予想外に早く降り出した雨に雨写真のヒントを得る <東山植物園第4回>

施設/公園(Park)
東山植物園3-1

 東山植物園シリーズ最終回は、残った写真を並べて終わりとしたい。
 あまり撮るものがない季節ではあるけど、歩いていればそれなりに被写体はある。植物園といっても、撮るものは花だけじゃない。

東山植物園3-2

 一番目の写真とあわせて、雨の池の雰囲気を。
 雨降り写真の可能性が少しずつ分かってきた。まだはっきりしたイメージはできていないのだけど、雨しか撮れない写真がある。雨の日はどういうスタイルで撮ればいいのかも掴めたから、今後は雨でも積極的に撮りに出たい。

東山植物園3-3

 これも一応、雨の写真。でも、あまり雨が伝わらない。
 雨らしさを伝えるのは難しい。普通に撮っても雨そのものはあまり写らない。雨が写りやすいシャッタースピードがあるはずなのだけど、そのあたりもまだ把握できていない。

東山植物園3-4

 水滴を撮るのは雨表現の常套手段だ。ありがちではあるけど、伝わりやすい。

東山植物園3-5

 これも雨雫。
 花はツワブキか。

東山植物園3-6

 温室の花で、名前は知らない。
 ほつれた毛糸みたいなモジャモジャの花びらが面白い。

東山植物園3-7

 インパクトのある何かの実。
 大きさも色も様々にひしめいている。何故こんなに粒が揃ってないのだろう。

東山植物園3-8

 赤色の部分は花びらじゃない。中央の黄色いのが花だ。
 よく見かけるのにいつも名前を忘れてしまう。
 アンスリウム。どうも覚えにくい名前だ。

東山植物園3-9

 こちらは白バージョン。たぶん、アンスリウムだと思うけど、アンスリウムもいろいろな品種があるようだ。

東山植物園3-10

 咲いている花と閉じている蕾の混在が面白い。なんだか混雑しているように思える。

東山植物園3-11

 可憐で繊細な白からピンクのグラデーション。
 花なのか、葉っぱなのか。

東山植物園3-12

 いろんなサボテン。

東山植物園3-13

 ワレモコウの終わったところかと思ったら、たぶんセンニチコウの終わったやつだ。
 今年もとうとうワレモコウを見られずじまいだった。

東山植物園3-14

 どこからか、花が落ちてきた。
 やまない雨を見ながら雨宿りしているときに撮った。
 最後は閉園時間になって終了。
 今回の東山植物園シリーズはこれにて完結。できれば今月中にもう一度行きたい。
記事タイトルとURLをコピーする
コメント
コメント投稿

トラックバック