意を決して病院へ行くも薬をおみやげにあっさり送り返された - 現身日和 【うつせみびより】

意を決して病院へ行くも薬をおみやげにあっさり送り返された

近所写真-1

OLYMPUS E-510+ZD 14-42mm f3.5-5.6



 薬も医者も苦手な私は、風邪との勝負に負けたとき、どうしても後手に回ってしまう。ゴホンといえば龍角散だとか、風邪かなと思ったらすぐにパブロンとか、そういう基本姿勢がなっていない。風邪になるのが2、3年に1度くらいという頻度だから油断しているというのもある。
 今回はけっこう長引いている。いつもとは違ったやられ方をしているのが気がかりだ。がぁっと悪くなって、山を越して、あとは何日かかけて治していくというパターンではなく、最初に熱とだるさが一気に来て、第二弾として咳と喉に来た。二段構えの攻撃に不意を突かれたのだった。
 とにかく声がかすれて日常会話もままらないのは不便極まりないし、夜は咳との戦いでなかなか寝られないのがつらい。
 今日、とうとう敗北宣言を出して、病院へ行ってきた。風邪で病院へ行くなど、いつ以来か思い出せない。子供の頃は病気がちで、よく病院は行っていた。子供がかかる一通りの病気はした。それで病院が苦手になったというのはありそうだ。
 当然のことながら散策へも行けず、ネタ写真の在庫は底を突いたままだ。冷蔵庫に残ったもので食いつなぐしかないような状態に陥っている。最終的にはマヨネーズを飲んでやり過ごすしかないようなところまで追い込まれそうだ。明日のネタはいよいよなく、日曜もサンデー料理は無理そうだ。家の中にネタは落ちてないものだろうか。
 今日もまた、近所の日常写真でつなぐ。長々と書いている気力もないので、簡単更新になってしまう。仕方がないけど自分自身残念でもある。

近所写真-2

 西日を浴びて、滑り台で遊ぶちびっこたち。
 E-510写真はどうも暗い。コントラストがきつくて、影の部分がつぶれがちになる。レタッチのときのクセもまだ掴めていない。補正の段階では適正なのに、ファイルを圧縮して保存すると妙に暗くなる。RAW現像ソフトとレタッチソフトの相性などもあるんだろうか。
 それと、最近PCの液晶を換えたこともあって、調整具合がまだよく分かっていない。もう少し試行錯誤が続く。

近所写真-3

 たこやき、いかやきの店「どんだけぇ」。
 流行に乗るとそのときはよくても、流行が去った後が危険だ。店名はそうそう簡単に変えるものでもないし。
 となりのパール化粧品店は古い。昔と同じ経営者がそのままやっているわけではないだろうけど、私が子供だったときからすでにここに化粧品店があった。母親のお供で何度か入ったことがある。

近所写真-4

 猪子石西原を過ぎて香流橋へ向かう途中あたり。右手の煙突は、焼却場のもの。正面遠くに名古屋駅のタワー群がちらっと頭を出している。
 名駅の冬の名物となった、駅前イルミネーションが今日から始まった。まだクリスマス気分には早いけど、もうそんな季節になったのか。そのうち機会を見つけて写真を撮りに行こう。

近所写真-5

 ユニーアピタ手前の汁谷交差点。
 かつては左手に郵政のアパートがあって、そこに友達一家が住んでいたから、ここはよく来た場所だ。大学生の頃、東海テレビで深夜のテレホンショッピングのバイトをしていたとき、このあたりが友達との集合場所でもあった。思い返せばこのあたりもずいぶん変わってしまったものだ。
 右手前にあるbook offはたまに出没する。
 この写真は実は、中央にいる名鉄バスを撮ったのだった。写真ではよく見えないのだけど、屋根にハイブリッドの装置が乗っている。少し前から見かけるようになったタイプで、エコ・ハイブリッドバスというんだそうだ。この中にリチウムイオン電池が入っていて、ディーゼルエンジンと併用でクリーンに走る。
 まだこのタイプには乗ったことがないのだけど、いい試みだと思う。私もできることなら太陽電池で走りたい。

近所写真-6

 ここのところガソリン価格の下落ぶりが激しい。一番高かったときはセルフでもハイオクは200円近くまでいった。それがみるみる安くなって、下げ止まらない。
 上の写真は何日か前のもので、ハイオクはまだ140円を超えている。今日見たら136円になっていた。レギュラーは125円だ。
 走り控えとかで、今度はスタンド間での価格競争が起こっている。安くなるのはありがたいことだけど、閉店されてしまっては困るから、ほどほどのところで落ち着いて欲しい。私としては150円を切ってくれれば文句はない。
 それよりも、ガソリン価格上昇のときに便乗値上げをした企業や商品は下げるべきだと思う。
 結局、ガソリン騒動で一番損をしたのはガソリンスタンドだったんじゃないか。

