archive: 2016年10月  1/2

植田八幡社を訪れて植田の歴史に思いをはせる

OLYMPUS E-M5 + Panasonic LEICA 25mm F1.4 / OLYMPUS 9-18mm 名古屋市天白区植田西にある植田八幡社(うえだはちまんしゃ)。 塩竈神社など、天白の神社めぐりをしたときに立ち寄った神社のひとつだ。 創建年は不明ながら、神社は植田八幡社古墳の上に乗っかっているそうだから、ルーツはかなり古いかもしれない。 古墳時代中期に作られた全長80メートルの前方後円墳だそうで、この地方ではけっこう大きい部類に入る。 ちな...

  •  2
  •  0

100年後のことは分からないサンデー料理

OLYMPUS E-M5 + OLYMPUS 60mm F2.8 MACRO 10月最後の週末。10月は長いような短いような、早かったようなそうでもなかったような、なんだかとりとめもない月だった。これといったことが何もないまま終わってしまったようにも思う。何をして過ごしてきたのだか、もはや思い出せそうな気がしない。まあ、振り返ってみても過ぎた時間が戻るわけでもなし、前を向くしかあるまい。そろそろ紅葉巡りの計画でも立てようか。 サンデー料理...

  •  0
  •  0

道行き風景 ~進む秋

OLYMPUS E-M5 + Panasonic LEICA 25mm F1.4 今日は道行き風景をお送りします。 季節は初秋から秋へ。道行きの風景も秋が色濃い。 ...

  •  0
  •  0

東山植物園便り ---アサギマダラのいない10月後半

OLYMPUS E-M5 + OLYMPUS 60mm F2.8 MACRO 秋が進む10月後半の東山植物園。 もう一度アサギマダラを撮るチャンスがあるだろうかと期待していったのだけど、すでに旅立ったあとだったようだ。姿を見かけることはなかった。今頃は関西あたりだろうか。 アサギマダラのいない10月の植物園は撮るものがあまりない。花もそれなりに咲いているし、虫も多少はいるものの、気分的に一気に寂しくなったような気がする。もしかしたら10月の...

  •  0
  •  0

松重閘門と名古屋の運河の歴史について

OLYMPUS E-M5 + Panasonic LEICA 25mm F1.4 / OLYMPUS 9-18mm 今日は中川区にある松重閘門(まつしげこうもん)を紹介したいと思う。このブログにも過去に三度ほど登場しているのだけど、そのときはちらっと触れただけで成り立ちなどについては書かなかった。そもそも閘門(こうもん)って何? という人もいると思うのだけど、その前に名古屋の運河の歴史について簡単に説明することにしたい。 名古屋城の外堀と熱田の湊とを結...

  •  0
  •  0

愛知牧場のコスモス畑を撮る

OLYMPUS E-M5 + Panasonic LEICA 25mm F1.4 / OLYMPUS 60mm F2.8 MACRO / 9-18mm 今年も愛知牧場でコスモスを撮ってきた。ここ10年くらい毎年のように出向いている。 タイミングとしては少しで遅れた。遠巻きで眺めればたくさん咲いている状態でいいのだけど、近づいてみると終わった花がだいぶ混じっていて撮りどきの一番いい時は逃した感じだった。一週間くらい早く行かないといけなかった。 とはいえ、たくさん咲いていると...

  •  0
  •  0

今月のフォトコンのこと

「アサヒカメラ 2016年11月号」のカラー・プリント部門で、「オールド・スター」が入選。 いつの間にか選者さんが清水哲朗さんになっていた。シミテツさんが私のことを認識しているかどうかは分からないのだけど、相性がいいことは確かだ。いつでもこちらの意図を汲み取ってくれる。 モノクロプリント部門はハービー山口さんになってるし、アサカメのフォトコンも今後はもう少し力を入れていきたい(力を入れればすぐに入れるほ...

  •  0
  •  0

八事の五社宮を訪ねる

OLYMPUS E-M5 + Panasonic LEICA 25mm F1.4 八事の興正寺から南へ500メートルほど行ったところに五社宮(ごしゃぐう)という神社がある。八事エリアの神社巡りをしているときに地図で見つけた。地図での扱いが小さいのでこぢんまりしたところかと思ったら案外立派な神社だった。このあたりの八事天道という地名はこの神社が由来となっている。 もともとは丹羽郡寄木村(現・江南市寄木町)にあった神社で、天道社(天道宮)と称...

