初めに食材ありきのサンデー料理

料理(Cooking)
食材本位サンデー

 先週のサンデー料理があまりにも即興的になりすぎてしまったから、今週はちゃんと計画的に作ろうと思ったのだけど、そうもいかなかった。もらいものの食材がいくつかあって、それを使ってしまわなくてはいけなかったから。なので、作りたい料理よりも、食材が優先するサンデー料理となった。

 まずはホタテをどうにかしなくてはいけなかった。
 ホタテはアイのエサなので、自分ではあまり食べたい気が起きないものだったりする。でも、アイにやるような安いものではなく、生で食べられるようなものだったので、料理に使うことにした。
 アスパラをオリーブオイルと塩、コショウで炒めて、いったん取り出す。
 フライパンにバターを溶かして、水気を拭いたホタテにカタクリ粉をまぶし、弱火でじっくり両面を焼く。
 半生くらいでアスパラを戻し、白ワイン、砂糖、塩、コショウ、コンソメの素、しょう油、マヨネーズ、バルサミコ酢で味付けをして、終盤でとろけるチーズを入れる。
 全体的に絡んだら出来上がりだ。最後にバジル粉を振りかける。
 さすがに刺身用ということで、柔らかい。ホタテは調理すると固くなるというイメージがあってあまり好きではなかったのだけど、いいものを使えば柔らかくて美味しいものだということを知った。今後も使っていって、レパートリーを増やしていくことにしよう。

 もう一つ使ってしまわなくてはいけなかったのが、しめじだった。
 しめじは鍋に使うくらいで、普通の料理ではめったに使わない。白身魚の上に乗せるキノコにしても、別のものを使う。鍋に入っている分には別に嫌いじゃないし普通に食べるけど、他に使い道があるかと考えると思いつかない。
 余りもののほうれん草があったので、とりあえず二つを炒めてみたらどうだろうというところから出発した。
 それだけでは寂しいので、エビを加えてみたところ、なんとなくよさげな感じになった。中華っぽさを感じて、味付けも中華にしてみた。
 酒、みりん、しょう油、中華だし、塩、コショウで味付けをして、水溶きカタクリ粉でとろみをつけた。
 思いがけず美味しくて、これは成功だった。鍋で余ったしめじの使い道としてオススメできる。

 更なる余りものとして、先週使い切れなかった黄金いもがあって、トマトがあって、もらいもののジャガイモとタマネギがあった。こうなるともう行く先は決まってくる。野菜のトマトスープだ。
 ジャガイモ、黄金いも、タマネギ、ニンジンをオリーブオイルと白ワインで炒める。
 鍋に移して、ひたひたの水で煮ていく。
 コンソメ、塩、コショウで下味をつけて、アクを取る。
 トマトソースは別に作る。鶏肉、ソーセージ、トマトをオリーブオイル、ショウガ、ニンニクで炒め、白ワイン、みりん、砂糖、白しょう油、マスタード、唐辛子、ケチャップ、コンソメを加えて煮込む。
 それを鍋に加えて、かき混ぜたら、火を止めてしばらく冷まして味を染み込ませる。
 再加熱して、完成となる。

 メニューが先か、食材が先か、どちらがいいかは一概には言えない。普段の夕飯なら両方の混合といういのが一般的なのだろう。冷蔵庫にある食材を見て作るものを考えて、足りないものを買い物にいって、店で安売りの品を見つけてメニューを変更する、みたいに。
 趣味のサンデー料理としては、作りたいもの優先でいいとは思うのだけど、食材本位で作ることで思いがけない発見もあるから、それはそれで悪くない。
 どちらにしても、レベルアップするにはどうすればいいのかをもっと考えた方がいいに違いない。
 とまあ、そんな感じで今日のサンデー料理は無事に終わったという話でした。
記事タイトルとURLをコピーする
コメント
コメント投稿

トラックバック