フラッと渓谷に立ち寄れる守山区民

施設/公園(Park)
白沢渓谷-1

Canon EOS 20D+Canon EF-S 17-85mm f4-5.6 IS / EF 75-300mm f4-5.6 IS



 何か撮るものはないかいなと、プラッと立ち寄った白沢渓谷。そんなに気軽に立ち寄れる場所に渓谷があるのかと驚くかもしれないけど、さすがに名古屋市内ということで人工的に作られた小さな渓谷だ。いくら守山区が名古屋のチベットと呼ばれているとはいっても、自然の渓谷があるほど秘境ではない。
 地図上では城土公園となっているから、名古屋市民でもここの存在を知らない人は多いかもしれない。周りは住宅地だし、すぐそばを東名阪が通っている。普通こんなところに渓谷もどきがあるとは思わない。
 これまで4、5回訪れている。前回は去年の冬くらいだったか。いや、春の桜の時期に行っているか。
 特に何があるというわけでもないのだけど、しばらく間が空くとまたそろそろ行ってみるかという気になる。行ってみて、やっぱりたいして何もないなと思う。

白沢渓谷-2

 これが名古屋市内で唯一の吊り橋だ。長さは6、7メートルくらいだろうか。けっこう本格派で、歩くと吊り橋特有の嫌な揺れ方をする。その感覚は渡り終わっても残って、普通の道を歩いていても地面が揺れているような感じだ。
 気持ちいいような悪いような、どっちか判断したくて意味もなく2往復くらいしてしまう。

白沢渓谷-3

 ボトリと落ちて転がる椿の花。背景に見えているのはソメイヨシノで、桜の季節になるとちょっとした桜並木になる。
 超ローアングルで写真を撮って、猫視線写真というのを思いついた。風景をすべて猫の視線で撮って、その写真を並べてみると面白いんじゃないか。
 猫の目は、どれくらいの画角で見えているんだろう。
 問題は、人目のあるところで撮るのが恥ずかしいという点だ。近くに女子高生なんかが歩いていたら完全に盗撮の人と思われてしまう。道ばたで腹ばいになって写真を撮っていたらどう考えてもおかしいし。
 超ローアングル写真はなるべく人のいないところで撮るのがよさそうだ。

白沢渓谷-4

 水紋写真は、いい条件が揃わないと絵にならない。模様と光と色とが上手く組み合わさったとき、おっ、いいねと思う写真になる。
 本格的に撮るなら三脚を立ててスローシャッターで撮るべきだ。

白沢渓谷-5

 ユキヤナギがポツリポツリと咲き始めていた。そういうえばもうそんな季節か。
 桜との組み合わせで撮ることもあるから、3月から4月にかけてだ。
 ユキヤナギのピークは意外と短くて、油断してると撮り頃を過ぎてしまう。近所にレンギョウの黄色とコントラストで咲くところがあって、毎年撮りたいと思いつつ一度も撮れないでいる。今年は撮りにいこう。

白沢渓谷-6

 公園の脇で少し咲いていたボケの花。
 こんなものが自然に生えているわけはないから、誰かが植えたのだろう。
 結局、この日咲いていた花はこれくらいのものだった。今は早春の花と桜との間で、一時的に木の花は少なくなっている時期だ。桜以降は堰を切ったように一斉にいろんなのが咲いてくる。

白沢渓谷-7

 タンポポもそろそろ普通に咲いている時期になった。
 こうなると次はモンシロチョウだ。まだ今年は見ていない。そろそろなんじゃないか。

白沢渓谷-8

 鳥も少し期待したのだけど、おなじみさんばかりだった。これはムクドリ。一年中どこにでもいる。
 カモも渡りのカモはいなくて、いつもいるカルガモが4羽ほどいただけだった。

白沢渓谷-9

 たぶんハクセキレイ。
 飛んでいるところを撮れるのは珍しい。ただ、こいつはちょっと飛び方がぎこちなかったから、羽を痛めていたのかもしれない。

白沢渓谷-10

 こちらはセグロセキレイ。
 5年前の私には珍しい鳥も、今はもう撮るまでもない鳥となった。このときは他に撮るものがなくて撮っただけだ。
 キセキレイくらいならまだちょっと珍しさはある。

白沢渓谷-11

 守山には陸上自衛隊の駐屯地がある。ここらを飛んでいる自衛隊機は、航空自衛隊小牧基地所属のものだろうか。
 近所に自衛隊がありながら、昔からほとんど馴染みはなかった。上空を飛んでいる飛行機をたまに撮るくらいだ。

 今回は白沢渓谷の魅力をあまり伝えることができなかった気がする。思ったよりも撮るものがなかった。桜の時期にもう一度行って、写真を撮るべきか。
 今年は名古屋も桜が早くなりそうだ。3月中に満開を迎えてしまう可能性がある。そろそろ桜撮りの計画を立てよう。ここ数年はわりとあちこち巡っているから、今年はまだ行ったことがないところに絞り込むつもりでいる。見たい一本桜も何本かあるから、その中の一本は見に行きたいと思う。
記事タイトルとURLをコピーする
コメント
  • 2009/03/15 22:51
    ご近所ネタが小幡緑地に続いてきたので、たまらず出てきました。(笑)
    小幡緑地といい、白沢渓谷といい、サクラ以外は本当に花がありませんね。野草も僅かしか咲いてなくて寂しいです。小幡緑地の隣の畑の畦にはオオイヌノフグリやホトケノザも咲いていますが。
    それだけに、サクラの咲いているときの白沢渓谷は普段が何もないだけにその差からよけいに美しく感ずるのかもしれませんね。
    昨年の白沢渓谷と竜泉寺のサクラ、おまけとして小幡緑地のマメナシの写真を次のところで公開していますので、宜しければご覧下さい。
    http://www.flickr.com/photos/mouming/sets/72157615236574637/
  • 桜も近づく
    2009/03/16 01:30
    ★moumingさん

     こんにちは。
     お久しぶりです。
     元気でしたか?

     最近少し遠出や散策を怠けてるってのもあって、ご近所写真が増えてます。
     出没ポイントが似てるから、どこかですれ違ってそうですね。(^^;

     写真見させていただきました。
     どうもありがとうございます。
     白沢渓谷は桜の季節は華やかになりますね。
     今年もまた行ってみよう。

     小幡緑地のマメナシは一度見たいと思ってました。
     前に中日新聞にも載ってて。
     今年はチャンスがあるかな。
コメント投稿

トラックバック