草薙剣があってもなくても熱田にはたくさんの神がいる <第三回> - 現身日和 【うつせみびより】

草薙剣があってもなくても熱田にはたくさんの神がいる <第三回>

熱田神宮上知我麻神社




 熱田神宮シリーズ第3回。最終回の今回は、境内社をまとめて紹介することにしたい。
 南鳥居近くの上知我麻神社(かみちかまじんじゃ)と別宮・八剣宮。
 ここは南の鳥居から入ってすぐ左手だから、正門から参拝した場合は本宮よりも先にお参りすることになるかもしれない。
 社殿も大きくて、他の小さな摂社、末社とは別格の扱いになっている。
 授与所も独立したものがあって、巫女さんも常駐している。



熱田神宮上知我麻神社拝殿

 上知我麻神社では、ヤマトタケルの奥さんであるミヤズヒメ(宮簀媛命)の父・オトヨ(乎止與命)を祀っている。
 オトヨは、尾張氏の祖神・天火明命(アメノホアカリ)の子孫で、尾張国造(おわりくにのみやつこ)とされる人物だ。いわゆる神の系統ではない。
 国造というのは、その地方の首長のようなものだ。大和朝廷と尾張は、微妙な従属関係にあったようで、ときには反抗的な態度も示していたとも言われている。
 景行天皇の息子であるヤマトタケルに対しては全面協力をしているとはいえ、完全に飲み込まれているという感じではなく、独立に近い形の友好関係だっただろうか。
 それにしても、オトヨの待遇はいい。独立した立派な神社で祀られているのだから。上知我麻神社は、延喜式にも載る式内社だ。



熱田神宮オトヨを祀る

 どういう経緯があったのか、古くから知恵の神様とされていて、受験シーズンになると合格祈願の人たちで大いに賑わうという。
 オトヨに関してはあまり資料もなく、よく分からない。この神社は知恵の文殊さまと呼ばれているくらいだから、賢い人だったのだろうか。
 ここでは、名氏子(なうじこ)というならわしがあって、神託で名前の一字をもらうことができるんだそうだ。いまどきちょっと珍しいんじゃないだろうか。名古屋っ子の中には、熱田神宮で一字もらった名前を持つ人が意外といるのかもしれない。



熱田神宮大黒と恵比寿

 ここのもう一つユニークな点は、左右に大黒と恵比寿を従えていることだ。
 向かって右が大国主社(おおくにぬししゃ)で、オオクニヌシ=大黒様を祀っている。
 日本に仏教が伝来したとき、僧はなんとか一般庶民に仏教を広めようと、日本の神を仏にたとえて説得して回った。それを、本地垂迹(ほんじすいじゃく)という。
 その思想では、日本の神々は仏が化身として現れた権現(ごんげん)なのだということになる。
 たとえば、最高神のアマテラスは最高の仏である大日如来(だいにちにょらい)であり、八幡神は阿弥陀如来、スサノオは牛頭天王といったように、それぞれ対比させている。
 熱田神宮も神仏習合の歴史があるから、これはその名残だろう。



熱田神宮事代主社

 向かって左手には、事代主社(ことしろぬししゃ)があり、コトシロヌシ=恵比寿を祀っている。
 上知我麻神社のことを「えびすさま」と呼んだりもするのはここから来ている。



熱田神宮八剣宮

 別宮・八剣宮(はっけんぐう)。
 708年。元明天皇から新たな神剣を造るようにという勅命があり、その剣を収めるために建てたのがこの別宮だ。
 何故そんな命が下ったのか? 草薙剣が天武天皇に祟ったということで熱田に戻ったのが686年。宮廷にはまだレプリカの天叢雲剣があるはずだ。ひょっとしてもう一度オリジナルの草薙剣を渡すようにということにでもなったのか。そんな話はないけど、怪しくはある。
 元明天皇は、天智天皇の皇女だ。天智、天武の一族は熱田の剣に強いこだわりを見せている。神剣新造勅命にも何か裏があるんじゃないかと疑いたくなる。
 天武天皇亡き後、その妻である持統天皇が皇位を継承し、普通ならその夫婦の息子である草壁皇子や人親王、大津皇子などに皇位が移るはずが、いろいろ謎の若死になどもあり、持統天皇は強引に天智天皇系の孫の文武天皇を即位させている。まるで天武系から無理矢理に天智系へ血統を戻そうとするかのように。
 更に不自然なことに、文武天皇をあとを、その母親で天智天皇の娘である元明天皇が継いでいる。子供から母親への皇位継承など普通じゃ考えられない。元明天皇は皇后にもなっていない。夫が天皇ではない初めての女性天皇だった。
 この元明天皇が、奈良の平城京に都を移した奈良時代初代天皇ということになる(710年遷都)。『古事記』を完成させたのも元明天皇だ。
 新たな神剣が祀られているということで、この別宮は特別扱いとなっていて、社殿も神事も本宮に準じるものとなっている。祭神も本宮と同じく熱田大神だ。
 信長、家康、綱吉などが本殿その他の改修や造営を行ったという記録も残っている。本宮に近いくらい大事にされてきたようだ。
 江戸時代には神剣盗難未遂事件も起こっている。



