archive: 2014年09月  1/2

9月の小幡緑地

OLYMPUS E-M5 + Panasonic LEICA 25mm F1.4 / OLYMPUS 60mm / 9-18mm / 75-300mm 9月も何度かトンボ撮りのために小幡緑地へ通った。 行くたびにトンボの数が減っていき、9月の終盤で今年もトンボの季節は終わりかなと思う。 去年と比べればけっこう撮れるようにはなったものの、今年も決定打は生まれなかったような気がする。あと少し、もう少しと思ってもその少しが遠い。 OLYMPUSでもPanasonicでもいいから25mmか30mmの広角...

  •  0
  •  0

夏が去った海上の森

OLYMPUS E-M5 + OLYMPUS60mm F2.8 / 75-300mm 夏が去ってしまう前にもう一度海上の森へ行っておきたかった。 今回はしばらく歩いていなかった池コースを行った。海上池はまだ水が抜かれる前だったものの、篠田池の水が大きく減っていて驚いた。日照りというほど雨不足ではないから、調整か何かで抜いたのだろうか。 おかげでいつもやっている立ち枯れ木水景の長時間露光ができなかった。 季節的に中途半端な時期ということもあ...

  •  0
  •  0

東山動物園行き

OLYMPUS E-M5 + 75-300mm F4.8-6.7 今週も東山植物園は休み。代わりに東山動物園へ行ってきた。 動物園と植物園は園内でつながっているのだけど、全部を歩くとかなりの距離になるし、気持ち的に両立しないので、行くときはどちからに決めて行くことにしている。 動物園行きはちょっと久しぶりだ。今年の冬以来だろうか。 暑さも和らいで、動物たちも平静に戻った様子だった。シロクマさんだけは相変わらず暑そうにしていたけれ...

  •  0
  •  0

型通りのサンデー

OLYMPUS E-M5 + OLYMPUS 60mm F2.8 MACRO もう一週間経ったかと、サンデー料理のときに一番思う。どこを基準にするかで一週間の長さの感覚はずいぶん違う。好きなことを待つ一週間は長いし、嫌なことだと短い。サンデー料理が嫌というわけではないのだけれど。 夏くらいからずっと時間に追われている感じがあって、週末も気持ちが落ち着かない。たぶん10月もそうだ。具体的に忙しいわけではないのに気ぜわしい。 10月はフジコン...

  •  0
  •  0

「これからの写真」展へ行く

OLYMPUS E-M5 + Panasonic LEICA 25mm F1.4 / OLYMPUS 9-18mm 愛知県美術館で開催されている「これからの写真」展に滑り込みで行ってきた。 明日9月28日(日)が最終日だ。 正直、期待したほど面白くなかったというのが感想だ。写真の可能性や未来はあんな程度とは思わない。 畠山直哉や鷹野隆大は写真集などで見て知っているけど、もっと他に面白くていい写真がある。 川内倫子の写真は、あれは何にプリントしているのだろう...

  •  0
  •  0

矢勝川ヒガンバナ ---土手舞台編

OLYMPUS E-M5 + Panasonic LEICA 25mm F1.4 矢勝川ヒガンバナの後編、土手舞台編をお送りします。 午後はずっと太陽が出ていい天気だったのに、日没前になると雲が広がって、空があまり焼けなかった。土手舞台は背景の光と色が重要だけに残念だった。 今年の矢勝川は条件には恵まれなかった。判断ミスで訪れるタイミングも悪かったし、まあ、こんな年もある。撮りれなかったという思いを残してくるから、また次の年も行こうとい...

  •  0
  •  0

矢勝川ヒガンバナ ---ヒガンバナ編

OLYMPUS E-M5 + Panasonic LEICA 25mm F1.4 今年も半田にある矢勝川のヒガンバナに行ってきた。 毎年の恒例で、ここ6、7年は続けて行っている。 今年は例年よりもペースが早いとのことだったのだけど、私が行った23日(火曜日)ではさすがにちょっと早すぎた。まだ全体の半分くらいだっただろうか。 とはいえ、場所によっては終わっているところもあり、まだ全然のところもありとバラツキが大きいから、いつを見頃とするかは難...

