名城公園の藤に間に合わずノラを撮る <名古屋メトロ編-1>

名古屋(Nagoya)
名城公園-1

PENTAX K10D+DA 16-45mm f4



 ゴールデンウィークのお出かけは、とても安上がりなドニチエコきっぷでの名古屋市内巡りだった。600円で地下鉄と市バスが乗り放題なので、時間と体力の許す限りあちこちを回ってきた。最後は体力が私を許さなくなって終わった。くたびれた、もう歩きたくない、どこかに座らせろとものすごい苦情が出て、気持ちが折れた。7時間の間に座っていた時間は30分くらいだったろうか。そりゃあ文句も出ようというものだ。
 そんなわけで、今日はもう体力も気力も残っていないから、写真だけ並べて終わりにしたい。最後に行った名城公園周辺の写真だ。
 一枚目は、とても名古屋らしい風景と言える。左から、市役所、県庁で、右にテレビ塔が見える。今は名駅のビル群が名古屋中心地の風景となったけど、昔はこちらが名古屋を代表する場所だった。栄交差点などもずいぶん様変わりしたから、昔ながらの風景はこのあたりだけになったかもしれない。

名城公園-2

 ゴールデンウィーク中ということで藤棚を楽しみに行ったら、驚いたことに完全に手遅れだった。ほぼすべての花がしなしなになっていた。枯れる間際で、若々しさはまるで残っていない。
 いつもの年だとゴールデンウィーク期間中が一番の見頃で、連休明けに行ってもぎりぎり間に合うというのに、今年は藤も早かったらしい。暖冬はいろんなところで季節感を狂わせるから、やはり冬は冬らしく寒い方がいい。

名城公園-3

 白花は普通の藤に比べて咲くのが遅いから、今ちょうど満開だった。
 とりあえず白花藤だけでも見られてよしとする。

名城公園-4

 堀には渡りのカモも、ユリカモメもいなくなっていた。またいつもの静かなお堀が戻った。
 こちらにツツーッと寄ってくるやつがいると思ったら、アオクビアヒルだった。アオクビは元々いたんだろうか。この場所では初めて見る気がする。

名城公園-5

 お堀の中で、白っぽい鯉が2匹、フッと目の前を横切った。
 慌てて撮ったら、少しブレて幻想的な感じになった。

名城公園-6

 お馴染みの名古屋城。
 特に変わった様子はなく、いつもの姿だったけど、堀端の木々が新緑色になって、春らしいお城風景になっていた。

名城公園-7

 名城公園内は、相変わらずのノラ猫天国だった。
 ここからはしばらく猫撮りになった。猫エサを持っていかなかったのが惜しまれた。

名城公園-8

 雑木林の中で何か動いたと思ったら猫で、1匹を撮っているとどこからともなく別のやつが1匹、2匹と出てくる。

名城公園-9

 猫好きには楽しい場所だ。猫カフェなど行かなくても、ここで猫と思う存分触れ合える。
 よく人に慣れていて、近づいても逃げないやつが多い。慣れすぎていて、無視されることもある。

名城公園-10

 黒猫軍団プラスアルファ。
 クロは兄弟か親子か。

名城公園-11

 ベンチで隣に座ってもしらんぷり。こちらを見ようともしない。

名城公園-12

 バラもだいぶ咲き始めていた。近いうちにどこかへバラを撮りに行こう。

名城公園-13

 だいぶ暗くなってきて、撮影も厳しくなったところで帰ることにする。

 今日はここまで。
 また明日。
記事タイトルとURLをコピーする
コメント
コメント投稿

トラックバック