出遅れて紅葉ポイントを見つけきれなかった神越渓谷

海/川/水辺(Sea/rive/pond)
神越渓谷-1

PENTAX K10D+TAMRON 70-300mm f4-5.6 Di + C-PL



 愛知近郊で最も有名な紅葉スポットは、香嵐渓で間違いない。近頃では東海三県だけでなく、遠方からもバスが大挙してやって来るようになり、平日でも大賑わいになっている。
 その香嵐渓の奥に、神越渓谷(かみこしけいこく)がある。もう何年も前に、隠れた紅葉スポットとして写真雑誌で紹介されているのを見てずっと気になっていた。気になってはいたものの、なかなか行く気になれず、ようやく行けたのは今年になってからだった。11月27日のことだ。香嵐渓へ向かう渋滞を避けるため、344号線から大回りして行った。
 香嵐渓を抜けたら、420号線を南下して東に5キロほど進み、神越川沿いを走る364号線に乗ったら、あとは道なりだ。
 雑誌の情報は漠然としていてよく分からなかったので、とりえず道沿いをゆっくり走りながらポイントを探すことにした。道は狭いながらも対向車はほとんど来ない。奥まで行くとマス釣り場があるから、週末などはそれなりの交通量があるのかもしれない。

神越渓谷-2

 ところどころで車をとめられるスペースがあるので、降りて様子をうかがってみる。沢近くまで降りられるところは近づいてみるも、これといった撮影ポイントは見つからない。いくら車は来ないからといっても、三脚を立ててじっくり撮れるような状況ではないので、手持ちでのスナップ的な撮り方になってしまう。
 結局、最後まで決定的な撮影ポイントを掴めないまま終わってしまうことになる。

神越渓谷-3

 ここは香嵐渓よりも一週間か10日ほど早く見頃を迎えるようで、今年は特に紅葉が早かったから、27日あたりではいかにも遅すぎた。一部きれいなところはあったけど、あまり撮りたいような風景とは出会えなかった。
 渓谷風景も雑然としていて、絵になるところを見つけられず。

神越渓谷-4

 流れ写真を撮るも、面白くない。

神越渓谷-5

 山の渋枯れ風景を撮る。これは好きだ。
 今年はモミジの派手な紅葉よりも、山の渋い紅葉に心惹かれた。

神越渓谷-6

 マス釣り場を過ぎて、気づいたら367号線に入ってしまっていた。この流れは、田之土里川だ。
 これ以上進んでも紅葉風景はなさそうだったので引き返す。

神越渓谷-7

 マス釣り場のマス。
 有料の釣り場だから、マスを放流しているのだろう。段戸湖と同じようなシステムのようだ。

神越渓谷-8

 サイダーのような水の流れ。ちょっと美味しそうに見えた。

神越渓谷-9

 このあたりに紅葉スポットとしての魅力の片鱗を見た。いい時期に訪れたら、いい紅葉風景と出会える予感はした。
 雑誌に紹介されるくらいだから、知る人ぞ知るところで、それなりに紅葉を撮る人も訪れるのだろうと思う。
 6月にはカワツツジが、10月にはダイモンジソウが咲くようだ。

神越渓谷-10

 車を降りて歩いているとき、川岸から白っぽい鳥が飛び立った。
 カモか何かかなと最初は気にしなかったのだけど、もしかしてヤマセミかもしれないと思って、あとを追いかけた。ちょうど電線に止まったので、そっと近づいて撮った。
 このときはまだヤマセミという確信はなく、家に帰って写真を見てようやくそうだと分かった。
 あれがヤマセミなのか。カワセミより二回りくらい大きな灰色の鳥をイメージしていたら、実際は小鳩くらいの大きさの白っぽい鳥だった。大きすぎる体にヤマセミという確信が持てなかったというのもある。背中のごまだらよりもお腹の白さが印象に残った。
 前から一度見てみたいという願いが思いがけないところで叶って、これがこの日一番の収穫となった。現地ではっきりそうだと分かっていたら、もっと感動していたのに。
 この位置まで近づいたところで、また飛び立って今度は遠くまでいってしまった。さすがに山の鳥だけあって警戒心は強い。

神越渓谷-11

 流れをせき止めているところは鏡面になる。紅葉のいい時期なら、ここでも映り込みが狙えそうだ。

神越渓谷-12

 帰り道に見つけた樹林風景。自然と人工が融合した整然とした美を感じる。

 時期を逸した感は強く、ここといったポイントは見つけられずじまいに終わったとはいえ、どんな様子か分かったことに意味がある。また訪れてみたいと思った。今年はもう遅いから、また来年だ。
 帰り道は必然的に香嵐渓の前を通ったのだけど、この日は香嵐渓を撮る気持ちが全然起きず、素通りした。後日、今度はどうしても香嵐渓で撮りたくなってもう一度行くことになる。それはまた次の機会に紹介したい。
 紅葉シーズンも最終盤となり、私の紅葉ネタは遅れがちになって、情報の鮮度がガタ落ちになっている。前半は先行しすぎて、後半は遅れて、中盤がすっぽり抜け落ちた。事後報告のようになりつつも、もうしばらく紅葉ネタが続きます。
記事タイトルとURLをコピーする
コメント
  • 2009/12/02 21:57
    今年の紅葉はとっても難しかったように感じます。
    「ここ何年かで最高!」と書かれている関東地方の写真家のブログもありますが、名古屋周辺では色も期間もグチャグチャだったような・・。私は岩屋堂で外れたことが無かったのですが、今年は大幅に遅刻するは、葉っぱがボロボロだったりで全くダメでした。

    23日に野原川と神越渓谷を周ったのですが全くダメで、帰りに立ち寄った松平郷、松平東照宮で少しだけ溜飲を下げることが出来ました。

    オオタさんの香嵐渓、期待していますね。
  • 紅葉も終わり
    2009/12/03 02:37
    ★moumingさん

     こんにちは。
     今年の紅葉ももう終わりですね。
     最後に香嵐渓で締めくくりと思ったんですが、ちょっと中途半端になってしまいました。もう少し撮り足りない。
     しかし、今年はどこもよくなかったですね。そう、関東はよかったという話も聞くのだけど。

     moumingさんも神越渓谷行ったんですか。実はけっこうメジャー?
     松平郷は私もとっても好きなところなので、また行きたいです。
     紅葉が終わればもう冬で、来年の春が待ち遠しくなります。
コメント投稿

トラックバック