日常の中、私の目に映る風景

日常写真(Everyday life)
日常写真-1

PENTAX K10D+PENTAX DA 55-300mm f4-5.8 / Takumar 135mm f2.5



 今日は電車の旅へ行ってきた。またよく歩いた。
 余力が残っていないので、日常写真を寄せ集めて、つなぎ更新としたい。

日常写真-2

 住宅地の田んぼ風景。
 住宅が田んぼをどんどん浸食していく中、残る田んぼもある。あまりいい環境とは言えないけど、こういうところで作られている米は貴重だ。
 青々と順調に伸びている。

日常写真-3

 子ツバメの巣立ちは近い。
 10月には南へ渡っていかなくてはいけないから、その前にたっぷり食べて、しっかり体作りをする必要がある。
 ツバメは、夏の虫をたくさん食べてくれるありがたい鳥だ。もし、日本にツバメが渡ってこなければ、日本の夏はもっと虫だらけになっている。

日常写真-4

 ヤナギハナガサの蜜を吸うモンシロチョウ。
 もう少しいいポジションで撮りたかった。

日常写真-5

 田んぼを飛び回るツバメ。
 かなり粘って、なんとかまともに写っていた一枚。ツバメはやっぱり速い。

日常写真-6

 伸びた稲の間からひょっこり顔を出したキジさん。
 緑に赤い顔はよく目立つ。けど、もう少し稲が伸びたら、頭まですっぽり隠れて、なかなか見つけられなくなる。

日常写真-7

 電線に並ぶ鳩。
 みんな気になる何かがあったらしい。

日常写真-8

 リヤカーを久しぶりに見た。傷み具合からして、もう使われていないもののようだ。そうなると、場所を取って邪魔になる。折りたたみなんていう気の利いた部分はない。

日常写真-9

 民家の玄関先で鳴いていたチビサビ。
 この春生まれたやつだろう。なかなかかわいい顔をしている。

日常写真-10

 雨上がり。雨雲と青空の間。

日常写真-11

 夕方の色に染まる線路とホーム。
 この時間帯の駅風景が好きだ。

日常写真-12

 雨のち夕焼け。サーモンピンクの空に、薄い虹が架かった。

日常写真-13

 虹がかかっていたときの西の空。雲の多い夕焼け空も、ドラマチックだ。

 来週からは、また旅シリーズを始めたい。
記事タイトルとURLをコピーする
コメント
コメント投稿

トラックバック