archive: 2017年01月  1/2

昭和区石坂の須佐之男神社も東区由来

 名古屋市昭和区広路町石坂の須佐之男神社。前回紹介した白髭稲荷大明神とは隣り合ってはいても関係はなさそうだ。白髭稲荷の入り口が南側なのに対して須佐之男神社の入り口は東側にある。社殿も東を向いている。 名古屋では独立した稲荷神社が少ないように、須佐之男神社もあまり多くない。以前紹介した東区に小さな須佐之男神社がいくつある以外は、中村区の素盞男神社や中川区の須佐之男社くらいしかないようだ。愛知県を代表...

  •  0
  •  0

八事の白髭稲荷大明神はワイルドなお稲荷さん

 天白区の神社めぐりをしているとき、地図で見つけた白髭稲荷大明神。 八事の近くだから天白区のように思うのだけど、住所でいうと昭和区広路町になる。八事山興正寺と隼人池の間にあって、エリアとしては八事なのか、いりなかなのか、やや微妙なところだ。 すぐ隣に須佐之男神社がある。地図では隣り合っているように見えるものの、現地に行ってみると間に道路があって入り口もまったく別なので、もともと関係がないような感じ...

  •  0
  •  0

はじめに天ぷらありきのサンデー料理

 今週は天ぷらありきのサンデー料理だった。 天ぷらは何かと手間と時間がかかるから、天ぷらをするなら残りの2品は簡単に作れるものにしたい。できれば切り分けるだけとか、炒めるだけとかがいい。今回はそうなった。 天ぷらは何度やっても理想通りに行かないから、作るたびにがっかりするのだけど、しばらく経つとまた挑戦したくなる。普通に揚げるだけならそれほど難しくはないとしても、美味しくサクッと揚げるのは難しい。...

  •  0
  •  0

道行き人のいる風景 ~見守るように

 人が写っていてもいなくても、人の営みや体温が感じられる写真が好きだ。 誰かが見てても見ていなくても、きっと誰かがあなたを見守っている。 そんな写真が撮りたい。 今日は道行き人のいる風景をお送りします。 ...

  •  2
  •  0

たまたま見つけた大幸八幡社に参拝していく

 名古屋市東区矢田の「ベーカリー67」へ行った帰り道、少し奥に入った向こうに鳥居を見つけて行ってみることにした。(「ベーカリー67」は営業日が金・土のみで夕方前には売り切れて店が閉まってしまうためまだ買えていない) 大幸八幡社とある。 ナゴヤドームのある大幸南よりも北、矢田川のすぐ南側のこんな場所に神社があるとは知らなかった。大通りからはやや奥まった住宅地で、用事がなければここまで入ってくることはない...

  •  0
  •  0

ここ最近のフォトコンのこと

「CAPA 2016年12月号」の「TEKKEN」で「街灯り」が佳作。 この月のテーマが「輝く鉄路」ということで、この写真のことを思い出した。2012年に撮った古いものだ。こうして古い写真でも日の目を見るのは嬉しい。「TEKKEN」は中井氏が長く担当していて、鉄ちゃんじゃなくても参加できるのがいい。国鉄色とかSLとかのテーマの月は私などではどうにもできないのだけど、参加できるテーマのときは参加するようにしている。 最近、あま...

  •  0
  •  0

道行き街角風景 ~七が3つで何と読む?

OLYMPUS E-M5 + Panasonic LEICA 25mm F1.4 在庫写真シリーズ。 今回は置き忘れてきた夏の街角と題してお送りします。 漢字の七が3つの文字をたまに見かける。上の写真の正面の店でも使われている。なんて読むんだろうと気になったことがあったのだけど、調べることもなく放置していた。「喜」の異字体で、「き」「よろこ(ぶ)」と読み方も同じということだ。 こういう同じ字が三つ使われた文字を品文字(しなもじ)というら...

  •  0
  •  0

深島神社は宗像三女神のうちの誰を祀っているのか

OLYMPUS E-M5 + Panasonic LEICA 25mm F1.4 / OLYMPUS 9-18mm 名古屋市北区柳原(やなぎはら)にある深島神社は、宗像三女神の誰かを祀る神社だ。問題は、三女神のうちの誰か、ということだ。 1964年に北区役所が発行した『北区誌』によると、室町時代中期の1450年に九州福岡の宗像神社(宗像大社)から田心姫命(タゴリヒメ)を勧請して創建されたとあり、明治後期から大正にかけて編さんされた『名古屋市史』によると、祭神は...

