月別:2020年08月

記事一覧
  • 魂の救出

     心を閉ざした人にはどんな言葉も届かない。 かつての私もそうだった。 それでも、手を差し伸べ、声をかけ続けることは無駄ではない。そうやってもらうことで救われる命もある。 一番いけないのは孤独に陥ってしまうことだ。孤独は人の魂を殺す。 救える魂は救わなければならない。 誰の手も届かないところに落ちてしまう前に。  ...

    2020/08/10

    言葉(words)

  • 何もない8月のサンデー料理

     何もできないまま8月を迎え、何もできないまま8月が過ぎていく。何もできないまま今年は終わってしまうのだろうか。 まだ信じたくないのだけど、今の状況を普通の状況として受け入れるしかないのかもしれない。もしそうならば、世界はすっかり変わってしまったということだ。 それにしても、何事もないように普通に過ごすわけにもいかず、この夏もどこかへ出かける予定は立てていない。帰省先はもう何年も前からなくなっている...

    2020/08/09

    料理(Cooking)

  • もうひとつの定点観測 ~梅雨時の風景

     梅雨時の風景。 もうひとつの定点観測をお送りします。  ...

    2020/08/08

    日常写真(Everyday life)

  • どっちにしても後悔はする

     やってしまった後悔よりもやらなかった後悔の方が一生残るから何事もやってしまった方がという教えがあるけど、本当にそうだろうか? 私はその考えには賛同できない。 時と場合によるし、物事はそれほど単純ではないからだ。 たとえば行かなくてもいい旅行に行ってコロナに感染して帰ってきてから周りに移して職場や学校を閉鎖に追い込んだ上に自分は後遺症が残ったとしたらどうだろう。それでもやってしまった後悔の方がまし...

    2020/08/07

    言葉(words)

  • 違う物語を

     同じ人生を二度プレイするのは正直しんどい。 たとえ今の人生が名作だったとしても、一度で充分と思う。 繰り返すことで得られる気づきもあるだろうけど、限られた機会なら次は別の人生をプレイしてみたい。 きっとそこには、まだ経験したことのない感動や興奮があるはずだ。  ...

    2020/08/06

    言葉(words)

  • 願い

     願い、望み、祈り。 欲する、頼む、求める。 願望を表す言葉は多い。 それだけ人は欲深いということだろう。 何かが欲しいと願い、何かはいらないと祈る。 人は自分勝手でわがままだ。 この世界はいいことばかりではないと知っているはずなのに。  ...

    2020/08/05

    言葉(words)

  • 見えていない部分

     人の表から見える部分は氷山の一角のようなものだ。 能ある鷹は爪を隠すのたとえ通り、見えている部分は少なければ少ないほどよく、隠れている部分は多ければ多いほどいい。 すべてを晒す必要はないのに、自分を実際に以上に大きく見せようとする人がいる。それは逆効果だ。 表面を磨くよりも、見えていない部分を育てた方がいいことに気づかなければならない。 見えていなくても、分かる人には分かるから、心配しなくていい...

    2020/08/04

    言葉(words)

  • 今許す

     長い目で見れば許せることは、今すぐ許した方がいい。 どんなに許しがたく、感情的に納得がいかなくてもだ。 許すことが手遅れにならないうちに。  ...

    2020/08/03

    言葉(words)

  • 東京オリンピックだったのにサンデー料理

     コロナの再流行でまた動きが止まりかけている。少し前はようやくおさまってきてやれやれと思っていたら、ここへ来て感染者が激増してこれでは終りが見えてこない。 明日は我が身で、いつかかってもおかしくない状況になっている。 本来であれば今頃は東京オリンピックで盛り上がっている頃だった。ニューヒーローやニューヒロインの誕生で日本中が湧くといったこともあっただろうに。 来年の今頃はコロナも昔話になってオリン...