  •  0
  •  0

明知鉄道で恵那へ <4>

OLYMPUS E-M5 + Panasonic LEICA 25mm F1.4 / OLYMPUS 9-18mm / 75-300mm 農村景観日本一のうたい文句に惹かれてこの展望台にやって来て景色を眺めたとき、多くの人はちょっとがっかりするかもしれない。確かにのどかな田園風景だとは思うけど日本一ってほどじゃないんじゃないかなと。富山とか新潟あたりに行けばもっとすごい農村風景がありそうだし、実際あるに違いない。北海道のスケールだってこんなものじゃない。 では何が...

  •  0
  •  0

初秋の森林公園

 森林公園行き。 この夏はわりとよく行ったと思う。夏が終わればまたあまり行かなくなる。次に通うのは秋の紅葉のときだ。散り葉撮りのメインスポットのひとつとなっている。 今は夏と秋の間で、あまり撮るものがない。夏の花も終わり、シラタマホシクサも茎が茶色くなり始めていた。ツクツクボウシの声も、遠く小さくなった。 アサギマダラが来ていて、もうそんな季節なんだなと思った。秋はもうすぐそこだ。 ...

  •  0
  •  0

名古屋空港で飛行機を撮る

OLYMPUS E-M5 + Panasonic LEICA 25mm F1.4 / OLYMPUS 9-18mm / 75-300mm 名古屋空港で飛行機撮り。 前回が今年の1月だったから、結構間が空いた。 今の名古屋の日の入り時刻が17時50分くらいなので、撮るにはちょうどいい時期だ。というのも、名古屋空港は17時台に着陸が、18時台前半に離陸が固まっているので、日没前後の夕日、夕暮れ時に撮ることができるからだ。1時間くらいで6機も撮れれば退屈しない。その間に自衛隊機も...

  •  0
  •  0

東山植物園便り ---初秋

OLYMPUS E-M5 + OLYMPUS 60mm F2.8 MACRO 先週一週、東山植物園行きを飛ばしてしまった。間が10日以上空いて季節が進んでしまったかと心配したのだけど、それほどでもなかった。セミやトンボの数がますます減っていたくらいで、花の顔ぶれなどが大きく入れ替わったというほどでもない。アサギマダラもまだ来ていなかった。 それでも季節はもう完全に初秋といった風情で、夏の名残もわずかになった。ここからは早足で秋が進んでい...

  •  0
  •  0

いただきものでサンデー

OLYMPUS E-M5 + OLYMPUS 60mm F2.8 MACRO D&Eの東川さんに飯田みやげのカボチャと梨をいただいたので、サンデー料理のひと品はカボチャに決まった。デザートはもちろん梨で。 あとの2品はなんとなく流れで決定して、今週のサンデーはこんな感じに仕上がった。 この週末は雨も降らずまずまずの天気だったのに、用事に追われて撮りにいくことができなかった。来週は一日でいいから雨が降って欲しい。台風は近づいてこられると困る...

  •  0
  •  0

道行き風景 --8月から9月

OLYMPUS E-M5 + Panasonic LEICA 25mm F1.4 他 今日は、8月から9月にかけて撮った道行き風景をお届けします。 夏が終わろうとしている。...

  •  0
  •  0

二度目の潮見町工場撮り

OLYMPUS E-M5 + Panasonic LEICA 25mm F1.4 / OLYMPUS 9-18mm / 75-300mm 名古屋港の南、ブルーボネットから更に南へ下った先に潮見町がある。 埋め立て地にできた工業地帯で、こんなへんぴな場所を訪れるのは、ここで働いている人か、釣り人か、工場撮りの人くらいだろう。 埠頭に立つと、正面にどんと迫力のある工場が姿を現す。東海市にある新日鐵住金の製鉄所だ。 最近では、なにかというと停電して黒煙を吐く工場として知...

  •  0
  •  0

ザ・モール春日井

OLYMPUS E-M5 + OLYMPUS 9-18mm マイナー・スポット紹介シリーズ、今回は春日井にあるザ・モール春日井のステンドグラス。 国道19号線沿い、春日井インター入り口の西1.7キロほどのところにあるショッピングセンターだ。 西友のようだけど、店内に入ったことはないのでくわしいことは知らない。このステンドグラスの存在を知ったのも最近のことだ。 ちょっと危険な位置から撮っているので、自分もここで撮りたいという方はご注...

