近所をフィルムで撮ってみてあらためて見えてくるもの <フィルム2回>

フィルム写真(Film photography)
17mm近所編-1

PENTAX Z20 / Canon EOS 620+TAMRON SP 17-35mm f2.8-4+FUJI 400 / Kodak 100



 フィルムシリーズ第2回は、初回に続いて17mmで切り取る近所編となる。前回は本当に近所周りだったけれど、今回はもう少し足を伸ばして私がよく行っている場所を紹介することにした。今日出てきたあたりをぐるぐる回っていると、そのうち私が通ることになる。見つけても石を投げたり追いかけたりしてはいけない。
 1枚目は、晴丘交差点だ。左がレンタル屋で昔はたまに行っていた。正面左にアルペンが見える。ここは相当前からあるスポーツ用品店だ。ただ、私は一社のオリンピックが好きだったので、あっちへ行っていた。テニス関係はいつもあそこで買っていたのに、閉鎖して久しい。この交差点を過ぎた右側にあるbook offはたまに行く。その先には大きな電気屋とPCショップがあって、そこもときどき行く。
 フィルム写真を撮っているとき、ふと思い立って自分が通っていた高校の写真を撮ろうと向かったら、場所が分からなくて愕然とした。ちょっと奥まったところにあって、卒業以来一度も行ってないとはいえ、3年間も通っていた高校の場所を思い出せないなんてことが本当にあるもんだろうか。自分でも信じられなかった。
 結局ナビに教えてもらってどうにか辿り着くことができたものの、周囲はかなり様変わりしていて隔世の感があった。昔は周りにあんなに家が建っていなかった。竹藪や畑に囲まれているようなところだったのだ。
 正門から校舎を見た感じは変わってなくて安心したのと同時に、ずっと長い間思い出さなかった当時の記憶が一気に蘇ってきて、それに焦った私は逃げるように高校をあとにしたのだった。どこにあるか忘れていたということの動揺もあったし、当時の感覚が瞬間的に戻ってうろたえたというのもあった。正門の外から一枚くらい写真を撮っておこうと思っていたけど、それどころではなかった。
 恐ろしくてこれでまたしばらく近寄れそうにない。

17mm近所編-2

 数え切れないほど通っている道だけど、ここの交差点の名前を知らない。知っている道というのは交差点の名前など意識しないから、人に場所を教えるとき交差点の名前を知らなかったことに驚くことがある。
 東名高速を挟んで、こちら側と向こう側では名前が違うんだろうか。そもそも、ここに名前がついているのかどうか。
 昔なら、マルスを過ぎて高速の下の交差点と言ったところだ。今は交差点の角に幸楽苑がある。
 その手前は回転寿司のスシローで、週末の夕方ここを通ると、店の駐車場に入るための車が連なっていて、スシロー渋滞ができている。一度それを知らずに、左車線で延々と待っていたことがあった。工事でもしてるんだろうかと思いながら。そしたら驚いたことにスシローに入るための車の列だったのだ。そんなたいそうな店でもないのだけど。
 高速の下を通って左にはそば処のサガミがある。ここも古い。あまり客が入っているようには見えないけど、長く続いている。昔はちょくちょく行ったけど、最近はまったく行かなくなった。

17mm近所編-3

 大森の雨池。今年は水草の大量繁殖はなかったようで、夏場も池はきれいな状態だった。去年の夏は水草がびっしり池の表面を覆っていて、それを人が手作業で撤去していた。完全駆除に成功したらしい。
 今年もそろそろカモたちがこの池に戻ってくる季節になった。ミコアイサはもう少し先になるだろうか。近場だし、またちょくちょく行くことになるだろう。
 ここは散歩人がぞろぞろ歩いていて、大きなレンズで写真を撮っていると目立つのが難点だ。雨池で写真を撮っている人を見かけたら、それは私である確率がかなり高い。ミコアイサなどはかなり珍しい鳥にもかかわらず、池がマイナーすぎて鳥撮りの人がほとんど訪れない。

17mm近所編-4

 場所も日付も時間帯も、かなり前後している。これは夕焼けの引山交差点だ。露出を間違えているのは、私のせいなのか、カメラの失敗なのか、現像の間違いなのか。手前の車に露出を合わせているから、空の色がおかしくなってしまっている。車は黒つぶれでいいから、空の露出を適正にして欲しかった。
 現像やCD-R書き込みは、一括の機械任せでは限界がある。自分でフィルムスキャナを買うほどフィルムを撮るわけでもないし、どうしたものか。

17mm近所編-5

 上社ジャンクション下の交差点。ここは毎回赤信号で止められるから、よく写真を撮る。頭の上を縦横に走っている道路の造形が面白い。
 17mmレンズを使うことになったとき、思い浮かんだのがこの場所だった。ただ、信号待ちの車の中からでは面白い写真は撮れない。車通りが少なくて明るい時間帯というと、夏場の早朝だ。一度その時間に行って、いろいろな場所から撮ってみたいと思う。歩道橋の上からなら、また違った風景が広がっているだろう。

