森を作るそれぞれの色と形に心惹かれる <8月の海上-2>

森/山(Forest/Mountain)
海上8月2-1

PENTAX K10D+TAMRON SP 90mm f2.8



 昨日に続いて海上の森の第2回を。
 今回も三脚を持っていった。めったに人に会うこともないから、人目を気にすることなく三脚を使うことができる。
 これはNDフィルター(ND4)を使って、6秒で撮ったものだ。フィルターなしで1秒で撮ったものと、ほとんど変わらなかった。長時間露光をすればしただけ変わるわけではないことが分かる。もっと変化の大きなシーンを撮れば、当然違いも出てくるだろうけど。
 NDフィルターを試してみたいのは、昼間の海と人混みだ。人の流れが半透明になる感じの中に、一人だけ動かない人がいるといったシーンを撮ってみたい。

海上8月2-2

 シダの群れ。
 見渡す限りの斜面にびっしりシダが生えているところがあって、それを撮りたかったのだけど、このときは90mmマクロしか持っていなくて、これしか撮れなかった。
 シダは明るいと雰囲気が出ないし、暗いと手持ちでは厳しい。次は広角と三脚を持っていくことにしよう。

海上8月2-3

 老木の根元に生えた苔がいい感じ。
 新しい葉も出てきている。

海上8月2-4

 赤枯れの葉が目についた。
 今年の紅葉はどこへ行こうかと考えた。まだ少し気が早いけど。

海上8月2-5

 ツルのくるりんとしたところが面白かった。
 三脚を立てられないところで、手持ちで撮ったら少しぶれた。
 ぶらさないことと、ピントを合わせることと、基本中の基本の大切さを再認識する。

海上8月2-6

 夏らしい元気な葉色。
 自然には様々な緑色が存在している。

海上8月2-7

 しゃがまないと見逃してしまいそうな地味な黄色。耳かきに似ているから、ミミカキグサ。

海上8月2-8

 こちらは紫バージョン。
 ホザキノミミカキグサ。
 じっくり見ると、耳かきには似ていない。

海上8月2-9

 名前はあるはずだけど、湿地で見かける雑草然とした草。花かもしれない。
 スゲの仲間か、ホタルイとかそっち系か。

海上8月2-10

 キンミズヒキだと思う。
 夏の終わりから秋の始めにかけての野草というイメージがある。

海上8月2-11

 ミゾソバとかアキノウナギツカミとかの仲間だろうか。花の形が似ていて、白色をしている。
 ツルソバとかタニソバとか、そのあたりかもしれない。そばの花も、こんな姿をしている。

 第2回はこれにして終了。
 次回の最終回に続く。
記事タイトルとURLをコピーする
コメント
コメント投稿

トラックバック