紅葉とか秋の草花などの雑多な植物園写真 <第3回>

施設/公園(Park)
東山植物園3-1

PENTAX K10D+TAMRON SP 90mm f2.8



 東山植物園シリーズも今日が3回目。そろそろ終わりかと思いきや、あと一回分残ったから、全部で4回になった。雨降りだったわりには枚数を稼いでいた。
 今日と次回は雑多な感じで、残った写真を紹介していくことになる。特にテーマはない。

東山植物園3-2

 砂糖菓子のようなこの花は、けっこうあちこちで見かける。
 名前をいつも忘れてしまって、思い出せそうで思い出せない。ソバなんとかだったか、なんとかソバだったか、そんなような名前だ。
「野草 砂糖 ソバ」で検索したら一発で出た。ツルヒメソバ(蔓姫蕎麦)。そうそう、それだ。
 金平糖に似てると感じる人も多いようだけど、今どきの人は金平糖を見たことがあるんだろうか。

東山植物園3-3

 お気に入りの黄色いモミジ。
 背景にキラキラが入った別の一枚。
 この日は雨模様だったけど、モミジは逆光がよく似合う。

東山植物園3-4

 こんなふうに全体が黄色く色づいていた。
 赤くなるイロハモミジとは別の種類だろうか。

東山植物園3-5

 モミジトンネルを前回とは逆方向から。
 たまたま通った人を入れて撮るのではなく、ここで待ち構えてベストな被写体を狙うべきだとは思う。
 いかにも狙ってますという様子だと不審に思われてしまいそうだけど。

東山植物園3-6

 一番赤く色づいていたあたり。
 近くでスケッチをしている人もいた。

東山植物園3-7

 池の反対側から。
 こういう写真は面白くないから最近はあまり撮らないようにしてるのだけど、このときはつい。人が通りかかったというのもあって。

東山植物園3-8

 合掌造り前のモミジも、まだまだ色づきは不充分だった。

東山植物園3-9

 奥様グループは賑やかだ。
 雨が降り出してきたときで、頭にハンカチを載せている人もいた。なんだか知らないけど、さすがだと思う。

東山植物園3-10

 タンポポっぽいけど違う。アキノノゲシとかだろうか。

東山植物園3-11

 デザイン的な草の生え方。
 植物の習性を利用して、文字や絵を描くこともできそうだ。

東山植物園3-12

 足元の小さな紅葉。これはツルヒメソバの葉か。

 というわけで、雑多な写真になった植物園シリーズ第3回はここまで。
 次回に続く。
記事タイトルとURLをコピーする
コメント
コメント投稿

トラックバック