春食材を使ったサンデー

料理(Cooking)
春食材サンデー

PENTAX K10D+TAMRON 28-75mm f2.8



 今日のサンデー料理のテーマは、春の食材だ。
 春といえばタケノコが真っ先に頭に浮かぶ。個人的に好きな食べ物でもある。タケノコは先週食べたから、今週は違う春の食材を使うことにした。いろいろある中で目玉として選んだのは、アサリだった。アサリはサンデー料理初登場だと思う。右のがその料理だ。
 まずはエビの殻をオリーブオイルと白ワインで炒めて、だし汁を作る。殻はもちろん捨てる。
 そこにベーコンを加え、更にキャベツをちぎって入れる。キャベツも春の食材の一つだ。冬キャベツと比べると春キャベツは柔らかい。
 ベースができたら、砂を吐かせたアサリと、下処理をしたエビを入れて、蒸し焼きにしていく。今回は圧力鍋を使った。終盤でアスパラを入れる。
 味付けはほとんどする必要はない。アサリやベーコンの塩味がほどよく利いているから、少しだけしょう油とコンソメ、塩、コショウを加えた。
 貝類はあまり好きじゃないからめったに食べないのだけど、旬のものということで一度くらい食べておいてもよかった。

 あとの2品も春物の食材を使っている。新ジャガ、新タマネギ、サヤエンドウ。
 新ジャガは皮が薄くて柔らかいから剥かなくていい。タワシでごしごし洗って、耐熱容器で4分ほどレンジで加熱する。ニンジンも3分くらいする。
 取り出したら切り分けて、オリーブオイルで炒める。
 ソースは、マヨネーズ、マスタード、塩、黒コショウ、砂糖、コンソメ、青のりを混ぜて、半分を炒めながら絡めて、残りをつけながら食べる。
 美味しいのでパクパク進む。酒のつまみにもいいかもしれない。
 奥は、新タマネギを食べるための料理だ。
 ごま油でタマネギとツナ缶を炒める。酒、みりん、白だし、めんつゆ、しょう油、塩、コショウ、唐辛子で少し濃いめに味付けする。
 サヤエンドウ、絹ごし豆腐を加え、しばらく煮込む。最後にとき卵でとじたら完成だ。

 アサリ以外はいつも使っている食材だから、春を感じるとまではいかなかったものの、春ならではの食材を使ったことで満足感はあった。全体のバランスや味もよかった。
 また別の春食材を使って何か作ってみよう。新タケノコもこの時期限定のものだから、もう少し食べておきたい。
記事タイトルとURLをコピーする
コメント
コメント投稿

トラックバック