  •  0
  •  0

王子バラ園で秋バラを撮る 2016

OLYMPUS E-M5 + Panasonic LEICA 25mm F1.4 また秋バラの季節がやってきた。バラは初夏の花というイメージが強いけど、10月の半ばから後半にかけても咲くものがある。一般的に秋バラは春バラに比べて香りが強く色が濃く出ることが多いとされている。自分で育てているとそのあたりのことがよく分かるのかもしれないけど、私などにはよく分からない。とにかく秋にも咲くから秋も撮ろうというだけだ。 場所は例によって春日井市の王...

  •  0
  •  0

少しは工夫したいサンデー料理

OLYMPUS E-M5 + Panasonic LEICA 25mm F1.4 10月も気づけば後半に入った。秋の祭りもそろそろ終わりだろうか。土曜日の夜、遠くの方で花火のような音がしていて、こんな時期に花火でもあるまいと思ったら、名古屋港で大きな花火大会があったようだ。名古屋まつりも終わったし、あとはもう紅葉を待つだけか。 今週末もおとなしく過ごしつつサンデー料理はいつもの通り。おなじみの食材で作る少しだけ違う3品が並ぶ。多少なりとも...

  •  0
  •  0

写真ノート<42> ---写真が上手くなるために考えるべき2つのこと

OLYMPUS E-M5 + Panasonic LEICA 25mm F1.4 上手い写真とはどういうことか? それは、空間と時間を支配しているということだ。 空間とは構図であり、時間とは瞬間を意味する。それを意のままにコントロールできればいい写真が撮れるし、コントロールできなければいい写真は撮れないということになる。 上手い写真を撮ることは誰にでもできる。理屈の上では。ただ、実際のところ、誰も彼もが上手く撮れるわけではない。それは一...

  •  0
  •  0

道行き日々の風景

OLYMPUS E-M5 + Panasonic LEICA 25mm F1.4 今日は道行き写真をお送りします。 ...

  •  0
  •  0

10月の森林公園は秋の始まり

OLYMPUS E-M5 + OLYMPUS 60mm F2.8 MACRO 10月の森林公園では、ヒマワリとコスモスの競演を見ることができる。季節が戻ったみたいで嬉しいような戸惑うようなだ。最初に見たときは戸惑いの方が大きかったけど、見慣れたら普通に受け入れられるようになった。こういうのがあってもいい。 この日の一番の目的はアサギマダラを撮ることだったのだけど、まったく姿を見かけなかった。いるときは展示館前のヒヨドリバナのところで見か...

  •  0
  •  0

ご近所鉄道風景 ---夏から秋へ ドクター・イエローのおまけ付き

OLYMPUS E-M5 + Panasonic LEICA 25mm F1.4 / OLYMPUS 9-18mm 中村区へ行った帰り道、庄内川沿いで日没時間が近づいた。夕焼け風景をどこで撮ろうと考えて、久々に枇杷島橋へ行くことを思いついた。 現地に到着したのが夕方の4時半すぎで、カメラを持った人の姿が7、8人いて、もしかしたら今日はドクター・イエローの日かもしれないと思い、撮影場所を決めて私も待ってみることにした。日程は把握していなかったのだけど、名古屋...

  •  0
  •  0

岩屋堂にひっそり咲くダイモンジソウを撮る

OLYMPUS E-M5 + Panasonic LEICA 25mm F1.4 / OLYMPUS 60mm F2.8 MACRO 岩屋堂でダイモンジソウを初めて撮ったのは2009年のことだった。そのときはちらっとしか撮ることができず、もう一度ちゃんと撮りたいと思いつつ月日が流れていた。今年はちょうどいいタイミングで行ける日があったので久々に行ってみることにした。咲いているかどうかは現地に行ってみるまで分からない。時期的に早かったのか遅かったのか、あまりいい状態の...

  •  0
  •  0

黒川ジャンクションの夕方と夜を撮る

OLYMPUS E-M5 + Panasonic LEICA 25mm F1.4 / OLYMPUS 9-18mm 名古屋市北区の北区役所そばにある黒川ジャンクションへ行ってきた。車もないのにジャンクションなんか行ってどうすると言われそうだけど、ジャンクションは車で利用するためだけではなく写真を撮るものでもある。それは一部のマニアだけと思い込むのは間違いだ。ジャンクションは一般人にとっても魅力的な被写体ではないだろうか。今では当たり前のように感じている...

