archive: 2014年02月  1/2

岩崎御嶽山に行ってみる

OLYMPUS E-M5 + Panasonic LEICA 25mm F1.4 愛知県日進市にある岩崎御嶽山のことを知ったのはわりと最近のことだ。ネットの地図を見ながらどこか行くところはないか探しているときに御岳山という名前が目に入った。 ネットで調べてみると、浅野祥雲のコンクリ像があるというのではないか。これは行かねばならないと思った。 知る人ぞ知るコンクリ仏師、浅野祥雲。私は五色園で初めてその作品に触れ、その後、尾張旭の退養寺や関...

  •  2
  •  0

ぎふローカル鉄博 <6>

OLYMPUS E-M5 + Panasonic LEICA 25mm F1.4 ぎふローカル鉄博シリーズも6回目となった。 今回は美濃市駅前編をお送りします。 以前に一度、美濃市を訪れたことがある。和紙のあかりイベントを見たのを覚えている。街並みもよかった。 今回は駅撮りということであらためて駅をよく見てみて、撮りどころたっぷりの魅力的なところだということを知った。昭和レトロというイベントの趣旨にぴったりの駅だ。 ひとつの駅をこんなに...

  •  0
  •  0

上野天満宮の梅はまだ

OLYMPUS E-M5 + Panasonic 14-42mm F3.5-5.6 梅の咲き具合を確かめるべく、上野天満宮へ。 一部咲き出しているものの、見頃はまだしばらく先になりそうだ。 受験祈願シーズンまっただ中ということで、おみくじやら絵馬やらが満載だった。 せっかくなので、ちょっと撮っていくことにした。 上野天満宮は好きな神社だ。神聖さみたいなものはまるで感じないのだけど、邪気がないというか、威張ったところがなくて、居心地がいい...

  •  2
  •  0

名残の雪風景

OLYMPUS E-M5 + Panasonic LEICA 25mm F1.4 他 今日の名古屋は暖かい雨の一日だった。どうやら今シーズンの雪はもうなさそうだ。 なかなか雪が降らずにやきもきしたものの、立春を過ぎてから二度、積もるくらい降った。その2日間、撮りに行くことができたので、個人的には満足している。少なすぎても物足りないし、多すぎても飽きる。シーズンに2回くらいがちょうどいい。 本編では使い切れなかった雪の日の写真がだいぶ残って...

  •  0
  •  0

道ばた写真

OLYMPUS E-M5 + Panasonic LEICA 25mm F1.4 他 道ばた写真がまたたまっていたので、一度やっておくことにした。個人的にはこのシリーズが一番気に入っている。 今回もまた、道ばたに落ちているものがたくさん集まった。「名もなき風景の声を聞け」の続編のためにも、これからもまだまだ拾い集めていかなくてはいけない。 明日はどんなものが落ちているだろう。...

  •  0
  •  0

フォトコンのこと

 そういえば、富士フイルムフォトコンの結果発表があったのを忘れていた。 http://www.fujifilm.co.jp/fpc/53/photobook/judge/index.html 私の「名もなき風景の声を聞け」は、フォトブック部門の審査員特別賞だった。 内容は結果発表のページで一部見られるようになっている。 来月3月21日に東京のミッドタウンで行われる表彰式に参加するつもりでいる。 今回は東京観光ではなく、テラウチマサトさんに会うのが目的だ。表彰...

  •  0
  •  0

森林公園の春は進まず

OLYMPUS E-M5 + Panasonic LEICA 25mm F1.4 / OLYMPUS 75-300mm F4.8-6.7 これは先週のこと。 森林公園の春はたいして進んでいなかった。東山植物園と比べると、森林公園の春は遅い。相変わらずの冬景色が続いていた。 春を探しつつ、冬を撮りながら、園内のいつものコースを歩いた。 この日はまだ風が冷たくて寒かったけど、日差しはだいぶ春めいてきていた。写真に写る光も、少しずつ変わっていく。...

  •  4
  •  0

ぎふローカル鉄博 <5>

OLYMPUS E-M5 + Panasonic LEICA 25mm F1.4 ぎふローカル鉄博シリーズの5回目を。 ようやくここからがイベントの本編ということになる。 関駅で集合して最初のメニューは、関駅にある車庫を見学することだった。個人では入れないところに入れるといったようなことがあるとイベントに参加した意味がある。「特別な許可を得て撮影しています」というやつだ。 列車に乗っての洗車や、運転席に座ってちょっとした操作をするという...

