今日は中華気分のサタデー料理

料理(Cooking)
中華サンデー

PENTAX K10D+TAMRON 28-75mm f2.8



 土曜日だけど料理の日。今日はサタデー料理だった。明日は料理をしている時間がなさそうなので、土曜日に前倒しした。どうしても日曜日じゃなくてはいけない理由はない。
 今日は中華の気分だった。おなかが空いていて、しっかり食べたいときは、中華が頭に浮かぶことが多いかもしれない。脂っこいものを食べたいときと、そうじゃないときがあって、食べられる感じのときは中華が美味しいと思える。
 中華といっても、いつものようにエリアをややはみ出している。和食寄りだったり、洋食風だったりして、中華とは呼べなかったりする。あくまでも気分の問題で、境界線というのも家庭料理においてはさほど重要ではない。組み合わせがおかしくなければそれでいい。

 手前は豚肉とジャガイモの炒め物だ。
 イメージとしては、チンジャオロースを思い浮かべながら作った。ただ、チンジャオロースは、味付けした肉と、細切りにした野菜を炒めた料理のことらしいから、これがそうだとは言えない。肉に下味をつけていないし、細切りにもしていないから、たぶん違う呼び名の料理になるのだろう。
 ジャガイモを細切りにして、しばらく水にさらす。デンプン質を抜くことで、シャキシャキした食感になる。
 豚肉をオリーブオイルで炒め、ジャガイモと、細切りしたニンジンを加える。酒を振ってさらに炒め、後半でアスパラとプチトマトを入れる。
 コンソメの素、砂糖、塩、黒コショウ、とろけるチーズ、マヨネーズ、唐辛子で味付けをする。
 調味料と味付けで中華から出てしまっているけど、自分好みの味を優先させた。

 右は白身魚と山芋のお焼きみたいなものだ。いつものように団子にしようとして丸くならなかったというパターンだった。
 白身魚を刻んで叩き、刻みタマネギと、すり下ろした山芋、小麦粉を混ぜる。
 ダシの素、塩、コショウ、ショウガで下味をつける。
 あとはオリーブオイルでじっくり両面を焼く。
 山芋を入れている分、ふわふわの食感になっている。これだけ柔らかいと団子状にはならない。

 奥は変わり種の水餃子だ。
 ツナ缶、刻んだエビ、刻み長ネギをよく混ぜる。
 ショウガ、ニンニク、塩、コショウ、中華の素、豆板醤で下味をつける。
 餃子は茹でた水餃子にした。
 たれは、酒、みりん、しょう油、ごま油、中華の素、豆板醤、酢、ラー油、塩、コショウをひと煮立ちさせて作る。
 肉を使わなくても餃子はいろんなアレンジができる。

 今日は作り手よりも食べ手の気持ちを重視した。なかなか満足のいく料理に仕上がったので、言うことはない。美味しく食べることができた。作り手側からしても、それなりに楽しめた。
 作り手と食べ手の両方を兼ねながら、両方の気持ちを満足させてこそ、良いサンデー料理になる。今日は上々のサタデー料理だった。
 まだしばらく暑さが続きそうだから、夏らしい料理というのも考えてみたい。見た目が涼しげな料理というのもあるし、来週はそのあたりをテーマにしてもいい。
記事タイトルとURLをコピーする
コメント
コメント投稿

トラックバック