見た目不問で茶色いけど普通に美味しいサンデー

料理(Cooking)
見た目不問サンデー

Canon EOS 20D+EF50mm f1.8II



 今日のサンデー料理は、難しいことをあれこれ考えずに、冷蔵庫にある食材を今日食べたいおかずにして食べようということで作った。見た目は問わず、茶色くなっても気にしないようにした結果、やはり茶色系統になってしまったけど、これはもう仕方がないことだ。味と食べたさ重視でそうなった。白しょう油も使い切ってなくなってしまった。

 左手前は、鯛のホイル焼きだ。
 鯛に塩、コショウ、酒を振ってしばらく置き、刻んだ長ネギと大葉を乗せて、オリーブオイルを塗ったアルミホイルでゆるくくるむ。
 ホイルを半開きくらいにして、魚焼きグリルで焼く。こうすると、魚が固くならず、ふんわり柔らかくジューシーに仕上がる。
 タレは別に作る。タマネギのスライスを炒め、酒、みりん、しょう油、豆板醤、マスタード、唐辛子、塩、コショウ、ニンニク、ショウガ、水を混ぜてひと煮立ちさせる。
 白身魚は塩焼きなどでは淡白すぎて物足りないけど、しっかり味付けをしたタレを絡めるとご馳走になる。

 右は、ナスの炒め物が基本になっている。
 ニンジンはスライスして先に下茹でしておく。
 ナスもスライスして塩水に浸けてあく抜きをする。
 ごま油で、鶏肉、ベーコンを炒め、水切りしたナスとニンジンを加え、酒、しょう油、みりん、塩、コショウ、味噌で味付けしながら炒めていく。終盤にトマトのスライスを入れて、少し蒸し焼きにする。
 ひき肉を入れると更に美味しくなると思う。

 奥は、オムレツのような、お好み焼きのようなものに仕上がった。
 木綿豆腐をレンジで水切りしてつぶし、大根のすり下ろしとエビの刻みを加える。卵、カタクリ粉、塩、コショウ、ダシの素を入れて、よく混ぜる。
 フタのできるフライパンに流し入れて、弱火でじっくり蒸し焼きにする。途中でめんつゆを表面に塗り、一度ひっくり返す。
 フワフワ食感のお好み焼きみたいで美味しい。大根おろしがどんな作用をするのか分からなかったのだけど、かすかに感じるくらいであまり影響はなかったかもしれない。ただ、大根おろしの水分をかなり含んでいるから、それがふわふわ感につながった可能性は高い。
 最後に青のりとかつお節を振りかける。

 今回は気合いもてらいもなく、サラッと作ってみた。計画性が最初からあまりなかったとも言える。
 無難といえば無難な仕上がりで、普通に美味しく食べた。驚きはないけど、問題もない。趣味の料理としては合格とは言えないものの、家庭料理としては合格点と言っていい。
 来週はもう少しテーマ性のある料理を作るようにしたいと思う。
記事タイトルとURLをコピーする
コメント
コメント投稿

トラックバック