  •  2
  •  0

四日市駅から千歳方面へ <後>

OLYMPUS E-M5 + Panasonic LEICA 25mm F1.4 四日市の千歳方面歩きの後編をお送りします。 千才橋を越えた先の千歳町はたぶん埋め立て地だと思うのだけど、すっかり工業地帯で、一般人お断り的な雰囲気が色濃い。実際、こんなところをカメラを持ってとぼとぼ歩いている人はいない。訪れるとしても車だろう。四日市駅から歩くと、埠頭のところまでは40分くらいかかる。 おそらく二度行くところではないだろうから、思い切って埠頭...

  •  0
  •  0

ご近所鉄道風景

OLYMPUS E-M5 + Panasonic LEICA 25mm F1.4 他 今日はご近所鉄道風景をお送りします。 瀬戸電から赤列車が消えて以来、すっかり瀬戸電熱が冷めてしまったのは残念だ。通りすがりでたまに撮っても面白くない。 その代わりというのでもないのだけど、リニモをなんとかカッコよく撮りたいという気持ちが強まっている。一部地下以外は全線高架なので、いい撮影ポイントがあまりない中、一ヶ所、ここはというところを見つけた。 愛...

  •  0
  •  0

明智鉄道で恵那へ <3>

OLYMPUS E-M5 + Panasonic LEICA 25mm F1.4 / OLYMPUS 9-18mm 今日は恵那行きシリーズの3回目をお送りします。 飯羽間駅から富田地区を通って、展望台を目指しているところ。あたりには田園風景が広がっている。 長い距離をとぼとぼ歩き続けていると、自分が今どこにいて何をしているのか、ふっと見失うような瞬間がある。トリップ感覚というと少し大げさかもしれないけど、その感じが好きで旅先ではなるべく歩くようにしている...

  •  0
  •  0

小牧市民四季の森にある螺旋階段

OLYMPUS E-M5 + OLYMPUS 9-18mm F4.0-5.6 小ネタシリーズ。 小牧市の市民四季の森にある螺旋階段。 これが撮りたくて、自転車で片道1時間45分こいで行ってきた。 方向的には明治村方面なのだけど、明治村の帰りに寄るには体力が余っていなくて、なかなか行けなかった。こうなったらこれだけで行くしかないということで重い腰を上げた。 展望塔に登る螺旋階段で、なかなか魅力的だ。絵になる螺旋階段というのはなかなかない。...

  •  0
  •  0

四日市駅から千歳方面へ <前>

OLYMPUS E-M5 + Panasonic LEICA 25mm F1.4 工場夜景を撮りにいった日、JR四日市駅から千歳方面まで歩く道々でも写真を撮った。 四日市駅周辺はなかなかに渋い街並みで、いつかしっかり歩いてみたいと思わせた。レンタサイクルもあるから、それで巡ってもいい。 時刻は夕方から日暮れにかけて。古い街並みには西日がよく似合う。 後半は日暮れの工場地帯を行くことになった。 そのときの様子を前後編に分けてお送りします。 ...

  •  4
  •  0

夜のせともの祭へ

OLYMPUS E-M5 + Panasonic LEICA 25mm F1.4 毎年必ずといっていいほど雨が降るせともの祭だけど、今年は珍しく2日とも快晴だった。こんなに天気のいいせともの祭は久しぶりじゃないだろうか。 なんだかんだでここ数年出向いていて、今年もやっぱり行ってしまった。 去年は花火を撮るためだけに高台の陶祖公園に行った。今年は花火を絡めつつ、夜のせともの祭を撮るのが目的だった。 昼間は陶器を買い求める人がメインで、夜に...

  •  0
  •  0

ジャガイモの天ぷらサンデー

OLYMPUS E-M5 + OLYMPUS 60mm F2.8 MACRO 今週末は土曜日にせともの祭に行って、日曜はちょっとゆっくりしつつ料理をした。 メニューは深く考えず、適当に思いついた3品を作って食べた。 メインはジャガイモの天ぷらで、もしかしたらこれはサンデー料理では初めてだろうか。天ぷらは何度もやっているけど、ジャガイモはやっていない気がする。忘れてるだけかもしれない。「マグロの半生煮」 今回は油を使わず、半生まで煮た。...

  •  0
  •  0

四日市コンビナート ~四日市駅エリア

OLYMPUS E-M5 + Panasonic LEICA 25mm F1.4 / OLYMPUS 9-18mm / 75-300mm 冬に続いて、四日市コンビナートへ行ってきた。 今回の目的は、JR四日市駅を起点としたエリアのサブポイントを補完することだった。四日市駅エリアの中心はなんといっても大正橋で、そこは以前一度撮っている。 今回は、相生橋、千歳、稲葉翁記念公園あたりを巡った。 ただし、千歳に関しては埠頭の入り口に立ち入り制限のようなことが書かれていたので...