    2020/08/02

    料理(Cooking)

  • 定点観測

     定点観測をお送りします。 もともとこちらで始めたのが定点観測なのだけど、最近はもうひとつの定点観測が増えている。 それでも、こちらの定点観測も続けたい。  ...

    2020/08/01

    日常写真(Everyday life)

魂の救出

言葉(words)
台湾百合

 心を閉ざした人にはどんな言葉も届かない。
 かつての私もそうだった。
 それでも、手を差し伸べ、声をかけ続けることは無駄ではない。そうやってもらうことで救われる命もある。
 一番いけないのは孤独に陥ってしまうことだ。孤独は人の魂を殺す。
 救える魂は救わなければならない。
 誰の手も届かないところに落ちてしまう前に。
 
 

何もない8月のサンデー料理

料理(Cooking)
サンデー料理

 何もできないまま8月を迎え、何もできないまま8月が過ぎていく。何もできないまま今年は終わってしまうのだろうか。
 まだ信じたくないのだけど、今の状況を普通の状況として受け入れるしかないのかもしれない。もしそうならば、世界はすっかり変わってしまったということだ。
 それにしても、何事もないように普通に過ごすわけにもいかず、この夏もどこかへ出かける予定は立てていない。帰省先はもう何年も前からなくなっている。
 この調子では先祖もお盆に戻ってこないのではないか。心の中で思い出すしかないのか。
 子どもたちからも多くの機会を奪ってしまった。こんなにも多くのことを奪う権利が誰にあるというのだろう。
 なんだかやり場のない気持ちを抱えたまま日々を過ごしている。



サーモン

「いつものサーモン」 
 サーモンは余計なことをせず、好きなタレを作って生で食べるのが一番だ。



ジャガイモなど

「野菜と鶏肉炒め」
 ジャガイモ、ニンジン、鶏肉、ブロッコリーを茹でる。
 オリーブオイルでタマネギを炒め、茹でた野菜と鶏肉を加え、酒、みりん、しょう油、コンソメの素、マヨネーズ、塩、コショウで味付けをする。



豆腐とオクラ

「オクラ入り豆腐ゴマ風味」 
 ごま油で豆腐とシイタケを炒める。
 オクラを茹でる。
 酒、みりん、鶏がらだしの素、昆布つゆ、水で味付けする。
 そのまましばらく加熱して、塩で味を調える。
 仕上げに白ごまを振りかける。
 
 

もうひとつの定点観測 ~梅雨時の風景

日常写真(Everyday life)
別定点観測

 梅雨時の風景。
 もうひとつの定点観測をお送りします。



別定点観測2




別定点観測3




別定点観測4




別定点観測5




別定点観測6




別定点観測7




別定点観測8




別定点観測9




別定点観測10

 
 

どっちにしても後悔はする

言葉(words)
ハナムグリ

 やってしまった後悔よりもやらなかった後悔の方が一生残るから何事もやってしまった方がという教えがあるけど、本当にそうだろうか? 私はその考えには賛同できない。
 時と場合によるし、物事はそれほど単純ではないからだ。
 たとえば行かなくてもいい旅行に行ってコロナに感染して帰ってきてから周りに移して職場や学校を閉鎖に追い込んだ上に自分は後遺症が残ったとしたらどうだろう。それでもやってしまった後悔の方がましだと言えるだろうか?
 人はなぜか、後悔することがいけないことのように思い込んでいるところがある。私はその発想自体が間違っていると思う。
 人生に後悔はつきもので、やっても後悔するしやらなくても後悔するのが人の一生だ。後悔しないと頑張ること自体が無駄な気がする。
 後悔というのは一種の思い出で、それはむしろ愛おしいいものではないのか。あの世まで持っていける数少ないもののひとつだ。
 悔いることに固執してはいけない。でも、後悔することを厭う必要もない。
 やるからないか迷ったときは、最悪の結果を想定して、それを受け入れる覚悟を決めることだ。
 どちらにしても後悔はある。選ばなかった方がより大きな後悔をもたらしていたかもしれない。
 
 