  •  0
  •  0

守山瓢箪山古墳訪問と歴史の里のこと

OLYMPUS E-M5 + OLYMPUS 9-18mm 決して古墳好きとかではないけれど、気づくとけっこうな数の古墳を巡っている。 東海地方最大とされる熱田の断夫山古墳(だんぷさんこふん)や、ヤマトタケルが眠るという伝説のある白鳥古墳。鶴舞公園近くにある八幡山古墳に、春日井の味美古墳群の中心、二子山古墳などなど。犬山にある復元された青塚古墳は印象に残っている。 名古屋市守山区も古墳の多いところだ。特に志段味は志段味古墳群...

  •  0
  •  0

クルージング・サンデー料理

OLYMPUS E-M5 + OLYMPUS 60mm F2.8 MACRO 大寒も過ぎて1月も早くも後半になっていた。ついこの前正月だと思ったのに。12分の1がこの調子では、今年もあっけなく終わってしまいそうだ。 サンデー料理は1月の二週目から通常運転のクルージングに入った。2017年も変わらないままなのかどうか。何年か前まではその年のテーマみたいなものもあったのだけど、ここ最近はそれもなくなった。ずっと課題だった盛りつけも、今ではもうあま...

  •  1
  •  0

東山植物園便り ---春を探して

OLYMPUS E-M5 + OLYMPUS 60mm F2.8 MACRO 2017年初の東山植物園行きとなった。 去年の暮れは動物園で鳥インフルエンザが発生して、かなり気の毒なことになった。動物園は年末からひと月以上休園していた。植物園は変わらず営業していたのだけど、紅葉が終わって撮るものもあまりないということでしばらく足が遠のいていた。そろそろ新春の花も咲き出したんじゃないかと出向いていったのだった。 鳥インフルエンザはとりえず終息...

  •  0
  •  0

山田重忠について私が書けることのすべて

OLYMPUS E-M5 + Panasonic LEICA 25mm F1.4 名古屋市北区山田の山田幼稚園前に「山田重忠舊里」という碑が建っている。山田天満宮から北へ150メートルほど行ったあたりだ。 園児にとってもその親にとってもなんのことだかでまるで興味がないという人がほとんどだろうけど、ときどき明らかに園児の親とは思えない人物がやってきて写真を撮っていくことを不審に思っている人はいるかもしれない。そもそも、舊里を読めず意味が分か...

  •  0
  •  0

1月の森林公園 ~冬景色から梅へ

OLYMPUS E-M5 + Panasonic LEICA 25mm F1.4 / OLYMPUS 60mm F2.8 1月の森林公園。今年は梅の開花が早いというニュースを聞いて、それじゃあそろそろ行ってみようかということになった。 しかし、森林公園の梅は例年他よりも遅い。今年もやっぱりそうだった。何本かの木がようやくわずかにほころび始めたところで、見頃以前に撮り頃でさえなかった。まだまだ気が早すぎた。 この日は東門から入って展示館まで行って引き返すとい...

  •  0
  •  0

守山区の寺巡り ---利海寺と浄土院

OLYMPUS E-M5 + Panasonic LEICA 25mm F1.4 / OLYMPUS 9-18mm 名古屋市守山区西城(にししろ)にある利海寺(りかいじ)。 守山区の「城跡と寺社めぐりコース」の中にあったので行ってみることにした。 場所は守山中学の西で、浄土院と並んで建っている。 西城という地名は、戦国時代にあった小幡城の西ということで付けられたのだろう。それなら城西の方がよかったんじゃないかと思わないでもないけど、名古屋城の西に城西と...

  •  0
  •  0

道行き街の風景

OLYMPUS E-M5 + Panasonic LEICA 25mm F1.4 今日は道行き街の風景をお送りします。 ...

