城下町から少し離れて犬山の町歩き <第三回・完>

名所/旧跡/歴史(Historic Sites)
犬山城下町3-1

PENTAX K10D+DA 16-45mm f4



 犬山城下町散策の3回目は、昔の城下の中心から少しはずれた東側を歩く。
 現在の犬山の中心地は、やはり名鉄犬山駅周辺ということになるのだろう。駅は犬山城の南東1キロちょっとのところにある。
 上の写真は、本町の通りから少し東に入った寺社が集まっているあたりの道だ。ここは昔からの寺社町なのか、戦後の区画整理で集めたのか、詳しいことは分からない。城下町全体に神社仏閣の数は多い。
 ぷらぷら歩いていると、軒下の狭いところからふいに猫が出てきて、目が合った。あ、どうも、という感じでお互いに立ち止まる。
 首輪はつけてなかったから飼い猫ではないだろうけど、お世話をしてる人がいる地域猫だろう。このあとフラッとお散歩に出かけていった。

犬山城下町3-2

 右手はどこかのお寺さん。詳しい場所を忘れてしまって、地図を見てもよく分からない。西蓮寺か、浄誓寺か、そのあたりだったような気はする。
 石畳の道は古いものではなさそうだけど、新しくても風情があっていい。

犬山城下町3-3

 形のいい松のある家。
 街道筋の松風景は、旧東海道などの江戸時代の名残だ。

犬山城下町3-4

 右側は古い小さな書店で、こういう町の本屋さんが残っているのを見ると嬉しい。
 赤いTシャツの自転車少年と、夏の青空のコントラストがよかった。

犬山城下町3-5

 本町交差点。
 ちょうど人と車が途絶えたときで、ゴーストタウンのようにも見える。実際は、左右の道の交通量は多い。
 ただ、南へ延びる商店街はシャッターも目立って、活気溢れるという感じではない。日本全国の地方都市はどこもこんな感じだとは思うけど。

犬山城下町3-6

「アジアの靴」を前面に押し出している靴屋さん。
 それはかつての購買者たちにとってキャッチーなコピーだったのだろうか。私自身はアジアの靴という響きに魅力を感じたことはないのだが。
 あるいは、中国や韓国などを思い浮かべたのは間違いで、フィリピンやマレーシア、カンボジアやタイなどアジア各国の靴を取りそろえていたのかもしれない。だとしたら、それはそれでちょっと魅力的に思えたりしないこともない。

犬山城下町3-7

 路地裏の魅力は、生活感だ。公道なんだけど、半分私道化していて、鉢植えとか生活用品とかが置かれている感じがいい。

犬山城下町3-8

 犬山駅西交差点まで歩いてきた。地下通路もあるけど、駅までは続いていないだろう。
 駅の東側はほとんど行ったことがないから、どうなっているのか知らない。一度くらい見てみたい気もしたけど、そちらまで歩いていくと相当遠回りになるのでやめておいた。このあとリトルワールドのナイターに行かなければならないというのもあって。
 ここで左折して、帰ることにする。

犬山城下町3-9

 レトロハイカラで読めなかった店名。
 Chormont? 英語ではなくドイツ語だろうか。コルモントとか。いや、Charmontか。だったら、フランス語で魅力的を意味するシャルマンだ。写真を見て、やっと分かった。
 右側にはトップセンスとある。
 ちょっと時代を先取りしたニューパワーすぎたかもしれない。

犬山城下町3-10

 なんのビルだろうと思って看板を見たら、KOBAYASHI EYE-CLINICとあった。小林眼科かよ、と心の中でツッコミを入れてしまった。
 このあたりはお洒落なセンスの持ち主が多いらしい。

犬山城下町3-11

 ゆっくり自然回帰中。これも一つのエコロジーか。

犬山城下町3-12

 郷瀬川に架かる橋の上から。
 川の中の緑色は何かの水草のようだ。醒ヶ井の梅花藻のような気の利いたものではない。

犬山城下町3-13

 夏の桜並木。
 桜の季節、この道はとてもいい感じで好きなところだ。花が咲いているときに歩きたい。

 犬山の城下町も前からずっと気になっていて、今回歩いてみて気が済んだというか納得した。一度でも歩いてみると、いろいろ分かることもあるし、その場所との縁も深くなる。あとからテレビなどに出てきたときに、そうそう、ここ行ったことある、となる。車で通過しただけでは充分じゃない。
 他にもいろいろ歩いてみないといけないと思っているところがいくつかある。地元の城下町ということでは、名古屋城西の明道町とか、大垣城とか、岐阜城とか。機会を見つけて、一つずつ回っていくことにしよう。
記事タイトルとURLをコピーする
コメント
  • 2009/10/06 19:57
    オオタさんの紹介を拝見すると犬山の街もなかなか素敵な街に感じますね。
    「歩いてみるから分かること」・・納得します。

    ところで「アジアの靴」ですが、「アジア」という靴のブランドかメーカーの名前だったと記憶しています。ネットで検索しても出てこないからあまり自信はないのですが私が小学生だった4~50年くらい前は、月星と並ぶ運動靴メーカーじゃなかったかと思います。月星の方が子供心には高級ブランドだったように記憶しています。って大きな勘違いかもしれませんが。
  • なるほど、納得
    2009/10/06 20:29
    ★moumingさん

     こんにちは。

     アジアの靴! そういうことでしたか! あはは。
     自分の勘違いに受けた。(^^;
     なるほど、納得です。
     あの頃は月星シューズが幅を利かせてましたもんね。
     コンバースなんかは更にハイカラなイメージでした。
     でも、アジアの靴は知らなかったです。まだ売ってるところあるのかなぁ。
コメント投稿

トラックバック