自転車で平和公園へ

日常写真(Everyday life)
平和公園へ-1

Canon EOS 20D+TAMRON 28-75mm f2.8 / EF75-300mm f4-5.6/ SIGMA 55-200mm



 自転車は歩きよりは速く、車よりはずっと遅い。歩きのときほどきめ細かく見ることはできなくても、自転車の行動範囲の広さはそれを補って余りある。
 車を運転しながら流れる景色を見ていたとき、自転車ならもっとたくさん写真が撮れるんじゃないかと思っていた。実際、自転車に乗ってあちこち巡ってみると、スピード感の問題だけではなく、車とは違う視点で風景が見えることが分かった。道路脇の空き地に咲く野草も、車からは見えなかったものだ。
 この先ずっと車に乗らないというわけではない。ただ、今は自転車のスピード感と視点が気に入っている。自転車だからこそ見える風景をもっとたくさん撮りたいと思う。
 この日の自転車散策コースは、牧野ヶ池、平和公園と回り、矢田川の河原を通って帰るというものだった。順序が前後したけど、今日は平和公園編をお届けします。その行き帰りの道端風景もあわせて。

平和公園へ-2

 道にはいろんなものが落ちているものだけど、ベビーカーが転がっているのは初めて見た。
 ここまで押してきて急に不要になって置いていったとは考えにくい。しかし、こんな目立つところに捨てていくものだろうか。

平和公園へ-3

 川沿いの帰り道。幼い姉妹に、記憶の原風景としてこの道が刻まれるだろうか。
 子供の頃歩いた道というのは、断片的に思い出として残るものだ。大人になったとき、その道がもうなかったり、大きく変わっていることが多い。

平和公園へ-4

 あまりきれいとは言えない町の川に、たくさんのコイが泳いでいた。
 最初、金色のコイに目がいって、次に水紋に気持ちが移った。水の造形は面白い。

平和公園へ-5

 平和公園の周囲は坂が多いから、自転車は大変だ。自転車にとって坂道と向かい風がいかに強敵かということを、最近思い知る。どちらも車に乗っていたときはほとんど関係がなかった。
 上の写真は、平和堂が建っている高台から見る名古屋駅方面だ。少し遠いものの、障害物がないから全体がよく見える。夜に墓地を訪れるのは気が進まないけど、夜景を撮るにもいいポイントかもしれない。

平和公園へ-6

 虹の塔。訪れるたびになんとなく撮っていく。

平和公園へ-7

 ここまで来たら、やはり内部も撮っておこうということになる。
 名前の通り、塔の中から上を見上げると、七色の虹の光が見えるようになっている。
 赤、オレンジ、黄色、緑、青。ん? 5色しかないような。あと2色はなんだっけ?
 と調べたら、青の次は藍色、紫となっているようだ。言われてみれば、一番外は紫だ。藍色は微妙な気がする。
 国によって虹の色の定義はそれぞれで、虹を5色とする国もあるそうだ。

平和公園へ-8

 外で塔を撮っている人がいた。その映り込みを撮る。

平和公園へ-9

 北西側から見る猫ヶ洞池。こちらから見るのは初めてかもしれない。歩いて一周するにはけっこうな距離があるけど、自転車なら楽々だ。未舗装部分があるから一周はできなくても、3分の2週くらいはできる。
 釣り人がたくさんいた。何が釣れるのだろう。

平和公園へ-10

 光のシャワーが真っ直ぐ下に降りているのは、ちょっと珍しい。

平和公園へ-11

 帰り道、矢田川と香流川の合流地点。
 ここでは放射線状の光シャワー。

平和公園へ-12

 一時、川が汚れていたときは人の姿がなくなっていた。最近ではだいぶ水がきれいになって、また人が戻ってきた。子供の頃は、生活排水を流していたから、川に白い泡が浮いていた。今は子供たちが中に入って遊べるくらいにまでなった。カップルも川辺でまったりしている。

平和公園へ-13

 河原の子供用野球グラウンド。このときは人影がなかった。

平和公園へ-14

 最後に夕焼け空を撮って、この日はこれでおしまいとなった。

 晴れたらまた自転車に乗って出かけよう。雨には勝てないから、雨の日は名鉄の旅シリーズをやることにしよう。
記事タイトルとURLをコピーする
コメント
  • やぁ、懐かしい
    2010/06/17 09:53
    平和公園は、40年ほど前「幽霊」とやらを見たくて、丑三つ時に
    おにぎり持参で粘った場所です。
    塔とお墓しかない空間でもありました。
    ・・・結局、成果はゼロ。お盆の時期だったことが反省点・・・

    牧野が池は、本当に自然の中にぽつりとあって、春にはつくしを
    取りに行ったことを思い出します。矢作川は汚かったですね。
    その頃から、もうずいぶんと変わってしまったのでしょうか。

    東京から自転車で・・というわけにはいかないですから、ほいほいと
    行くことはできないのがまだるっこい。
    写真を拝見しながら我慢することにしましょう。
  • 名古屋も変わる
    2010/06/18 01:05
    ★建築屋さんさん

     こんにちは。
     40年前の平和公園をご存じなんですね。
     あそこに移したのは昭和50年前後で、お墓のニュータウン団地みたいなところだから、あまり出ないのかなぁ。
     でも、夜に通るのはちょっと。(^^;

     牧野ヶ池にツクシが生えていたというのは、時代を感じさせるエピソードです。
     今見たら、激変してしまって、昔の面影はないかもしれません。

     東京ほどのスピードではないけれど、名古屋もどんどん変わっていきます。
     今写真を撮っておくと、10年、20年したら懐かしく感じられるんでしょうね。
コメント投稿

トラックバック