archive: 2018年01月  1/2

皆既月食を撮っておく

 今日2018年1月31日は皆既月食ということで、私も撮ってみた。 あー、そういえば望遠レンズはないんだった。壊れて手放してしまってからもう何年になるか。使わないとなると意外になくても済むもので、なんとなくそのままになっている。神社に望遠レンズは必要ないというのもある。 望遠がないので手持ちの中で一番長いレンズの60mmマクロで撮った(35mm換算120mm)。 けっこうそれらしい雰囲気で撮れたので満足した。 次の皆...

  •  0
  •  0

綿神社はやっぱり深い

 北区にある綿神社を再訪した(地図)。 前回初めて訪れたのは2015年の1月だった。つい最近行ったばかりのような気がしていたのだけど気づけば3年も経っていた。 同じ季節ということで見た目の印象に違いはなかった。でもやはりここは深みのあるいい神社だ。歴史が積み重なった重みがある。ちょっとそのへんの神社とは違う。 歴史などについては神社サイトの綿神社のページに書いた。【アクセス】 ・地下鉄名城線「黒川駅」か...

  •  0
  •  0

雨上がりの片山神社を訪ねる

 去年の10月、東区の片山神社を訪ねた(地図)。 このときが4回目になるだろうか。5回目かもしれない。最初の印象があまりにも強すぎて2度目、3度目はそうでもなかったのだけど、このときはなかなかの空気を出していた。この感じは他ではちょっと味わったことがない。 ここは延喜式神名帳に載る片山神社を称しているのだけど、片山八幡社がそうじゃないかと個人的には思っている。ここは蔵王権現と呼ばれていた神社だ。山の神み...

  •  2
  •  0

在庫写真より ~その他の写真

 在庫写真より。 今回は、本編からも道行きシリーズからも漏れた写真を、その他の写真としてお送りします。 ...

  •  0
  •  0

1月はもう終わりかサンデー料理

 冬がいよいよ極まった感がある。名古屋は今日も雪がちらついていた。 でも冬が底打ちすれば、あとは暖かくなるのを楽しみに待つだけだ。来月の今頃は梅も咲き出して少し暖かくなっていることだろう。 冬を越えるからこそ春の嬉しさが増す。 気づけばもう1月が終わろうとしている。毎年のことながら、1月の終わりはけっこう驚く。こんなに短かったかなと。2月は更にすぐ終わってしまう。 今日のサンデー料理はちょっと食材不...

  •  0
  •  0

秋に小幡の生玉稲荷神社を再訪した

 守山区小幡の生玉稲荷神社(いくたまいなり-じんじゃ)を訪ねた(地図)。 2013年の12月に訪ねて以来の再訪だった。このときの参拝は9月の終わりだったから、前回とは季節が違っていた。その他は特に変わった様子はなかった。 生玉稲荷神社 創建は1200年頃と、稲荷社としてはけっこう古い。このあたりは歴史的になかなか複雑で、この稲荷社に関しても理解が難しい。 そのあたりについては神社サイトの生玉稲荷神社のページに...

  •  0
  •  0

在庫写真より ~道行き街並み風景

 在庫写真より。 今回は道行き街の風景編をお送りします。 ...

  •  0
  •  0

上前津不明社の祭神名だけは分かった

 中区上前津のどんぐりひろばにある不明社(地図)。 神社名は書かれていないのだけど、祭神が意外な場所に書かれていた。それを見つけたときはちょっと嬉しかった。 提灯台に取り付けられたコンセントの横の部分に、マジックで「津島」「熱田」「秋葉」と書いてある。見たときは笑った。 祭りのとき提灯を吊す場所を間違えないようにという配慮だろう。そのおかげで祭神名を知ることができた。 町内神社か、屋根神様を降ろし...