近所写真-7

 私が意を決して病院へ行くときは、自分でよほど駄目だと判断したときで、もうこのまま入院かもしれないというくらいの覚悟を決めていくわけだけど、そんな私の熱い思いとは裏腹に医師は常に冷めていて、あまりの温度差に肩すかしを食ってしまうというのが常だ。私は医者を占い師のように思っているところがあって、黙って座ればピタリと当たるくらいに考えているのだけど、実際はほとんど何も言い当ててはくれない。今回は、えーと、風邪ですね、そんなに悪い状態じゃないですよと、あっさり片付けられてしまった。ああ、そうですかと、私は引き下がるしかない。言われるがままに薬を買って、ありがたく受け取り、そしてすごすごと帰るしかないのであった。
 患者の方はどこまでも可能性を広げて悲観的になり、医者は可能性を狭めていってたいていは楽観的だ。めったに風邪を引かない人間にとって風邪は重大な出来事なのに対して、医者にしてみたらあまりにもありふれていて真剣に向き合おうという気持ちになれない。本当に重大な病気なら医者も気づくのだろうけど、患者は医者の見立てに対してどこか不信を抱いている。何か大事なことを見落としてるんじゃないのか、と。
 風邪というのはある意味とても便利な言葉で、風邪の名の元に片付けてしまっていいのかどうかという疑問がある。風邪の特効薬を発明すれば間違いなくノーベル賞がもらえるというけど、一体風邪って何なんだろう。現代医学は風邪についてどこまで分かっているのか。
 何はともあれ、病院も行ったし、あとは時間をかけて自力で治すしかない。できれば週末で完治させて、来週からは通常の生活に戻りたい。ぐずぐず過ごしていてもいいことはない。

近所写真-8

 元補交差点。元補郵便局があるところ。
 そういえば昔、このあたりは森孝新田字元補160-1とかだった。町名変更で森孝1丁目になったのは、何年くらい前だったろう。子供の頃は住所が長すぎて、懸賞ハガキとか年賀状とかを書くときやっかいだった。住所欄が短い用紙だと収まりきらずにはみ出してしまうなんてこともあった。

近所写真-9

 ここの交差点の名前をいつも思い出せずに、なんていうだっけと思う。そのたびに調べて、そうそう引山住宅東だったと思い出す。
 引山住宅ができる前はなんという名前だったのか、まったく思い出せない。昔ここらは長屋の住宅で、低い町並がどこまでも続いていた。あの長屋がすでに引山住宅という名前だったんだろうか。
 引山のバス停まではまだ片側一車線で、両側には空き地があった。冬の夕暮れどき、空き地から聞こえるコオロギの声を聞きながら、母親と一緒にバス停まで父親を迎えに行ったのを覚えている。頭の上にはたくさんのコウモリが飛び交っていた。今はもう、ぼんやりとした記憶の中にしかあの風景は残っていない。

 長く起きていても風邪がよくなることはないだろうから、今日もとっとと早寝してしまおう。また咳き込んで寝苦しい夜になりそうだ。病院でもらった薬がどれだけ効くか。咳さえ止まってしっかり眠れるようになれば、声の回復は多少時間がかかってもいい。体調はもうそんなに悪くないから、順調にいけばサンデー料理も可能かもしれない。そうなれば一回分のネタになる。
 明日は完全ネタ切れの中、どうなるか自分でも分からない。体の回復具合によっても違ってくる。
 何にしても、また写真を撮りに出かけたい。治ったら、全快記念として自分にレンズでもプレゼントしようか。200mmのf2.8とかいいな。
関連記事ページ
コメント
非公開コメント

お身体、大丈夫ですか?
万年薬付けのおいらがいうのもなんですけど
いままで信頼できなくなった医者の応対に「しばらく様子を見ましょう」って必ず言う医者
そこには二度といきません
こっちは様子見る余裕なんてないっちゅうのw
それからアピタはそちらにもあるんですね、うちでは毎週の遊び場がアピタと化していますwww

この写真はE510がまだあった時の物ですか?
正直どうなんですか?フォーサーズ
フルサイズの一眼の普及機がそろそろ出そうな雰囲気の現在、画質が気になります

2008-11-08 09:24 | from ただとき | Edit

とりあえずはなしで

★ただときさん

 こんにちは。
 医者もいろいろなんでしょうね。(^^;
 確かに風邪なんてたいしたことじゃないといえばそうだけど、もっと重大な病気が潜んでる可能性だってあるから、そのあたりのことまで追求して欲しいところではありますね。
 とりあえずビール、みたいにとりあえず風邪薬を出す医者は信用できないということですね。(^^;

 510は値崩れする前にいったん手放して、崩れ去ってからまた買い戻したのでした。
 半年で中古相場が2万円くらい落ちてますからね。恐ろしいことです。
 でも、あえてフォーサーズを使う理由はないなぁ。2倍換算で得するは望遠だけだし。

2008-11-10 02:04 | from オオタ | Edit

まるでデイトレーダーのような鮮やかな売買と購入ですねwww

2008-11-10 18:13 | from ただとき | Edit

時期が大事

★ただときさん

 こんにちは。
 デジは油断してると、ガクッと相場が下がることがあるので、常に目を光らせてないといけません(笑)。
 売り買いの時期さえ見誤らなければ、すごく安上がりの趣味です。手持ちのものはいつでも換金できる財産だし。

 最近の株の激しい値動きでデイトレーダーたちは一喜一憂してるんでしょうね。
 面白そうだけど、あれだけ上げ下げすると、怖くてPCの前を離れられないんじゃないかな。
 日経平均株価が3万を大きく超えていたバブルの時代は、今となっては嘘みたいな昔話ですね。

2008-11-11 01:48 | from オオタ | Edit

トラックバック

https://utusemibiyori.com/tb.php/1227-f1ebb05e