  •  0
  •  0

昭和区の藤成神明社と塩付街道のこと

OLYMPUS E-M5 + Panasonic LEICA 25mm F1.4 名古屋市昭和区は個人的にあまりイメージがない区なのだけど、鶴舞公園も、八事興正寺も考えてみると昭和区で、まんざら無縁の土地というわけではない。桜名所の山崎川も昭和区を縦断しているし、御器所八幡宮や尾陽神社も去年訪ねた。 今日紹介する塩付通にある神明社は、この辺りの地名から藤成神明社と呼ばれている。藤成という地名は、尾張藩の附家老だった成瀬家から来ている。 ...

  •  0
  •  0

名前のない不時着サンデー料理

OLYMPUS E-M5 + OLYMPUS 60mm F2.8 MACRO 今週末の名古屋はけっこうな雪が降った。サンデー料理は変わらず普段通り。季節や天候にはほとんど左右されない。 冷蔵庫にある食材で、その日食べたい料理を作るのが基本で、応用はめったにない。今日はちょっと着地点が分からないまま作り始めて不時着気味になったものがあったものの、もはや大崩れはなくなった。たまに大失敗していた頃の方が楽しかったといえなくもないのだけど。 ...

  •  0
  •  0

新シリーズ 足元の風景

OLYMPUS E-M5 + Panasonic LEICA 25mm F1.4 足元の風景というタイトルを思いついた。これまで道ばた風景と呼んでいたグループの写真の中で、地面に落ちているものやそれに近いもの、それらの中である種の物語性を感じさせるものを足元の風景と呼んで、あらたにシリーズ化していこうと考えている。その先で今年作るフォトブックのタイトル候補にもなるはずだ。 下を見て歩いていないと気づかないことはけっこうあるもので、ときに...

  •  0
  •  0

塚ノ杁池 ---晩秋の夕景

OLYMPUS E-M5 + Panasonic LEICA 25mm F1.4 / OLYMPUS 9-18mm 名古屋市名東区にある猪高緑地(いたかりょくち)。その中にある一番大きな池、塚ノ杁池を訪れたのは去年の晩秋のことだった。 ここは私にとって飛ぶトンボ撮りポイントのひとつで、夏シーズンに訪れることが多い。2016年は初夏の6月にも一度出向いている。この日訪れたのも、もしかしたらトンボの居残り組がいるんじゃないかと期待したからだった。しかし、すでに影...

  •  0
  •  0

春日井市の小木田神社と貴船神社はセットらしいのだけど

OLYMPUS E-M5 + Panasonic LEICA 25mm F1.4 愛知県春日井市の神社巡りをしているときに立ち寄ったふたつの神社、小木田神社(おぎたじんじゃ)と貴船神社(きふねじんじゃ)を紹介します。 まずはJR中央本線春日井駅の北東にある小木田神社から。 現在、神社がある小木田町の町名はこの神社から来ているのだけど、もともとこの辺り一帯は開田村と呼ばれていた(一時、小木田村の時代もあった)。尾張国篠木荘の一部で、小木田神...

  •  0
  •  0

川のある風景 ~矢田川、庄内川

OLYMPUS E-M5 + Panasonic LEICA 25mm F1.4 他 今日は矢田川、庄内川を中心に、川のある風景をお送りします。 ...

  •  0
  •  0

江戸と昭和の名残をとどめる百人町界隈の風景

OLYMPUS E-M5 + Panasonic LEICA 25mm F1.4 名古屋市東区に百人町という町名の町がある。東京新宿の百人町が伊賀組百人鉄砲隊の屋敷があったことから名付けられたように、名古屋の場合も百人組同心の住宅があったことからそう呼ばれるようになった。 名古屋城から見て東に3キロほどいったところだ。より名古屋城に近い白壁・橦木町には禄高三百石クラスの中級武士の屋敷があり、百人町には禄高百石ほどの下級武士の屋敷が集まっ...

  •  0
  •  0

今年も森孝八劔神社へ初詣に行く

OLYMPUS E-M5 + Panasonic LEICA 25mm F1.4 / OLYMPUS 9-18mm 今年の初詣は1月7日の松の内最終日に森孝八劔神社(もりたかやつるぎじんじゃ)でぎりぎりセーフ。初詣をどこの神社にしようか迷って、結局一番近所にしたのは去年と同じパターンだ。去年は大森八劔神社とのはしご初詣だった。 松の内というのは、門松や松飾りを出しておく期間のことで、この間は家に年神様がいるとされる。その間に初詣をして、年賀状も書き終えて...