  •  0
  •  0

夏の終わりの海上の森ちょこっと歩き

OLYMPUS E-M5 + OLYMPUS 60mm F2.8 MACRO 8月の終わりに少しだけ海上の森を歩いてきた。目的は別にあったので、1時間半くらいの短い散策だった。 今年の夏は去るのが早くて、この日もすでに涼しかったのだけど、森ではまだ夏の気配がけっこう残っていた。ツクツクボウシもよく鳴いていたし、ハッチョウトンボがまだいたのには驚いた。 それでもやはり秋は確実にやって来ていて、足下のキノコもそうだし、夏の花ももう咲いてはい...

  •  0
  •  0

D & Eを訪ねる

OLYMPUS E-M5 + Panasonic LEICA 25mm F1.4 / OLYMPUS 60mm F2.8 宵の明治村でステージを撮らせていただいたhigasikawaさん一家のお店D&Eにお邪魔した。 フォトブックを作ったのでそれを届けるためと、翌日のステージを前にリハーサルをやっているというのでそれを撮らせてもらうという目的もあった。 この日はLawrenceとMauriceのおふたりもいて、リハーサルにも活気があった。 EmiさんやDeniceもそうなのだけど、きっと私が...

  •  0
  •  0

どまつり 2014 <6・最終回>

OLYMPUS E-M5 + OLYMPUS 60mm F2.8 MACRO 今日は、どまつりの最終回をお送りします。 どまつりが終わってからまだ10日くらいしか経っていないのに、なんだかもうずいぶん前の出来事のような気がする。 当日も涼しかったけど、名古屋の夏はもうすでに終わって秋風が吹き始めている。 一年なんてあっけないから、来年の夏も、けっこうすぐにやって来てしまいそうだ。 ほとんどのオフィシャルカメラマンが望遠ズームを使っていて...

  •  2
  •  0

明知鉄道で恵那へ <2>

OLYMPUS E-M5 + Panasonic LEICA 25mm F1.4 明知鉄道に乗って降りたのは、飯羽場駅だった。 農村景観日本一の称号をもらったのが昭和63年。以来、岐阜県恵那郡岩村町はそれを売りにしてきた。その風景を見渡せるようにと、高台に展望台も作った。 初めて訪れたのが2009年の9月だったから、5年後の再訪ということになった。 前回は車で直接行ってしまったから、田園地帯は歩いていない。今回は富田地区から岩村まで、たっぷり歩...

  •  0
  •  0

どまつり 2014 <5>

OLYMPUS E-M5 + OLYMPUS 60mm F2.8 MACRO もう少し続くどまつり写真。 今日は5回目。 どまつりの撮影でいつも考えるのは、背景と光のことだ。 ビルや店がずっと並んでいて、看板やら街灯やら信号機やらがあって、どこもゴタゴタしている。なるべくすっきりした背景を選びたいと思いつつも、いまだ理想的な場所は見つけられてない。 西コースと東コースでは、出場チームが違うので、好きなチームの方で撮りたいのだけど、場所...

  •  0
  •  0

八事山興正寺に大仏来る

OLYMPUS E-M5 + Panasonic LEICA 25mm F1.4 / OLYMPUS 9-18mm / 75-300mm 八事山興正寺に大仏が来た。 高い鋳造技術で知られる富山県高岡市で作られたものだ。 高さは約7メートル、重さ7トン。こんな大きくて重たいものをどうやって富山から運んできたのだろう。 9月6日(土)に運び込まれて、入仏の式典が開催された。日曜、月曜と、3日間、行事は続いたようだ。 前日に中日新聞に大きく広告が出ていたし、当日のニュースで...

  •  0
  •  0

東山植物園 ---夏から秋へ

OLYMPUS E-M5 + OLYMPUS 60mm F2.8 MACRO 晩夏と初秋が同居する9月初めの東山植物園。 この先、どんどん虫が少なくなって、撮るものもなくなっていく。夏が終わる寂しさは何年経験しても慣れることがない。 それでも、街中ではほとんど聞かれなくなったセミの声が、植物園ではまだ盛大に聞こえてホッとした。 夏はもう少しだけ続く。 ...

  •  2
  •  0