熱田神宮鳥居

 これが確か南の鳥居だったと思うけど、ちょっと自信がない。
 一通り見て回ったので、そろそろ熱田神宮をあとにすることにした。



熱田神宮下知我麻神社

 境内の中にありながら、一度鳥居をくぐると行けない下知我麻神社(しもちかまじんじゃ)。一番北西にあって、行くなら外から行くしかない。地下鉄神宮西駅を出てすぐ目の前だ。
 乎止與命の奥さんで、ミヤズヒメのお母さんの眞敷刀媛命(マシキトベノミコト)が祀られている。
 こちらは旅の神様だそうで、旅行の安全を祈願するといいらしい。その理由はよく分からない。
 小さな神社だけど、これも式内社だ。



熱田神宮金比羅神社

 19号線を挟んで向こう側に、金比羅神社と、福重寺が並んでいる。ぐるっと回って行くのが面倒だったので、こちらから写真を撮るだけにしておいた。
 少し左には源頼朝生誕地とされる誓願寺がある。それについては以前書いた。
 源頼朝が名古屋人であろうとなかろうと---前編



蓬莱軒

 名古屋で一番歴史があって有名な、ひつまぶしの店「あつた蓬莱軒(ほうらいけん)」。創業は明治6年(1873年)。
 写真は南鳥居を出てすぐにある神宮店だ。本店はここから南へ100メートルほど行ったところにある。そちらは陣屋になっていて雰囲気があるから、せっかくならそちらで食べた方が雰囲気は出る。ただし、どちらもいつも混んでいて行列ができている。
 熱田のこのあたりは昔、伊勢湾に近いうっそうとした森で、蓬莱島とも呼ばれていた。蓬莱というのは、古代中国で東の海にある仙人が住んでいるとされる山のことだ。店の名前はそこから取られているのだろう。



松ゴ神社

 地下鉄伝馬町の駅を目指して歩いている途中、熱田神宮摂社松ゴ神社(ゴ=女后)というのがあったので、寄っていくことにした。
 なんだか、すごいシチュエーションにある。ビルとビルの間の細い路地が参道になっていて、途中で直角に折れているようだ。



民家脇の小さな社

 民家がひしめいているところに、こそっと入り込むようにして小さな社があった。
 人の家の庭に入り込んでしまったような感じだ。



熱田神宮境外社

 境外摂社は3つかと思ったら4つあった。高座結御子神社は前に紹介して、氷上姉子神社は大高だから別としても、白鳥にある青衾神社は寄っておくべきだった。このときはまだ存在を知らなかった。

 現時点で私が熱田神宮について書けるのはここまでのようだ。
 草薙剣や熱田神宮の本当の歴史についてはまだ完全にすっきりしたわけではないけど、またこの話がどこか別のところにつながっていくことだろう。

 熱田神宮の成り立ちは思うほど単純じゃない <第一回>
 草薙剣をめぐる右往左往物語 <熱田神宮第二回>
 
【アクセス】
 ・地下鉄名城線「神宮西駅」下車。徒歩約5分。
 ・地下鉄名城線「伝馬町駅」下車。徒歩約6分。
 ・名鉄名古屋本線「神宮前駅」下車。徒歩約5分。
 ・JR東海道本線「熱田駅」下車。徒歩約12分。
 ・無料駐車場あり(400台分) 17時閉鎖(年末年始は使用不可)
 ・参拝時間 終日(無料)
 ・宝物館 300円 9時-16時半 最終水曜日定休(年末休館)
 
 熱田神宮webサイト
 
関連記事ページ
コメント
非公開コメント

毎回驚くのですが
いったいどうやってこの日記に書いてある事を調べるのですか?

まるで、完成図がないジグソーパズルを、縦横無尽にピースをはめ込んでいくような感覚にとらわれます

2009-06-03 22:24 | from ただとき | Edit

いつも手探り

★ただときさん

 こんにちは。
 神社仏閣や歴史物なんかは、だいたい一夜漬けなんで、いつも綱渡りです。(^^;
 ざっと調べて、見切り発車で書き始めて、情報と知識を組み合わせつつ、書いていくうちに締めくくりを手探りしていくといった感じです。
 ネットがこれくらい発達しなければ書けなかったことばかりなんで、いろいろ勉強できて私自身もありがたいと思ってます。

2009-06-04 01:44 | from オオタ | Edit

今朝、青衾神社行ってきました!

おはようございます、二回目ですが・・;
こちらの単語に触発されて、いって参りました、青衾神社。
見落としてました!あの辺りは大体見尽くしたとおもってたのですが、知らないものですね。
祭神の立て札なんかもないので、変った名前の神社だな、でスルーしてました。
他に、時代とか全然違うけど青大悲寺っていうのが古墳の近くにあるので、青といえばソレでしたがこれからはこちらの神社になりそうです。色々調べると、奥深い雰囲気だし・・
ってことでありがとうございました!

2009-06-09 07:03 | from あかね | Edit

お寺はアウェイなので

★あかねさん

 こんにちは。

 青衾神社、お初でしたか。
 近所でも気づかないところってありますもんね。
 知ってても行かないのが普通だと思うけど。(^^;
 私もあそこは一度行っておかなくてはと思ってます。
 大高の氷上姉子神社も。

 青大悲寺は知らなかったです。
 神社はとりあえず何でも行ってしまうけど、お寺は何かきっかけがないと行かないから、行ってないところはたくさんあります。

2009-06-10 22:50 | from オオタ | Edit

トラックバック

https://utusemibiyori.com/tb.php/1440-0f6c6735