違う物語を

言葉(words)
セレクト・スタート

 同じ人生を二度プレイするのは正直しんどい。
 たとえ今の人生が名作だったとしても、一度で充分と思う。
 繰り返すことで得られる気づきもあるだろうけど、限られた機会なら次は別の人生をプレイしてみたい。
 きっとそこには、まだ経験したことのない感動や興奮があるはずだ。
 
 

願い

言葉(words)
8月の満月

 願い、望み、祈り。
 欲する、頼む、求める。
 願望を表す言葉は多い。
 それだけ人は欲深いということだろう。
 何かが欲しいと願い、何かはいらないと祈る。
 人は自分勝手でわがままだ。
 この世界はいいことばかりではないと知っているはずなのに。
 
 

見えていない部分

言葉(words)
マツバギク

 人の表から見える部分は氷山の一角のようなものだ。
 能ある鷹は爪を隠すのたとえ通り、見えている部分は少なければ少ないほどよく、隠れている部分は多ければ多いほどいい。
 すべてを晒す必要はないのに、自分を実際に以上に大きく見せようとする人がいる。それは逆効果だ。
 表面を磨くよりも、見えていない部分を育てた方がいいことに気づかなければならない。
 見えていなくても、分かる人には分かるから、心配しなくていい。
 
 

今許す

言葉(words)
空き地の夏

 長い目で見れば許せることは、今すぐ許した方がいい。
 どんなに許しがたく、感情的に納得がいかなくてもだ。
 許すことが手遅れにならないうちに。
 
 

東京オリンピックだったのにサンデー料理

料理(Cooking)
サンデー料理

 コロナの再流行でまた動きが止まりかけている。少し前はようやくおさまってきてやれやれと思っていたら、ここへ来て感染者が激増してこれでは終りが見えてこない。
 明日は我が身で、いつかかってもおかしくない状況になっている。
 本来であれば今頃は東京オリンピックで盛り上がっている頃だった。ニューヒーローやニューヒロインの誕生で日本中が湧くといったこともあっただろうに。
 来年の今頃はコロナも昔話になってオリンピックを楽しめているだろうか。
 今年の夏くらいつまらない夏もない。子どもたちにとっても持てるはずだった夏の思い出を失ってしまった。子供にとっての一年は大人の一年とは価値が違うから、本当にかわいそうだと思う。
 コロナについては、天を恨んでも天に祈っても意味がないような気がしている。自然の摂理といえばそれまでで、自然に収まるのを待つしかないのだろう。
 8月になっても暑さに慣れていないから、日負けには気をつけたい。



マグロのホイル

「マグロとネギのホイル包み焼き」
 アルミホイルに、マグロ、長ネギの刻み、オリーブオイル、酒、みりん、しょう油、塩、コショウを全部入れて包み、魚焼きグリルで焼く。
 鍋でやるのと変わらないけど、コンロが他の鍋やフライパンで埋まっているときはこの手もある。



ジャガイモと玉ねぎ

「ジャガイモとタマネギの天ぷら」
 天ぷらなんだけど衣がしゃびしゃびすぎて素揚げのようになってしまった。天ぷらは衣の加減が難しい。
 タマネギの天ぷらは辛味が出てしまうので、そこをなんとかしないといけない。
 カキアゲはカキアゲで難しさがある。



鶏肉とアスパラ

「鶏肉とアスパラなど炒め」
 ニンジン、アスパラ、鶏肉、トマトを下茹でする。
 取り出してオリーブオイルで炒め、酒、みりん、和風だしの素、塩、コショウで味付けする。
 
 

定点観測

日常写真(Everyday life)
定点観測

 定点観測をお送りします。
 もともとこちらで始めたのが定点観測なのだけど、最近はもうひとつの定点観測が増えている。
 それでも、こちらの定点観測も続けたい。



定点観測




定点観測3




定点観測4




定点観測5




定点観測6




定点観測7




定点観測8




定点観測9




定点観測10