子供を連れていたりもした。飛行機よりも、そういう光景がよかった。これまでより自衛隊に対して親しみを持てるようになったと思う。

小牧航空際1-9

 紅白の垂れ幕に、若い隊員。これから出征でもしようかというふうに見えなくもなかった。
 途中から完全に人撮りモードにシフトしていた。そこから普段の調子が出てきた。

小牧航空際1-10

 行く前から、こういうのを撮りたいと思っていた。

小牧航空際1-11

 若い女性隊員もけっこういるようだ。
 見学者の質問に優しく丁寧に答える様子は、デパガとかと変わらない。

小牧航空際1-12

 賑わいから離れた場所で、ポツンと警備をしている人がいて、その様子に惹かれた。
 世の中にはいろんな役割がある。

小牧航空際1-13

 飛行展示が始まる時間が近づくと、滑走路近くに人が集まりだした。
 脚立と白レンズのカップルも、準備万端だ。かなり物慣れている。
 来場者3万人といっても、みんながみんな飛ぶ飛行機に興味があるわけではなく、見学も撮影も、場所取りとかでピリピリしたムードはない。わりと全体的にのんびりムードだった。

小牧航空際1-14

 肩車される少年は狙っていた。絶対絵になると思っていた。
 イメージとしては、肩車される少年越しにブルーパンパルスが青空に白い煙を吐きながら飛んでいるというシーンを撮りたいというのがある。少年が手を伸ばしていたりすると、尚いい。

小牧航空際1-15

 飛行展示は、給油機や輸送機が、なんとなく地味な感じで飛ぶといったものだった。
 曇り空で、真逆光というのも、撮影条件としてはよくなかった。

小牧航空際1-16

 ヘリコプターによる救助活動デモンストレーションもあった。
 私の目的としては、人を絡めて撮ることなので、人の頭がいい感じに並んでいるところを探して、その後ろから撮っていた。飛行機が撮りたい人のやることではない。

小牧航空際1-17

 小牧空港は、一般の名古屋空港でもある。滑走路は違うものの、飛行場は共有しているから、たまに国内線のJALが離発着する。私はどちらかというと、あっちの一般の飛行機の方が撮りたい。
 2005年にセントレアができるまでは、名古屋空港は国際線だったから、頻繁に一般の飛行機が離発着していた。航空祭の飛行も大変だっただろう。今なら空も空いていて、ブルーインパルスもできそうだけど、地元の反対が強いそうだ。

小牧航空際1-18

 編隊飛行が一応目玉ということになるだろうか。
 スピードは300キロとか400キロとか出てるらしいけど、迫力のある写真にはならない。ブラすというわけにもいかず、バックが空だから流し撮りも効果がない。こういう飛行ショーで面白い写真を撮るにはどうしたらいいのか、思いつかなかった。
 レンズは、300mmでも足りるといえば足りるし、足りないといえば足りない。望遠の単焦点は使いづらいから、80-400mmとか、170-500mmあたりがいいんだろうか。
 レンズ交換したいシーンがけっこうあるから、カメラ2台で、広角ズームと望遠ズームをつけておくというのがベストと見た。そういう人も見かけた。

小牧航空際1-19

 初めての航空祭は、私なりに楽しんだつもりだけど、結局、どこへ行っても人探しの人撮りになってしまうのは、いいんだか悪いんだか。
 来年もう一度行きたいかというと、ちょっと考えてしまう。10月には各務原と浜松でも航空祭が開催される。どちらもブルーインパルスが来るそうだから、それは一度撮ってみたい気持ちはある。訪れる人の多さに怖じ気づきそうだけど、都合がつけば行くかもしれない。
 今回撮った写真がまだだいぶ残っているので、後編につづく。
記事タイトルとURLをコピーする
コメント
  • オオタさん視点だ
    2010/09/27 23:18
    こんばんは。
    >飛行機好きでもなんでもないから、そこに沸き上がる歓喜といったものはない。
    そうですね、好みが違えばただの飛行機ですから。しょうがないです。
    乗り物大好き人間の自分は自転車、バイク、車、電車、飛行機、船と何でも反応して
    しまいますが…
    自分の小牧基地航空祭は次回後半戦とその後、飛行機以外、人写真をアップします。
    今回は、やはりオオタさん視点の写真で納得です。

    基地内には13:00位までいて、その後逆光を避けるために反対側の神明公園に移動しました。
    結果として曇りなので移動しなくても良かったんですが、orz。
    午後は滑走路をはさんでオオタさんとちょうど反対側で撮ってたようです。
    そのうちに撮影オフ会しましょう!
  • だんだん好きになるかも
    2010/09/27 23:57
    ★mihopapaさん

     こんにちは。
     mihopapaさんは、乗り物全般好きですもんね。
     私も電車には興味がなかったけど、今ではけっこうな鉄道好きになってるから、飛行機も撮り続けているとそのうち興味も出てきて、好きになるかも。
     ブルーインパルスは撮るの楽しそうですもんね。
     私はやっぱり、途中から人撮りになってしまいました。

     なるほど、神明公園から撮るという手もありましたね。
     飛行範囲が広いし、離着陸はあまり見所ではないから、あっちの方が視界を遮るものがないし、よさそうだ。
     基地の混雑とも無縁だから、来年はそっちに行こうかな。

     撮影オフもいいですね。
     RIRICOさんは忙しいかなぁ。一緒に撮ると勉強になりそう。
     何人かで明治村とか行くと楽しそう。
  • 2010/10/02 07:41
    うちの今は亡き親父が若かりし頃、小松基地に勤務していたときに生まれたのがオレです

    最後のカットが実にオオタさんらしくていい写真だと思います
  • 肩車
    2010/10/03 02:34
    ★ただときさん

     こんにちは。
     お父さんは小松基地に勤務してたんですか。それで、ただときさんも飛行機とか詳しいんですね。
     明日は小松基地の航空祭で、ブルーインパルスも飛ぶみたいですね。

     あの親子は、肩車よりも更に一段高い、頭椅子状態でした。
     航空祭は、肩車がたくさんでした。
コメント投稿

トラックバック