マニュアルレンズの散歩写真でつなぎ更新

日常写真(Everyday life)
M42散歩写真-1

PENTAX K10D+smc Takumar 300mm F4 / 50mm f1.4 28mm f3.5



 今日はサッカーの試合があって、落ち着いて書けそうにないから、ご近所自転車散歩写真でつなぎ更新としたい。
 この日は、単焦点のマニュアルレンズを持ち出して、近所を少し回ってみた。マニュアルレンズの場合、必ず両手を使わないと撮れないから、自転車散策のお供には向かないことがはっきりした。基本的に自転車を止めるか降りるかして撮るから、さほど問題ではないものの、運転中に何か撮りたいものを見つけたとき、とっさに対応ができない。マニュアルレンズでの撮影自体は楽しいのだけど。
 一枚目は、明徳公園にある明徳池の風景だ。なんだか夏休みのワンシーンみたいだった。

M42散歩写真-2

 池の周囲にすみついていると思われるノラ。
 歩いて行く途中、一瞬立ち止まってカメラ目線をくれた。
 ここらは近所に民家もあるし、釣り人も多いから、誰かにメシをもらっているのだろう。
 ノラ暮らしをする環境としてはとても良いと思われる。

M42散歩写真-3

 明徳池もすっかり緑が深くなって、夏の風景になった。

M42散歩写真-4

 ちびっこたちに人気の公園らしい。入口に自転車がたくさんとまっていた。

M42散歩写真-5

 少し藤ヶ丘に行ってみたけど、収穫はなし。撮りたいシーンに出会えなかった。

M42散歩写真-6

 裏手に回ってみる。
 学校帰りの自転車高校生二人組。
 ピントを無限遠にして、片手撮り。

M42散歩写真-7

 藤ヶ丘は地下鉄東山線の発着駅で、車両の車庫や工場がある。
 なんとかここの写真を撮りたいと前々から思っているのだけど、どこから撮ってもフェンスの網が邪魔をする。
 一周回ってみたけど、撮りポイントは見つからなかった。近くのマンションのベランダとかからしか撮れない。

M42散歩写真-8

 一番見通しがいいところでこんな感じ。
 撮りきれないもどかしさ。

M42散歩写真-9

 廃屋の木製扉。
 かすれたブルーの色合いに惹かれるものがあった。

M42散歩写真-10

 コンクリートの壁の模様が面白かった。
 露出を大失敗したら、それが味わいになったので、そのまま修正しなかった。マニュアルレンズの怪我の功名だ。

 とりあえず今日はここまでとして、あとはサッカーを観ることにしよう。
記事タイトルとURLをコピーする
コメント
  • 2010/06/30 07:39
    最近のデジタル1眼はファインダーが良くないので、マニュアルでピントが合わせにくいのが困りものです

    おいらもEOSにツアイスT*50mm f1.4をアダプターをかませて使うんですが、ファインダーが・・・・

  • ファインダー問題
    2010/07/01 02:22
    ★ただときさん

     こんにちは。
     デジイチはファインダーが泣き所ですね。
     たまにフィルムカメラのファインダーをのぞくと、びっくりするくらい広くてクリアなんですよね。
     ペンタックスはけっこうファインダーに力を入れていて、K10Dはまずまず見えます。
     EOS 20Dだとちょっと苦しい。
     合焦音を当てにするしかないですね。
コメント投稿

トラックバック