  •  0
  •  0

無所属なサンデー料理

OLYMPUS E-M5 + OLYMPUS 60mm F2.8 MACRO 今週末行われた名古屋まつり行きは見送った。あのなんとも言えない脱力感を誘う祭りは好きなんだけど、また撮りたいという気持ちは起きなかった。相変わらず望遠レンズが壊れたままということもあって。 この土日はかなりいい天気だったから遠出してもよかったのだけど、土曜日に近場で少し撮っただけだった。10月は意外と気ぜわしいような何もないような、捉えどころのない月になってい...

  •  0
  •  0

写真ノート<41> ---撮影テクニックについて

OLYMPUS E-M5 + Panasonic LEICA 25mm F1.4 今回は撮影テクニックについて少し書いてみたいと思う。具体的には、テクニカルな撮影方法をいくつか挙げてみる。 まず思いつくのがフィルターワークだ。 様々な種類のフィルターがあるけど、代表的なものとしてはPLフィルターとNDフィルターがある。 PLフィルター(C-PLフィルター)は風景屋さんの専売特許と思っている人が多いかもしれないけど、意外と使い道は広い。ショーウィン...

  •  0
  •  0

東山植物園便り ---アサギマダラの季節がやってきた

OLYMPUS E-M5 + Panasonic LEICA 25mm F1.4 / OLYMPUS 60mm F2.8 MACRO / 9-18mm アサギマダラの季節がやってきた。夏が終わって涼しくなると山から里へ下りてきて、南へ向かう旅に出る。途中、途中でおなかいっぱい花の蜜を吸って、充分に体力を付けたところで海を渡る。アサギマダラはそんな旅する蝶だ。 愛知県には何ヶ所か立ち寄り地点があって、東山植物園もそのひとつとなっている。奥池の裏手、アジサイ園がある坂道を登...

  •  0
  •  0

千代保稲荷の名古屋支社があった

OLYMPUS E-M5 + Panasonic LEICA 25mm F1.4 東海地方で「おちょぼさん」といえばよく知られた稲荷神社だ。岐阜県海津市にそれはある。 正式名を千代保稲荷神社(ちよぼいなりじんじゃ)という。前から一度行きたいと思いつつ、交通の便が悪いところにあってなかなか行く機会がない。豊川稲荷と比べるとずっと規模は小さいながら、門前町に飲食店などが建ち並び、年間250万人の参拝客がいるというからたいしたものだ(豊川稲荷は...

  •  6
  •  0

名古屋空港で飛行機撮り 2016年秋

OLYMPUS E-M5 + Panasonic LEICA 25mm F1.4 / OLYMPUS 60mm F2.8 MACRO / 9-18mm 約一年ぶりの名古屋空港行き。撮影場所はいつものように滑走路南のエアフロントオアシス。着陸を撮ろうとするとやはりここしかない。離陸機はここからだと遠すぎるのだけど。 日没時間がかなり早くなって、夕方撮りは今の季節、やや厳しい。FDAの離発着は17時台と18時台に集中しているから、日没時間が18時くらいのときが一番いい。その頃だと、昼...

  •  0
  •  0

八事興正寺の千燈供養会あらため千燈祭2016へ行く <後>

OLYMPUS E-M5 + Panasonic LEICA 25mm F1.4 / OLYMPUS 60mm F2.8 MACRO / 9-18mm 昨日の続きで八事興正寺千燈祭2016の後編をお送りします。 ...

  •  0
  •  0

八事興正寺の千燈供養会あらため千燈祭2016へ行く <前>

OLYMPUS E-M5 + Panasonic LEICA 25mm F1.4 / OLYMPUS 60mm F2.8 MACRO / 9-18mm 八事の興正寺で毎年10月に行われている千燈供養会は、今年から千燈祭(せんとうさい)と名前を変えて先週末10月8日、9日に執り行われた。 変わったのは名前だけではなく、日程にも変更があった。名古屋まつりと同じ10月第三週の土日だったのが今年は第二週に前倒しされた。たまたま今年だけだったのか、来年以降もそうなったのかは分からない。稚...