  •  0
  •  0

新年明けても普通が一番サンデー料理

OLYMPUS E-M5 + OLYMPUS 60mm F2.8 MACRO 今年最初のサンデー料理。そういえばまだ新年の挨拶をしていなかった。 あめましておめでとうございます。もう8日か。 新年最初くらいは正月らしい料理でもしようかと思ったのだけど、サンデー料理は季節やイベントに左右されず普通が一番だろうということで思い直していつもの料理にした。今回は和寄りなスタンダード・サンデーだ。 皿も盛りつけも背伸びせずにこのまま変わらず続け...

  •  0
  •  0

大永寺と山田重忠に関する混乱気味の考察

OLYMPUS E-M5 + Panasonic LEICA 25mm F1.4 / OLYMPUS 9-18mm 昨日今日と、縁もゆかりもないはずの山田重忠を中心とする山田氏のことが気になって頭から離れない。長母寺、長父寺(大永寺)、長兄寺(長慶寺)と3寺コンプリートしたことで関係者を肩に乗せて連れてきてしまったのかもしれない。しばらく前から背中に鈍痛を感じるのは気のせいと思いたい。 今回紹介するのは長父寺に当たるとされる大永寺だ。地名にもなっているか...

  •  0
  •  0

守山区の長慶寺はいずれにしても山田氏が建てた寺

OLYMPUS E-M5 + Panasonic LEICA 25mm F1.4 / OLYMPUS 9-18mm 名古屋市守山区小幡中にある長慶寺(ちょうけいじ)は、平安時代末期から鎌倉時代前期の武人で御家人の山田重忠が建てた寺のひとつとされる。母のための長母寺、父のための長父寺、兄のための長兄寺がそうだということは長母寺を紹介したときに書いた。 長母寺はカッコイイ禅寺だと思う 長兄寺は字を変えて長慶寺に、長父寺は名を改めて大永寺になったという。 一...

  •  0
  •  0

長久手前熊の多度神社は本当に多度神社だったのか

OLYMPUS E-M5 + Panasonic LEICA 25mm F1.4 / OLYMPUS 9-18mm 愛知県長久手市の前熊にある多度神社を訪ねたのは、去年2016年の6月だった。なので、今年の初詣に行ったわけではない。 香流川沿いを通ってモリコロパークへ行くときに横を通るから一度や二度は行ってブログにも書いたつもりでいたら、まだ行ったことがなかった。ちゃんと参拝して写真を撮ったまではよかったのだけど、半年も放置してしまっていた。 行ったつもりに...

  •  0
  •  0

モノクロームの風景

OLYMPUS E-M5 + Panasonic LEICA 25mm F1.4 他 新年明けて三が日も終わってしまった。生活もブログもそろそろ平常通りに戻さないといけないと思いつつ、今年はまだ本格的に撮りにいっていないから新鮮な写真がない。今日も引き続き去年の在庫からモノクローム風景をお送りします。 ...

  •  0
  •  0

定点観測写真

OLYMPUS E-M5 + Panasonic LEICA 25mm F1.4 他 今日は定点観測写真をお送りします。 今回は2点の観測ポイントから。 こうして並べてみるとけっこう変化があって面白い。定点観測ポイントを増やして、もっと頻繁に撮ることにしよう。毎回のようにここから撮ってるから今日はやめておこうと思って撮らないことがけっこうあるから、それはもったいない。今後シリーズ化していきたい。 ...

  •  2
  •  0

名古屋のちょっといいところ巡りモデルコース

 他県の人から見て名古屋の街に魅力がないと感じるのは、名古屋のことをよく知らないことが一番の要因だと思う。それは知ろうとしない側よりも知ってもらおうという努力が足りない名古屋側に責任があるかもしれない。 確かに、東京、大阪、京都のように見所満載とはいかないし、札幌や博多や横浜なんかに比べてメジャーな観光スポットが少ないということはある。ただ、名古屋も細かいところを見ていけば面白い場所はたくさんある...

  •  0
  •  0