  •  0
  •  0

岩塚七所社は古くて空気が重い

 中村区岩塚にある七所社(地図)。 名古屋に七所神社が何社かあって、そのいずれも正体が分かりにくい神社なのだけど、その中でも岩塚の七所社が分かりづらさでは一番かもしれない。 古くから岩塚村の中心神社だったのは間違いない。分からないのは御田神社との関係だ。 御田神社は『延喜式』神名帳に載る御田神社のことだというのだけど、昭和7年(1932年)に、884年の年号と「御田天神」と刻まれた鏡が発見されたことから、...

  •  0
  •  0

定点観測 2017 part3

 今日は定点観測シリーズをお送りします。 一枚目は今日の朝。 名古屋はそれほど積もらなかった。 ...

  •  0
  •  0

戸田3丁目の不明社は秋葉か鎮守かそれ以外か

 中川区戸田3丁目にある名前の分からない小さな神社(地図)。 戸田消防団詰所の隣にあるんだから秋葉社だろうと思いつつ、戸田は歴史のある古い土地で周辺には寺院が集まっているからそっち関係の鎮守かもしれないと思ったりもする。 実際のところどうなのかは分からない。調べがつかなかった。消防団とも寺とも関係ない屋根神様かもしれない。 戸田の歴史などについて神社サイトの戸田3不明社のページに書いた。【アクセス】...

  •  0
  •  0

境内をコンビニに明け渡すことになった上野天満宮別宮

 千種区赤坂町交差点角のセブンイレブン駐車場の一角に小さな社がある(地図)。 以前からこの道を通っていた人なら、この場所がかつては神社だったことを覚えているんじゃないだろうか。それがある日突然、コンビニになってしまったときは驚いたことだろう。 駐車場の隅っこにある社が、その神社の名残だ。 上野天満宮別宮ということになっている。 神社が廃社になって跡地に建物が建つということはたまにあることだけど、そ...

  •  0
  •  0

千種区田代町の山神社は柄のいい神社

 千種区田代町にある山神社(地図)。 山神社は「やま-じんじゃ」なのか、「やまがみ-しゃ」なのか、どっちなのだろうといつも思う。江戸時代の『尾張志』を見ると山ノ神ノ社となっているから「やまの-かみの-やしろ」だったのだろう。まあ、今は普通に「やま-じんじゃ」でいいと思うのだけど。 覚王山日泰寺を西から出て少し歩いたところにある。江戸時代、上野村新田の農民たちが山の神を祀ったのが始まりとされる。 個人的...

  •  0
  •  0

名東区藤森の神明社を久々に再訪する

 名東区本郷にある神明社を去年2017年の6月に訪れた(地図)。 初めて訪れたのが2009年だったので久々の再訪となった。もう一度ちゃんと写真を撮り直したいと思いつつ、訪れるのが延びのびになっていた。 神社があるのは本郷1丁目なのだけど、藤森神明社と呼ばれている。これはかつてここが藤森村だったからだ。ただし、以前はもう少し西の低い場所にあったようだ。今は高台の上に建っている。 古墳というわけではなく起伏のあ...

  •  0
  •  0

下茹で時間に注意だサンデー料理

 年が明けたと思ったらまたたく間に1月も後半になっていた。ちょっとびっくりする。 さすがに正月気分も抜けてすっかり平常に戻ったとはいえ、なんとなく納得できない感じがする。自分の中の時間が過ぎる感覚と実時間の過ぎ方が一致しない。まだ1月の10日くらいの感じなのだけど。 今週のサンデー料理はアイディア不足と食材不足で、今ひとつの出来となった。客観的に見れば普段と変わらないように見えるかもしれないけど、主観...

  •  0
  •  0

自由が丘御嶽神社はなかなかの世界観

 千種区自由ヶ丘にある御嶽神社(地図)。 覚王山の墓地の敷地内にある感じなので寺か墓地に関係があるのかとも思ったのだけど、そうではないのかもしれない。 石碑やら石仏やらが乱立していて、一種異様な異空間となっている。普通の人はちょっとひるむと思う。ある程度御嶽慣れした私でも、こ、これは、と思った。 これぞ御嶽ワールド、好きな人は好きなんじゃないかと思う。私もわりと嫌いじゃない。浅野祥雲のコンクリ仏像...