17mm近所編-6

 カーマの屋上駐車場からの夕焼け。これも露出が間違っている。間違いというか、私の思いと機械の判断が一致していない。私が撮りたかったのは夕焼け空の色で、機械は建物を被写体と思ったようだ。こうなってしまったネガでも、もう一度スキャンし直したら自分の思う露出にできるのだろうか。

17mm近所編-7

 アピタ千代田橋の立体駐車場からの眺め。これも空がおかしい。色合いもピンクが強すぎる。このあたりのネガは、いずれ何らかの形でもう一度焼き直してみる必要がありそうだ。店に頼んでも5本1,000円くらいだから、別の店でやってみるというのも一つの手だ。現像機のクセや店の人の好みなどによっても違う仕上がりになるんじゃないかと思う。
 それはともかくとして、やられた。正面中央に建てかけのマンションが写っているけど、こいつ、一番眺めのいいポジションを奪いやがった。この角度から見ると、ちょうど直線上にナゴヤドーム、テレビ塔、名駅の高層ビル群が並ぶという絶好の位置だったのに、このマンションのおかげで全面的に視界を遮られることになってしまった。そりゃあ、ないぜ。これが自分ちからの眺めだったら悲しすぎる。しかし、よりによってここに建つかなという嫌がらせのような位置だ。もうアピタに夕焼け空を見に行く楽しみがなくなってしまった。こうなったら、あのマンションに住むしかない。

17mm近所編-8

 平和公園の猫ヶ洞池。この夕焼け色も納得はいかない。
 この池はどういうわけか、毎年カモが少ない。周りの森にはけっこうな数の野鳥がいるし、池の水もそれほど悪くなさそうなのに、どういうわけかカモに人気がない。水質なのか、エサが少ないのだろう。
 ここから南へ行った小さな新池には混雑するほどのカモが飛来する。あちらは大通りのすぐ近くで環境も悪そうなのに。カモの好みというのも分からないものだ。鳥の人に訊けば理由は分かるのかもしれない。

17mm近所編-9

 平和公園は大墓地で、行くのを避けている人もたくさんいると思う。かつての私もそうだった。ただ、行ってみると全然変な空気はなくて、明るくて開放的で居心地がいいところだ。見渡す限りの墓石群というのも、見ようによっては壮観だ。この世界が生者と死者で成り立っていることを思い出させてくれる。
 猫ヶ洞池を見て、ぐるりと一周回って、虹の塔を見つつ平和堂に登るというがいつものコースになっている。
 平日の夕方に行くと、よく学生がランニングをしている。すぐ近くの東邦高校の部活だろう。意外性の男、山倉和博もかつてはここを走っていたのかもしれない。
 東邦高校出身者には、天知茂、奥田瑛二、伊武雅刀などがいる。いずれもマニアックな面々だ。
 甲子園のバンビ坂本を今でも覚えている人はどれくらいいるだろう。

17mm近所編-10

 平和堂。見上げるばかりの大きな建物なのに、17mmで撮るとこんなにも小さく見える。それがかえって新鮮で面白い。35mmレンズくらいでは、目一杯下がっても画面に収めるのに苦労するくらいだ。

17mm近所編-11

 この角度からではちょっと分かりづらいけど、地下鉄本郷駅前だ。地下鉄東山線の発着駅である藤が丘の隣で、うちの近所にバス停がある市バスは本郷行きか一社行きなので、近い方の本郷へ行く。車で行くと最寄り駅は上社の方だけど、あちらには路線バスがない。
 本郷駅の思い出としては、ここから乗り合いバスに乗って愛・地球博へ行ったことだ。あれは2005年のことだから、もう3年前になるのか。

17mm近所編-12

 上社も撮ろうと思って寄ったのだけど、車をとめる場所がなくて素通りしてしまった。また撮る機会があるだろうと思ったら、その前にフィルムを使い切ってしまった。シャッターチャンスというのも一期一会で、撮りたいと思ったときに撮っておかないと、永遠に撮れないことが多い。無理矢理にでも、強引にでも、撮るべきシーンでは撮っておかないといけない。
 上の写真は、一社へ向かう東山通だ。東山公園を過ぎると、広小路通と名前を変える。
 この道は、夕方走ると混んでいるから、あまり走りたくない。星ヶ丘、東山公園、本山、覚王山、池下、今池、千種、新栄、栄、伏見、名駅と、終始混雑してゴタゴタしている。タクシーとかの運転も荒っぽいし、走るときは今でも嫌な緊張感がある。

