即興場当たり変種サンデー料理

料理(Cooking)
即席変種サンデー

Canon EOS 20D+EF50mm f1.8II



 今日は何の下準備もなく、買うものも決めずに料理の直前に買い物に行って、帰ってすぐに調理を始めたから、ひどく行き当たりばったりの料理になった。
 ノープラン、ノーライフ。
 ここまで即興で作ることは普段ない。少なくとも、使う食材くらいは事前に決めてある。
 どうせ無計画なら、使ったことがない食材を使ってみようということになった。魚は赤カレイ、イモは鹿児島の黄金いも、ブロッコリーの代わりにカリフラワーを選んでみた。
 元から完成図が頭の中にあったわけではないから、出来上がったものを見てイメージ通りだとか違うとかはないのだけど、うーん、ちょっと違うなこれ、と思う。作りたかったのは、こういうものではなかった。

 まずカレイだけど、サンデー料理では初登場だ。これまで食べたことさえあまりない。
 定番は煮付けだということは知っている。それは食べたことがある。
 でも、ありきたりでは詰まらないということで、バター焼きにして、ソースをかけて洋食に仕立てようと考えた。
 しかし、切り分ける時点でそれは無理だということに気づく。骨だらけで、とてもじゃないけど焼いて食べられるようなものではない。カレイについて私は知らなすぎた。だから、煮付けにするしかないのだと、今更ながら気づく。
 仕方がないので、いったん茹でて、柔らかくなったところで身をほぐし出すことにした。煮てしまえば扱い安い食材になる。
 ほぐした身を、オリーブオイル、塩、コショウ、酒、みりん、しょう油、ショウガ、ニンニク、バルサミコ酢、砂糖、マスタード、唐辛子、コンソメの素、マヨネーズで味付けをしながら炒める。
 それとは別に、ナスとタマネギも炒め、同じように味付けをする。
 色味はあまりよくないし、品のある料理ではないものの、これはこれでけっこう美味しかった。カレイの臭みも取れるし、他にも応用が利きそうだ。ご飯のふりかけにしてもいいかもしれない。

 黄金いもというのは、ジャガイモのような姿をしたサツマイモだ。皮は茶色で、中は白っぽい。これは初めて食べる。
 柔らかくて、煮崩れしやすいから、本来、煮物に使うものではなさそうだ。煮てたらすぐにほくほくになって分解しそうだったので、いったん取り出さないといけなかった。
 普通のサツマイモほど甘さがなくて、料理向きのイモだ。天ぷらに向いてるんじゃないか。
 カリフラワーもめったに口にしない。今回食べるまで、どういう味がするのか思い出せなかった。
 なので、今日はじっくり味わって食べてみたのだけど、さほど印象的な味でもない。ブロッコリーの方が甘みがあって美味しい。あえてカリフラワーを使う必然性は見いだせなかった。前から気になる存在だったから、一度ちゃんと食べてみたのは無駄ではなかったけど。
 料理としてはオーソドックスな野菜スープ煮込みみたいなもので、驚きはない。味付けはコンソメがベースになっている。

 右奥は冷や奴だ。これほど芸がない料理がサンデー料理に出るのは珍しい。前の2品を作ったら、もう調理するのが面倒になってしまった。豆腐が男前絹豆腐で、崩してしまうのはもったいないということもあった。
 こういう美味しい豆腐はそのまま食べるのがいい。きめが細かくて、しっとりした食感だから、豆腐ステーキとかはには向かないか。
 せめてタレだけは作ろうと、酒、みりん、しょう油、豆板醤、砂糖、塩、コショウ、味噌、唐辛子、ダシの素を煮詰めて作ったものをかけて食べた。

 即興料理は難しくもあり、あまり楽しくもない。いろんな部分に気が回らず、場当たり的な料理になってしまう。食材を見て、パッとイメージして、ササッと作るというほど上級者じゃない。
 毎回、メニューを決めるのが一番大変なところなのだけど、そこが一番大事な部分だということにあらためて気づいた。完成図があやふやなまま作り始めると、失敗する確率も高くなる。
 来週はちゃんと考えて作りたい。ただ、馴染みのない食材を試していくというのはいいことだから、今後も積極的に取り込んでいきたいと思っている。
記事タイトルとURLをコピーする
コメント
コメント投稿

トラックバック