平和公園でドラマチックな空に出会った

施設/公園(Park)
平和公園-1

FUJIFILM S2pro+NIKKOR 55-200mm f4-5.6 VR



 旅行帰りで余力が残らなかったから、今日も小ネタでつなぐ。夏の終わりの平和公園風景ということで、撮ってきた写真を並べることにした。文章は短く。
 一枚目は、桜の園と名づけられた一角だ。桜シーズンではないこの場所が好きで、ちょくちょく訪れる。
 桜の木もだいぶ葉を落とし始めた。桜の紅葉も、それほど遠くはない。

平和公園-2

 石畳の桜並木。
 ここも、もっと季節が進んで落ち葉が増えると、いい感じになる。

平和公園-3

 桜の園の隣にある小さな池。
 夕陽が水面に反射して、光と影を作った。

平和公園-4

 まったりする二人と、自転車で駆け抜けた少年。

平和公園-5

 ノラ2匹が水辺に降りてきて、水を飲もうとしていた。
 まだ小さかったから、今年の春に生まれたやつらだろうか。

平和公園-6

 夕焼け空と虹の塔。
 ゲスト出演、数名。

平和公園-7

 団地群と、森と、墓地。背後には山の連なり。
 生と死と暮らしが混在している風景。

平和公園-8

 木の間から東山スカイタワーが見えた。

平和公園-9

 平和堂の周辺はいろんな人が集まってくる。平和公園の中で、一番落ち着く空間かもしれない。

平和公園-10

 印象的な筋雲と、平和堂のシルエット。

平和公園-11

 黄金色の空の中、翼をきらめかせて飛行機が飛び去った。

平和公園-12

 この日は期待以上に劇的な夕焼け空が広がった。
 刻々と変化していく様は、見ていて飽きない。
 夕空はもう秋の気配が色濃かった。

平和公園-13

 東の空は雲がピンクに染まり、白い月が浮いていた。

平和公園-14

 虹の塔も、夕焼けオレンジの中、シルエットとなった。
 短い滞在時間に収穫があった。

 今日はここまで。
 明日からは平常パターンに戻る予定。東三河の旅シリーズを再開したいと考えている。
記事タイトルとURLをコピーする
コメント
コメント投稿

トラックバック