17mm近所編-13

 一社の駅前。個人的にとても馴染み深くて、あまり近づきたくないところでもある。実際、なるべく避けるようにしている。

17mm近所編-14

 打越交差点。昔はよくここも通ったのに、最近はほとんど来なくなった。昔はなんでこんなところへ来ていたのかすら、よく覚えていない。
 角の吉野家はきれいな外観に生まれ変わっていた。この店は吉野家の最初期からあるんじゃないかというくらい古い。私が最初に見た吉野家でもある。ずっと昔に一度だけ入って食べたことがある。

 お馴染みの場所編は、思ったよりも面白かった。ローカルすぎてほとんどの人は知らないところだろうけど、個人的に楽しかったから、第3弾、第4弾と続けていきたい。交差点とか、駅とか、店とか、道とか、知っているところはたくさんあるから、細かく撮撮ろうと思えばいくらでもある。ネタに困ったときは、これをやろう。見慣れた風景も、あらためて写真に撮ってみると、思うところもあるし、語ることも出てくる。
 どこでもとりあえず写真を撮っておくことだ。一枚では価値のない写真も、集まれば一つのネタになる。これもフィルム写真を撮ることで見えたことだった。このシリーズはデジよりもフィルムの方が向いている。またフィルムを買ってきて、フィルム写真も撮ろう。
 そろそろ一度リバーサルフィルムを使ってみてもいい時期かもしれない。失敗覚悟で撮ってみると、そこから見えてくることもありそうだ。
 今回のフィルムシリーズは、明日以降もまだ当分続く。
記事タイトルとURLをコピーする
コメント
  • 2008/10/14 09:57
    フィルム写真、私もたまには撮りたいな~と思いながらもデジに頼っています。。
    撮るならオオタさんのように街角や町並みを撮りたいですね♪
    参考になります♪

    それにしても近くまで来ていらっしゃいましたね~車ですれ違っていたかも・・
    絶対どこかでお会いしてる気がします(笑)
    私にしてもいろいろ馴染みのある場所、説明つきで楽しませてもらいました^^
  • 見慣れた風景
    2008/10/14 12:36
    おっ、RIRICOさんもカキコしてましたか。
    この風景見慣れているのはRIRICOさんと自分くらいかな。
    写真見て、すべてどこで撮ったかわかってしまう。
    自分の出没エリアはこれよりは少し西側かな。
  • 2008/10/15 00:23
    はじめまして

    近所シリーズ楽しかったです。
    1年位前から私の知る限り一番近所のブロガーということでちょくちょく拝見させてもらっていました。(守山区向台1丁目に住んでいました。)
    半年前に引っ越してしまいましたが約10年間住んでいましたので見慣れた風景ばかりの写真を見て思わず書き込みしてしまいました。
    あそこらへんは市の中心部に行くのも郊外に行くのもちょうどよいロケーションで
    いいところですよね。

    第三弾、第四弾もその圧倒的な文章量と共に楽しみにしています。



  • 写り込んでるかも?
    2008/10/15 04:19
    ★RIRICOさん

     こんにちは。

     フィルム写真は、タイムラグができてしまうから、なかなか撮ろうという気にならないんですよね。
     デジのリアルタイム性を知ってしまうと。
     ただ、たまに撮ると、フィルムのよさをまた思い出して、これはこれで悪くないと思うのでした。

     今日は瀬戸の商店街編だったから、更に接近してます(笑)。
     何回か瀬戸編が続くけど、どこもRIRICOさんお馴染みの場所でしょうね。
     そのへんをうろうろしてると私に撮られる恐れがあるから気をつけてください。
  • 次は西エリアに
    2008/10/15 04:22
    ★miho-papaさん

     こんにちは。
     このあたりはmiho-papaさんにとっても行動範囲ですよね。
     最近は名古屋の東や北にもよく出没してますもんね。
     でもテリトリーとしてはもっと西ですか。
     私はそっちはあまり行かないかな。
     近所の街撮りシリーズで、星ヶ丘や本山なんかを撮りたいという計画はあるんですけどね。
     栄の中心もあまり撮ってないから、一度ちゃんと歩いて撮りたいと思ってます。
  • てんこだしょう
    2008/10/15 04:26
    ★okadonaさん

     はじめまして。
     ようこそいらっしゃいませ。
     だいぶ前から遊びに来ていただいていたようで、ありがとうございます。

     okadonaさんは元ご近所さんでしたか。
     向台というとかなり近いですね。
     私、天子田小学校でしたから。
     小学校も一回くらい写真を撮りに行きたいけど、最近は外部の人間に対して警戒心を抱いてるから、下手に写真なんか撮ってると怪しまれそうです。(^^;

     まだ近所のフィルム写真も残ってるし、また撮りに行くこともあると思います。
     文章長いですが、いつでも遊びに来てください。
コメント投稿

トラックバック