改良の余地を残す洋食寄りサンデー

料理(Cooking)
洋食系サンデー

PENTAX K10D+TAMRON 28-75mm f2.8



 今日は洋食寄りの気分だった。定番のメニューを少しだけアレンジするつもりが、思った以上に実験的な料理になった。というよりも、見込みの甘さから詰めの甘い料理になってしまったという方が正しいか。失敗ではないにしても、成功とも言い切れない。
 左手前は、コロッケっぽいけど中身が違う。マグロを使ったミンチカツ風の料理だ。
 マグロの切り身をそぎ落としのようにして細かくする。多少形を残す程度にして、叩かない。
 水切りした木綿豆腐と、マグロをよく混ぜる。このときタマネギのみじん切りを入れるかどうか迷って、結局入れなかった。入れていたら少し食感が変わっていたはずだ。
 塩、コショウ、マヨネーズを入れて、更にこねていく。
 あとは、小麦粉、卵、パン粉の順番につけて揚げる。温度はやや低めにして、じっくり時間をかける方がいい。高温だと外がすぐに焦げて中まで火が通らないから。
 たれはしょう油をベースに、酒、みりん、塩、コショウ、白だし、ごま油、からし、砂糖を混ぜて、ひと煮立ちさせる。
 豆腐を加えたことである程度ふっくら感は出たものの、まだパサつき感が強い。肉汁の代わりになる何かを封じ込めたいところだ。何を入れればじゅわっとなるのか、思いつかなかった。
 マグロのカツ風揚げというアイディアそのものは悪くない。これは改良の余地があるから、機会があればまた作ってみたい。

 右は、ハーフクリーム、ハーフトマトのソーススープだ。
 バター、小麦粉、牛乳、トマト、塩、コショウ、コンソメの素でトマトクリームソースを作る。
 ジャガイモ、タマネギ、ニンジン、鶏肉を、オリーブオイルと白ワインで炒める。
 そこへ水、酒、みりん、しょう油、白だし、塩、コショウ、砂糖を加えて煮込んでいく。途中でトマトクリームソースを加え、コンソメの素、とろけるチーズ、ケチャップ、しょう油で味を調える。
 新ジャガを丸のまま使う場合は、あらかじめレンジで加熱して火を通しておくと、その後の煮込み時間が短く済む。
 トマトの優しい酸味とクリームソースのまろやかさがマッチして、なかなか美味しく仕上がった。これは成功だった。

 奥は野菜と豆腐炒めのポーチドエッグ乗せだ。
 ポーチドエッグを作りたいということが先行して、野菜炒めがちょっと適当な感じになってしまった。見た目も雑で、料理としての完成度は低い。
 タマネギ、ニンジン、木綿豆腐、アスパラをオリーブオイルで炒める。
 酒、みりん、中華の素。塩、コショウ、しょう油で味付けをする。
 ポーチドエッグは、沸騰したお湯にお酢と塩を入れて、割った卵をそっと流し入れる。散らばろうとする白身を集めつつ、3分ほど湯がいたらあげる。柔らかいのが好きなら、白身が固まったらすぐにあげてもいい。
 この料理ももうひとひねり欲しかった。ポーチドエッグをどうやって食べるのが一番いいのか、今後も探していきたい。

 今回は見た目は悪くなかったわりに味のインパクトが弱めで、全体としては65点止まりといったところだった。手間暇をかければ必ず美味しくなるというわけではない。ただ、実験的な試みをしたことは無駄じゃなかった。失敗した方が次につながるということもある。
 作って楽しく、見た目に品があって、食べて美味しいというのが理想だ。いつでもそこを目指したいと思っている。
記事タイトルとURLをコピーする
コメント
  • 管理人のみ閲覧できます
    2010/05/25 00:39
    このコメントは管理人のみ閲覧できます
コメント投稿

トラックバック