春らしい華やかなサンデー料理を

料理(Cooking)
春サンデー

PENTAX K10D+TAMRON 28-75mm f2.8



 季節は春。今日は春の食材を使って、春らしい華やかな料理を作ろう、というのがテーマだった。
 料理の三原色、赤、黄色、緑をできるだけ使うことを心掛けた。まずまず成功した方だと思う。
 まずはタケノコ。右の料理がそれだ。
 タケノコというと和食の食材と思いがちで、私も天ぷらが一番好きなのだけど、洋食にもけっこう使える。今回はトマトソースで食べることにした。
 タケノコはだし汁でよく煮て柔らかくしたあと、カタクリ粉で衣をつけて、たっぷりのオリーブオイルで揚げ焼きにする。
 トマトソースは、タマネギ、鶏肉、トマトなどでベースを作り、トマトケチャップ、コンソメの他、各種調味料と、ツナ缶、とろけるチーズも使っている。
 タケノコ自体が新タケノコで柔らかくて美味しいし、トマトソースとの相性もいい。天ぷらの次にこの食べ方が好きだ。
 左手前は、エビと白はんぺんのお焼きみたいなものだ。これがとても美味しかったから、ぜひオススメしたい。
 エビを下処理して、ぶつ切りにする。食感が残るようにあまり細かく潰さない方がいい。
 白はんぺんを潰して、卵白、刻んで軽く茹でたニンジン、長ネギの刻みとよく混ぜ合わせる。
 塩、コショウ、コンソメの素、砂糖で味付けをして、粘りけが出るまでよくこねる。
 これをオリーブオイルで両面に焼き色がつくまで焼く。
 ソースは、オリーブオイル、白ワイン、マヨネーズ、コンソメの素、塩、コショウ、砂糖、マスタードをひと煮立ちさせ、冷めたところで卵黄を加える。
 エビのプリプリと白はんぺんのフワフワがマッチして、マスタードマヨネーズソースともよく合う。私の好物の一つとなりそうだ。
 奥は旬の野菜スープだ。
 最初はポーチドエッグを食べたいと思ったところからスタートしたのだけど、結果的には普通の野菜スープになってしまった。料理終盤でガスコンロや台所が混乱状態になって、ポーチドエッグを作る余裕がなくなった。それで、卵とじに妥協することになった。
 新ジャガ、新タマネギなどを使った春スープだ。
 ちょっとした工夫として、中華の素とコンソメの両方を使った洋中ミックス味になっているところと、余っていたギョーザの皮を入れている。ギョーザの皮やワンタンの皮は、スープに入れると麺のようになるから、最初からそういう目的で買ってもいい。

 今回は全体的に好みの料理となって、美味しく食べられた。春の野菜を使って春らしい色合いにもなったし、作り手の側としても満足感が高かった。
 毎日こんな料理では重たすぎるけど、週に一度の料理としてならいい。
 来週はこの反動で、地味な和食になりそうな予感がする。
記事タイトルとURLをコピーする
コメント
コメント投稿

トラックバック