普通の夕飯作りになってしまったノーマルサンデー料理

料理(Cooking)
ノーマルサンデー

Canon EOS 20D+EF50mm f1.8II



 今回のサンデーは、直前に慌ててメニューを決めたこともあって、アイディア不足のノーマルサンデーになってしまった。ある食材を使って作った3品なので、前に見たことがあるような料理が並ぶことになった。少しだけひねったつもりではあるけど、もしかしたら同じようなものを作ったことがあるかもしれない。もう過去の料理を全部思い出すのは無理なほど、サンデー料理も回を重ねてきた。完全オリジナルというのは、なかなか難しくなっている。

 一品目は、マグロのねぎま風だ。一番手前がそうだ。
 一見するとコンニャクみたいに見えるけど、そうじゃない。マグロのステーキになっている。
 長ネギは別に湯がいて柔らかくしておいて、マグロは塩、コショウ、白しょう油、酒、みりん、塩、コショウ、砂糖、唐辛子、中華の素を振りかけて、しばらく置いておく。
 それを、ごま油で焼く。少し中華風仕立てになっている。
 最後に白ごまを振りかけるつもりだったのに忘れていた。忘れていたことに今写真を見て気づいた。
 串を刺すかどうか迷って、面倒だったのでやめておいた。串ももったいないし。形だけはねぎまを意識してみた。

 右手は、あり合わせ野菜のごった焼き煮みたいなものだ。
 ニンジンは別に下茹でして、ナスは水に浸けてあく抜きをする。
 エビ、鶏肉、タマネギ、トマト、ブロッコリーを切り分け、全部一緒にオリーブオイルで炒める。
 白ワイン、みりん、砂糖、豆板醤、塩、コショウ、コンソメの素、白しょう油、マヨネーズ、バルサミコ酢で味付けをする。
 トマトやバルサミコ酢の酸味が強いから、砂糖をやや大目にすると、旨みが増す。ケチャップを入れてもいけるはず。
 蓋をしてしばらく煮込み、全体が柔らかくなって、味が染み込んだら完成だ。
 これはあり合わせの野菜やその他のものを何でも放り込んでしまってもいい。

 一番奥は、ジャガイモと豆腐の団子だ。
 一日遅れのお月見団子をイメージして作ったつもりが、形が崩れてぐずぐずな感じになってしまった。団子とも呼べないくらいだ。
 ジャガイモはラップをしてレンジで5分くらい加熱して、皮をむいてつぶす。
 豆腐は手で砕いて、クッキングペーパーで水気を吸い取る。そのままレンジに入れて、絞ってもいい。
 ジャガイモと豆腐と小麦粉をあわせて混ぜて、なめらかにする。塩、コショウ、ダシの素、マヨネーズを加えて、下味をつける。
 ここでチーズを入れたかったのだけど、切らしていた。
 団子状に丸めてフライパンで焼いていくわけだけど、何しろフワフワで柔らかいので丸い形を保てず、つぶれてしまう。団子状を保つには小麦粉を増やすか、卵をつなぎにしたらいいのだろうけど、そうすると固くなりそうだ。最初からあきらめて小判のようにしたらよかったのかもしれない。たこ焼き用の鉄板があればよかったか。
 味付けはシンプルに、酒、みりん、白しょう油、塩、コショウ、ダシの素でつけた。
 終盤、水溶きカタクリ粉を入れて、表面を焼き固める。
 仕上げに、青のりと粉チーズを振る。
 この料理、方向性は間違っていないと思うけど、改良の余地がある。もっと上手く作れば、美味しい添え物として役に立ってくれそうな気がする。オーブンで焼く方がいいのか。中身ももっと何か加えてもいい。

 今日は普通の料理になってしまったのが反省点だ。普通に美味しかったけど、普通に夕飯を作っては趣味の料理とは言えない。
 もう少し準備に時間をかけて、テーマを決めて、イメージを固めてから作り始めないといけない。行き当たりばったりでは上達しない。
 来週はもうちょっと張り切っていこう。
記事タイトルとURLをコピーする
コメント
コメント投稿

トラックバック