  •  0
  •  0

少し寒くなってきたから和食寄りサンデー料理

OLYMPUS E-M5 + OLYMPUS 60mm F2.8 MACRO 今週末は八事興正寺で千燈祭がおこなわれた。ここ数年、毎年出向いている名古屋の火祭りだ。本当は土曜日に行こうと思っていたのだけど空模様が怪しかったので日曜日にした。なので、今週は前倒しのサタデー料理になった。千燈祭については明日にでも紹介しようと考えている。 土曜日に作ろうが日曜日に作ろうが料理の内容が変わるわけではない。月曜日でもそうだ。毎日作ると内容は必然...

  •  0
  •  0

写真ノート<40> ---おすすめ撮影参考書

No image

 撮影に関する参考書のたぐいは山ほど出版されていて、私も図書館で借りたり古本を買ったりしてこれまでたくさん読んできた。しかしながら、これはすごくためになったなと思えるものはその中のほんの一部でしかない。写真を始めて間もない頃ならともかく、ある程度以上に撮れるようになってから読んで参考になるものは少ない。読んでもすぐに忘れてしまってほとんど覚えていないくらいだ。 それでも何冊かはこれはなかなかいいな...

  •  0
  •  0

一時預かりした子猫のこと

OLYMPUS E-M5 + Panasonic LEICA 25mm F1.4 / OLYMPUS 60mm F2.8 MACRO 里親さんが見つかるまで一時預かりした子猫3匹。生後ひと月ほどで、親がどこかいなくなってしまったらしい。痩せて薄汚れていた。 1匹はすぐに衰弱して死んでしまい、2匹が残った。3匹ともオスだった。 10日ほどの間に風呂に二度入れて、メシもたくさん食べて、そこそここぎれいになった。 いい里親さんが見つかって、無事もらわれていった。2匹とも元気...

  •  2
  •  0

道行き初秋の風景

OLYMPUS E-M5 + Panasonic LEICA 25mm F1.4 昼間はまだ暑さが残る名古屋ではあるけれど、10月に入って朝晩はだいぶひんやりしてきた。まだ秋本番には遠いとはいえ、もう夏ではない。夏はすっかり終わってしまった。 尾張旭の城山は田植えが遅いため、まだ稲刈りがおこなわれていない。淡路島の農家さんから今年もミルキークィーンの新米が届いた。もうそういう季節になったのだ。夏をあきらめて、寒さを受け入れる準備を始めなけ...

  •  0
  •  0

名古屋と近郊で食パンをめぐる旅 ---ル シズィエム サンス/ホーカスポーカス/プーフレカンテ

OLYMPUS E-M5 + Panasonic LEICA 25mm F1.4 天白区原に店を構える「ル シズィエム サンス (Le Sixieme Sens) 」さん。 ル シズィエム サンス……、言いづらい。店の場所が分からず道を歩いているおばあちゃんに、このへんにル シズィエム サンスありませんか? と訊ねてすんなり通じる気がしない。同じ意味の言葉を英語で言えば分かりやすい。ザ・シックスセンス。映画のタイトルにもなった。そう、日本語に訳すと第六感という...

  •  0
  •  0

長母寺はカッコイイ禅寺だと思う

OLYMPUS E-M5 + Panasonic LEICA 25mm F1.4 長母寺は写真映えのするお寺だ。とてもカッコイイ。禅寺らしい風格といったものがある。鎌倉五山を思わせると言ったら少し言い過ぎだろうか。 守山区と東区の境、矢田川の南にその寺はある。矢田川の北には宝勝寺、白山神社、守山城跡などがあり、かつては長母寺も守山村に属していた。それまで南を流れていた矢田川が江戸時代中期の1768年の大洪水で大きく流れを変えることになり、長...

  •  0
  •  0

尾張旭市の一之御前神社を再訪する

OLYMPUS E-M5 + Panasonic LEICA 25mm F1.4 尾張旭市稲葉町にある一之御前神社。初めて訪れたのは2007年のことだった。「忘れた頃にやって来る尾張旭の神社巡り第二弾は一之御前と直會神社」 ちょくちょく前を通るものの、ちゃんと訪れるのは2007年以来二度目だ。もう一度撮り直さなければいけないと思いつつ歳月が流れていた。 一之御前神社(いちのごぜんじんじゃ)に関しては前回もそうだったように、情報が少なくて詳しいこ...

  •  0
  •  0