電車で3分の距離も歩けば遠い湯谷温泉 <愛知県民の森-番外編>

海/川/水辺(Sea/rive/pond)
愛知県民の森5-1

PENTAX K10D+DA 16-45mm f4



 愛知県民の森をあとにして、三河槙原駅に戻ってきたのが午後4時過ぎだった。次の電車は17時1分。駅で待つには長すぎる。予定では17時1分に乗って、隣の湯谷温泉まで行って、温泉街と板敷川を散策して、19時26分の電車で帰るというパターンを考えていた。その間に電車は、ない。
 ただぼんやり待っていても仕方がないから、隣の湯谷温泉まで歩いていくことにした。ここで一つ罠にはまったのは、駅前の観光看板を見たら、湯谷まで20分と書いてあったことだ。手持ちの地図を見ると、どう考えても2キロはあって20分では行けっこないとは思ったのだけど、まあ1時間もあれば着くだろうと軽い気持ちで、ゆっくり歩き始めた。まさか、乗り遅れ寸前まで追い込まれるとは、このときはまだ考えもしない。
 三河槙原駅は、2002年に改築されるまで木造の駅舎が残っていたらしい。今は無愛想なコンクリート造りになっている。一日の平均乗車数が80人ほどということで、当然のように無人駅だ。
 それでも、快速は停車する。特急・伊那路は通過だけど。
 昭和天皇、皇后が、愛知県民の森で記念植樹をしたときは、この駅で降りたそうだ。
 国鉄になる前は、鳳来寺鉄道の駅だった。

愛知県民の森5-2

 素堀のトンネル。手で掘った感じだ。
 一応、蛍光灯が一つ設置されている。

愛知県民の森5-3

 線路と川に挟まれた細い道を歩いていくことになる。
 30分くらいで着くつもりが40分経っても着かなかったときは、道を間違えたか、駅を見落としたかと不安になったけど、基本的に一本道で、線路を見失うこともないから迷うことはない。ただ、予想以上に遠かっただけだ。
 電車が1時間に1本かそこらなら、単線でも充分間に合う。
 本数が少ないゆえに、走っている電車を撮るのは難しい。見た電車は自分が乗らなければいけない電車だ。のんきに離れたところから撮ってる場合じゃない。
 運がいいと、反対へ向かう電車が見られたのだろうけど、この日はタイミング合わなかった。ここでぜひ撮りたいというポイントが何ヶ所かあった。

愛知県民の森5-4

 板敷川の名の通り、川底は板を敷き詰めたような不思議な景観をしている。こういう景色は見たことがない。このあたり一帯が特殊な地形をしているようだ。
 三河槙原駅から湯谷温泉あたりの5キロほどを、鳳来峡と呼んでいる。板敷川も通称で、宇連川が正式名称だ。

愛知県民の森5-5

 川風景は変化に富んでいて、見ていて楽しい。季節と時間帯を選べば、絵になる川風景を撮れそうだ。
 このときは三脚なしの手持ちだったので、通り一遍のスナップ写真になってしまった。やはり、旅用の軽くてコンパクトな三脚が一本欲しい。

愛知県民の森5-6

 水量もあって、流れも速い。水の色を見ても、場所によってはかなり深そうだ。
 川辺では釣りをしたり泳いだりする人もけっこういるようだけど、場所は限られる。

愛知県民の森5-7

 大小の岩が織りなす複雑な景観を見せる。

愛知県民の森5-8

 引いて撮ると、こんな感じ。

愛知県民の森5-9

 線路はどこもわりと自由に入り込めてしまう。
 渡った先に道らしきものがあった。どこへつながっている道だろう。この先に民家でもあるんだろうか。

愛知県民の森5-10

 50分ほどかかって、ようやく湯谷温泉らしきところが見えてきて、ホッとする。どこが20分だよ、と看板に向かって文句を言いたい。あれはたぶん、湯谷温泉までではなく湯谷という集落まで20分ということだったのだろう。私は疲れてペースが遅かったというのもあるけど、普通でも40分はかかる。
 温泉街も撮りたかったけど、そんな余裕はなく、急いで駅に向かった。
 この温泉街は1200年の歴史を持つということで、かなり古い。

愛知県民の森5-11

 どうにか3分くらい前に構内に入ることができた。危ないところだった。この電車を逃すと、次は19時26分までない。こんなところで2時間半も待てない。それこそ温泉にでも浸かっていないと間が持たない。帰りも長旅だから、そんなにのんびりもしたくなかった。

愛知県民の森5-12

 愛知県民の森行きは、こうして終わった。延期に次ぐ延期から始まり、極度の疲労や、電車に乗り遅れそうになったりと、ややドタバタした印象はあったけど、なんとか無事に終えることができてよかった。これでまた一つ、気になっていた課題をクリアした。
 めでたしめでたしということで、これでおしまい。
 次は熊野古道シリーズで会いましょう。
記事タイトルとURLをコピーする
コメント
  • えー?
    2009/08/30 21:29
    こんばんわ

    えーっ?、槙原から歩いたんですかー?
    合掌・・。って変な意味じゃないですよ(^^;
    偉業を成し遂げた人を称えるにも使うでしょ?・・・て違う?(^^;;
    じゃなくてー。
    車でもそれなりにあるのに。
    あちし、もう最近は歩くってことにほんとに。ずぼらというかぐうたらというか。
    だもんで、えらいなぁ、って。
  • 確かに遠かった
    2009/08/31 02:56
    ★⑦さん

     こんにちは。
     ⑦さんもあそこ行ったことがあるんですね。
     三河槙原駅から湯谷温泉に、みんな歩いていかないんだ。
     遠いですもんね。(^^;
     ちゃんとした地図を持っていなかったことも不安をあおりました。
     でも、板敷川の景色はなかなかよかったから、歩いたのも無駄じゃなかったかな。
コメント投稿

トラックバック