結果オーライでもいいのかもサンデー料理

料理(Cooking)
予定変更サンデー

 今日のサンデー料理も、予定とはずいぶん違うものができあがった。
 メインのおかずは、メカジキのつみれだったのに、完成した3品の中には見あたらない。右奥でスープに浮いたお好み焼きみたいになっているのが、なれの果てだ。つみれがどうしてこんなことになってしまったのかといえば、単純に言うと、タネをお湯に落としたら分解してバラバラになってしまったので焼きに切り替えてこうなった。
 ナス料理もイメージが湧かないまま見切り発車で作り始めて、なんとなく中途半端な料理になったし、煮込み料理のつもりで作ったものは結果的に野菜スープになった。
 結局、一つも予定通りにいかず、今日は失敗したなと思って食べてみたら、どれも美味しくできあがっていたから料理というのは分からない。失敗したと自己申告しなければ、今日の料理は失敗ではない。結果オーライでは駄目なのだけど。

 ナス料理は、基本的には間違っていないから、オススメしたいというか、これを応用してもっといい料理にして欲しいという気持ちがある。
 薄切りにしたナスを水にさらして、水気を拭いたらカタクリ粉をたっぷりまぶす。
 それをごま油で焼いて、塩、コショウ、めんつゆ、唐辛子で味付けをする。
 仕上げに、白ゴマと鮭フレークを振りかけた。
 ナスは天ぷらが一番好きなのだけど、やはり天ぷらは面倒だ。それに近いものをもっと簡単にできないかと思って作ったのがこれだった。
 パリパリの食感は得られないまでも、これはこれでけっこう美味しい。ナスとめんつゆの相性はいいし、もう一工夫することで更に美味しい料理になりそうな予感がある。

 右奥のつみれ崩れは、どうして固まらなかったのか、自分では原因が分からない。明らかな原因があるには違いないけど。
 メカジキを細かく切って包丁で叩き、刻んだタマネギ、すり下ろした山芋、卵、小麦粉、塩、コショウ、ショウガ、ダシの素をあわせてよく混ぜる。
 これをスプーンですくって熱湯に落とせばつくねができると思ったのに、あっという間にバラバラに崩れ去ってしまった。つなぎが足りなかったのか、山芋がいけなかったのか。
 で、フライパンでお好み焼きみたいに焼くしかなかった。
 たれは、野菜スープの煮汁に、塩、コショウ、ダシの素、白しょう油、みりんを入れて作った。
 下には柔らかく煮込んだ白菜を敷いている。

 左奥は、野菜スープで、これも柔らかく仕上げている。
 ジャガイモ、ニンジン、大根、長ネギをよく下茹でして、酒、ダシの素、塩、コショウ、砂糖、みりん、白しょう油で味付けをする。
 しっかり煮て、いったん冷まして具材に汁を染み込ませて、再加熱して完成となる。
 シンプルなスープだけど、野菜の旨みがしっかり出て、まろやかで優しい味に仕上がった。肉類を入れなくても充分美味しいスープになる。

 そんなわけで、作り手としては成功とは言い難かったものの、食べてみたら味は失敗じゃなかったから、まあいいかなと納得してしまった。自分の思い通りに作れたとしても、料理は作って終わりではなく食べることが目的だから、作り手の自己満足は重要ではないのかもしれない。店で注文して、メニューの写真とまったく違う料理が出てきたら問題だけど。
 それで一つ思いついたのは、完成図の写真を見て、そこから逆算して料理を作るというやり方だ。私の場合、完成図が頭に描けていないからイメージと違った料理になってしまうわけで、作る前にしっかり見えていたら失敗は少なくなるのではないか。上達を目指すならその方が早道かもしれない。
 とはいえ、注文を受けて、その通りのものを作って出す自信はまったくない。
記事タイトルとURLをコピーする
コメント
コメント投稿

トラックバック