  •  0
  •  0

三重郡朝日町歩き写真

 三重県三重郡朝日町。 ここ最近縁ができて出向いたとき、そのとき旧東海道の案内があってちょっと気になっていた。ここは桑名と四日市の間で、ちょうど旧東海道が朝日町を斜めに縦断するような格好になっている。 再訪の機会があり、神社へ行くついでに町を少し歩きながら撮ってみた。 神社紹介はまたの機会として、今回は朝日町歩き撮り写真をお送りします。 出発はJR関西本線の朝日駅(地図)から。 ...

  •  2
  •  0

名古屋ボストン美術館で鈴木春信展を見る

 名古屋の金山にある名古屋ボストン美術館に鈴木春信展を見にいってきた。 名古屋ボストン美術館は経営が上手くいかず、今年2018年で閉館が決まっている。去年だったかおととしだったかにそのニュースを聞いて終わるまでに一度は行っておかないといけないと思っていた。 期間は明日1月21日(日)までなので、駆け込みになってしまった。興味のある方は明日までなのでギリギリ間に合うか、この記事を見ているのが21日なら本日限...

  •  0
  •  0

上社の日吉神社は名東区を代表する神社だと思う

 名東区上社(かみやしろ)にある日吉神社(地図)。 もともと山王権現だったということで江戸時代までは神仏習合の色合いが濃かったようだ。明治の神仏分離令で日吉社となり、のちに日吉神社に改称した。 わりと近所の神社なのにこれまで一度しか行ったことがなく、去年の5月に再訪して、あらためて見てみると立派な神社だということを再認識することになった。名東区を代表する神社といっていいと思う。 同じ上社村にあった...

  •  2
  •  0

一社の貴船神社はわりと立派だ

 名東区一社にある貴船社(地図)。 貴船にある方を貴船社、一社のものを貴船神社として区別しているのだけど、どちらも正式名は貴船社だ。 社号標の「船」の字が通常のものではなく舟+公の「舩」になっている。これが正式な表記なのかもしれない。 貴船の貴船社がかつての下社村の貴船社で、一社の貴船社がかつての一色村の貴船社だ。上社村にあった貴船社は日吉神社に合祀されてしまって現存しない。 どこの貴船社が一番先...

  •  0
  •  0

貴船の貴船社 ---社は矢白から来ているとすれば

 名東区貴船にある貴船社(地図)。 江戸時代の下社村にあった貴船社で、隣村の上社村と一色村にもそれぞれ貴船社があった。一色村のものが現在一社の貴船神社で、上社村にあったものは上社の日吉神社に合祀されて現存していない。 名古屋市に現存する貴船社は名東区の二社だけだと思うのだけど、何故他のところにはなかったのだろうか。もしくはなくなってしまったのだろうか。逆にいえば、どうして名東区にだけ現存するのか。...

  •  0
  •  0

ようやく行くことができた尾張猿田彦神社が2018年の初詣

 愛知県一宮市の尾張猿田彦神社(地図)にようやく行くことができた。 申年だったおととしの2016年、一度訪ねたいと思いつつ実現せず、去年もなんだかんだで先延ばしにしていたら一年が終わってしまった。これはいけないということで、新年明けて出向くことにした。これが私の今年の初詣だった。 尾張猿田彦神社の元宮は神社の西の木曽川河川敷にあった(地図)。 木曽川周辺は増水による水害が多く、それを少しでも防ぐために...

  •  0
  •  0

安食氏と関わりがあったのか中切の天神社

 北区中切にある天神社(地図)。 福徳、中切、成願寺の川中三郷のうちの真ん中である中切にある天神社だ。 もともとは菅原道真を祀る天神社ではなかったと思うけど、今は道真を祀る神社となっている。 安食重頼や山田重忠が崇敬した神社という話があり、もし本当なら創建は平安時代までさかのぼることになる。すぐには信じられないけどあり得ないことではない。平安時代、このあたりは安食氏が支配した土地で、山田重忠は北区...

