今日あるレトロ風景が明日も変わらずあるとは限らない <瀬戸レトロ-2>

街(Cityscape)
瀬戸レトロ2-1

Canon EOS D60+TAMRON SP 28-75mm f2.8



 今日は昨日の続きで、瀬戸のレトロ風景第2回です。
 末広町の南に小さな川が流れていて、こちらにもレトロな風景が点在している。この流れは瀬戸川の支流なのか、違う水系なのか、よく分からない。愛知用水かもしれない。
 川沿いの風景というのは、趣があるところが多い。幹線道路沿いは新しい建物が多く、道路が整備される前は川沿いに家が建ち並ぶのが自然だったからだろうか。
 写真は歩いた順序とは少し前後するけど、早速レトロ散策に出発することにしよう。

瀬戸レトロ2-2

 少し変わった雰囲気の門構えだなと見ていると、扉に男と女と書かれている。ああ、そうか、ここが例の銭湯跡か。ネットでここの写真だけ見たことがあって、どこにあるのか場所が分からなかった。
 末広町アーケードを抜けて、右(南)に折れて道なりに歩いて左側だったと思う。

瀬戸レトロ2-3

 少し離れてみると、とても趣のある建物だということが分かる。木造三階建てになるのだろうか。でも、銭湯っぽい建物ではない。
「ゆ」という看板の下に蛭子湯とある。
 2006年くらいまでは営業していたそうだ。
 レトロな風景というのも、年々変化していっている。建物も突然眠りにつくわけではなく、少しずつうとうとするように眠ってゆく。昨日まであった古いものが今日も変わらずそこにあるとは限らない。

瀬戸レトロ2-4

 昔ながらの理容店にも惹かれたのだけど、表に神社の祠があって、そこに目がとまった。赤い格子のところがそれだ。
 屋根神様といい、こういう小さな祠といい、瀬戸と神様との親密な関係が垣間見えて好感が持てる。
 近くに石神社というのもあって、その写真も撮ってきたので、そのうち紹介したい。

瀬戸レトロ2-5

 ほんの数百メートルしか離れてないところに別の理容店がある。こういうレトロな町並のところは、やけに理容店が多い。人口密度に対してカット屋さんが多すぎるように思うのだけど、上手く棲み分けができているのだろうか。足助の町にもたくさんあったのが印象的だった。
 ヘレンカーチスの店ってなんだろうと、家に帰ってから調べたらシャンプーとかのブランド名らしい。昔のハリウッド女優の名前かと思った。

瀬戸レトロ2-6

 名前は罪はないけど、具志堅というとどうしても具志堅用高が頭に浮かんでちょっと笑えてしまう。カンムリワシは強かった。
 でも、具志堅家は旧琉球王国の士族の家系らしいから、世が世ならお坊ちゃんだ。
 アーケードにも沖縄料理店があったし、瀬戸には沖縄の人がたくさん住んでいるのだろうか。

瀬戸レトロ2-7

 一軒の家なのかアパートなのか、もう住んでいないのかまだ住んでいるのか、微妙な古めかしさに味を感じた。
 さすがに住んでないかなと思わせつつ、エアコンの室外機やプロパンのボンベがあるのでもしやとも思う。
 波を打った屋根だとか、つぎはぎのトタンだとか、昭和の名残が色濃い。

瀬戸レトロ2-8

 唐突に場所は飛んで、銀座通り商店街の北へとやって来た。
 これは昔の米屋さんだろうか。もう営業はしていないようだ。
 このエリアもとても入り組んでいて、進むほど坂道になっている。古くからの家と、新しい家が混在している。
 ここからずっと北西に上っていくと窯神神社があって、そこはまだ行ったことがない。次の機会があれば行くことにしよう。今回は無風庵のある高台の方に行った。

瀬戸レトロ2-9

 ここにも神棚を発見した。屋根神様といっていいのかどうか。下の建物は倉庫か何かだろうか。

瀬戸レトロ2-10

 展望台へと続く道にも何気なく窯垣があった。石で作るから石垣で、窯道具で作るから窯垣となる。
 瀬戸の新名所として窯垣の小径というのがあって、以前にそのときのことは紹介した。末広町の東の陶生町にある。仲切町にもあるとは知らなかった。

瀬戸レトロ2-11

 民家の屏も窯垣になっていた。こちらのものはやや新しいように見えた。
 材料には事欠かないだろうから、知恵とも言えるし、見た目もいい。瀬戸の町全体で陶器を前面に出していくと観光地としての魅力が増していくんじゃないかと思う。

瀬戸レトロ2-12

 ここでも廃屋と雑草が戦いを繰り広げていた。
 私は廃墟マニアというところまではいっていなくて、古めかしいものは好きでも廃墟となってしまうとやや興味が薄れる。無残な感じがあって痛々しく思ってしまう。

瀬戸レトロ2-13

 また場所が飛んで、瀬戸川沿いの川村屋賀栄前に出てきた。この建物は現役で使われている観光資源としてもっと有効利用してもいいんじゃないか。外から建物の写真は撮れても、ふらっと入って行きづらい雰囲気があって損をしている。

 瀬戸のレトロ風景第二弾はここまでだ。
 次回はレトロと現在の風景編ということで最終回となる。
記事タイトルとURLをコピーする
コメント
  • リアルオールウェイズ
    2009/03/06 13:35
    まさに、”ザ・昭和”な町並みですね

    銭湯って、本当に少なくなりましたよね
    いまじゃ”健康ランド”に格上げ)なのか、微妙)

    ここ数日、ずっと雨で写真を撮ってません
    老眼も進んできて本当にピント合わせは難しくなってAF頼みです(頼むと、外してくれるけど(爆))
    今、夕焼けの写真を撮ろうとしているのですが、晴れないことには話になりません

    しかも、夕焼けの時間帯が、微妙に仕事時間と重なって撮れないためストレスになってます
  • スーパー銭湯は増えたけど
    2009/03/07 01:33
    ★ただときさん

     こんにちは。

     瀬戸のレトロな部分を寄せ集めると、思った以上に昭和でした。
     この昭和の部分も少しずつ消えてゆくんだろうけど。

     銭湯は、少し前の燃料費高騰でもずいぶん閉鎖してしまったという話です。
     また安くなったからといって復活するのは難しいでしょうね。
     その代わり、スーパー銭湯みたいなのは増えましたね。

     ここのところ、こちらも雨続きです。
     明日は久々によく晴れそうだけど、そうなると出かけられなかったりします。
     だいぶ日が長くなって、夕焼け時間も遅くなってきました。
コメント投稿

トラックバック
  • »
  • »
  • »
  • 今日あるレトロ風景が明日も変わらずあるとは限らない <瀬戸レトロ-2>