  •  0
  •  0

正月気分も抜けたサンデー料理

 正月気分もすっかり抜けて日常が戻った。年末年始もあまり年末年始らしくなかったから境目はあってないようなものだったのだけど。 サンデー料理は今年2回目で、特に変わったところはない。31日に一回休んで飛んでいるのだけど、だからどうということもなかった。そのままやめてしまおうとかも思わず、普通に再開してそのまま続く。週に一度だから続いているというのはある。このペースがちょうどいい。「いつものサーモン」 ...

  •  0
  •  0

矢田川堤防上だった中切神明社

 北区中切にある神明社(地図)。 福徳、中切、成願寺の川中三郷の真ん中ということで中切と名付けられたとされる。矢田川の流路が北に移されるまでは矢田川北堤防の上にあった。矢田川は北へ移り、堤防だけが高台として残った。 中切村には神明社と熊野権現と天神社があったと『寛文村々覚書』などにある。神明社と天神社が残り、熊野権現は合祀された。明治の神仏分離令のときだろうか。 その他、歴史などについては神社サイ...

  •  0
  •  0

新年の挨拶のために一宮の真清田神社を訪ねる<後>

 真清田神社の後編をお送りします。 日が暮れて、社殿もほぼシルエットになった頃。 尾張造はやっぱりカッコイイ。 たくさんのカラスが鳴きながら上空を舞っていた。【アクセス】 ・名鉄/JR「名鉄一宮駅/尾張一宮駅」徒歩約16分 ・駐車場 あり(有料/30分まで無料) ...

  •  0
  •  0

今も矢田川から町を守っているのか福徳町八龍社

 北区福徳町にある八龍社(地図)。 かつての矢田川堤防にあった神社で、矢田川が付け替え工事で北へ移った後もそのままになったので、高台に建つ神社という格好になっている。 そのあたりのいきさつについては神社サイトの福徳町八龍社のページに書いた。 高台だけあって境内に立つとけっこう見晴らしがいい。ただ、昭和5年まではこのすぐ南を矢田川が流れていた風景を思い浮かべるのは難しい。今その場所はすっかり住宅街に...

  •  0
  •  0

新年の挨拶のために一宮の真清田神社を訪ねる<前>

 初詣ではないけど一宮市の真清田神社(地図)を訪ねた。初詣と同じ日に行けば二社目でも初詣といえるかもしれない。 何年ぶりになるのだろう。3年連続3度目の七夕まつりのときに行ったのが2012年だったか2013年だったか。 この日は夕方の日没前で、参拝している間に日が落ちて薄暗くなった。こんな時間に真清田神社を訪れたことはなかったのでちょっと新鮮だった。 夜の神社も撮ってみたいという気持ちは前から持っていて、今...

  •  0
  •  0

定点観測 2017夏の記録

 今日は定点観測シリーズをお送りします。 これは去年2017年の初夏から夏にかけての風景だ。俯瞰では何も変わらないように見えても地上レベルでは小さな変化が絶え間なく起きている。 同じ空は二度となく、同じ風景は二度と撮れない。 こんな郊外の街並みの風景にも季節があって、春には桜が咲くし、夏には緑が濃くなり、秋には紅葉の木々が彩り、冬は冬枯れの景色になる。 光の強さや色も季節によって違う。 一年、二年では...

  •  0
  •  0

松や杉ではなく今はビルに囲まれる東桜の冨士神社

 東区東桜1丁目にある冨士神社(地図)。 桜通の高岳交差点と桜通久屋交差点の間にあって道路に面しているから、桜通を通る人ならそういえばあのへんに神社があったなと思い出すんじゃないだろうか。車をとめておけないので知っていてもなかなか寄れないという人もいるかもしれない。 かつてこのあたりは杉や松の古木が生い茂る鬱蒼とした森だったと聞かされてその光景を思い浮かべることができる名古屋人は少ないだろう。この...

  •  0
  •  0