  •  0
  •  0

スカイワードあさひから

OLYMPUS E-M5 + Panasonic LEICA 25mm F1.4 / Panasonic 45-200mm F4.0-5.6 岩屋堂の帰り、日没時間が近かったので、尾張旭のスカイワードあさひに寄っていくことにした。 この日天気はよく、風も強かったので夕焼けを期待できると思ったのだけど、西の空は低い雲に覆われ、期待したほど空は焼けなかった。東の空はとてもクリアだっただけに残念。西方面は地形の関係か、晴れていてもそこだけ雲がかかっていることが多い。 御嶽...

  •  0
  •  0

ぎふローカル鉄博 <4>

OLYMPUS E-M5 + Panasonic LEICA 25mm F1.4  岐阜ローカル鉄博の続きを。 今回が4回目となるのだけど、ゴールの郡上八幡編はまだ見えてこない。長いシリーズになりそうだ。 上の写真は、関市役所前駅のホームのほぼ全景だ。 見渡す限り田んぼに囲まれ、のどかな雰囲気に包まれている。 で、市役所は? 田んぼ越しに遠く目をやると、なにやら立派な建物が集まっている一角がある。どうやら市役所はあの中のどれかのようだ。...

  •  0
  •  0

東山植物園 ---冬の終わりの感傷

OLYMPUS E-M5 + Panasonic LEICA 25mm F1.4 / OLYMPUS 75-300mm F4.8-6.7 春の始まりは冬の死なのだと、冬の終わりに立ったとき気がつく。 季節は立ち止まらない。人の感傷など置いてけぼりにして、前へ進んでいく。 東山植物園も今、冬と春が混在している。もうしばらくその両方を追いかけることになる。 写真を撮っていなければ、冬はいまわしいだけの季節だった。 今は昔より冬のことが好きになっている。...

  •  4
  •  0

冬の和サンデー

OLYMPUS E-M5 + Panasonic LEICA 25mm F1.4 今週のサンデーは、和の気分だった。暖かくなる前に味噌おでんが食べたいと思って、そこが出発点になった。 主役と方向性が決まれば、あとは簡単だ。食材を見つつ、準主役と脇役を決めていけばいい。その思考パターンがマンネリにつながるといえばそうなのだけど。「マグロとエリンギの和風だれ」 酒、みりん、しょう油、白だし、唐辛子、ショウガに、エリンギ、刻み長ネギ、マグロを...

  •  0
  •  0

今年も岩屋堂でセリバオウレンを撮る

 いつもは2月初旬には出向いている岩屋堂のセリバオウレン(芹葉黄蓮)なのだけど、今年は少し出遅れた。遅刻を覚悟していったら、これまで見たことがないほどたくさん咲いている姿を見ることができた。花期としては後半、撮りどきとしてはやや遅いくらいだろうか。この花はあまり咲きすぎているよりも咲き始めくらいの方が撮りやすい。 今回でもう6、7年目になる。いつも今年こそは撮りきりたいと気合いを入れて臨むのだけど、...

  •  0
  •  0

久々に竜泉寺へ行く

OLYMPUS E-M5 + Panasonic LEICA 25mm F1.4 / OLYMPUS 75-300mm F4.8-6.7 / 14mm F2.5 久しぶりに名古屋市守山区にある竜泉寺に行ってきた。 名古屋には名古屋城を中心として四方に4つの観音寺があり、尾張四観音と称されている。毎年、恵方が決められていて、笠寺観音、龍泉寺、荒子観音寺、笠寺観音、甚目寺観音の順に5年単位で巡っている。 今年の恵方が竜泉寺ということで、節分祭はたいへんな賑わいだったそうだ。当日ちら...

  •  2
  •  0

2月の猪高緑地

OLYMPUS E-M5 + Panasonic LEICA 25mm F1.4 2月の猪高緑地は、春の気配を感じさせないくらいの冬景色だった。 一見すると撮るものが何もないような風景が広がるばかりだけど、よくよく見てみれば、それは冬ならではの繊細な景色だということに気がつく。 生命の残響とでもいおうか。茶色い風景の中に、かつての命とこれからの命が共存しているように思われる。 猪高緑地の春は、もうしばらく先になりそうだ。 3月になったらま...

  •  0
  •  0

ぎふローカル鉄博 <3>

OLYMPUS E-M5 + Panasonic LEICA 25mm F1.4 ぎふローカル鉄博シリーズが途中になっていたので、今日からまたぼちぼち再開していくことにしたい。 イベントの行程は関駅から郡上八幡駅までだったのだけど、それに先だって富加駅と関市役所前駅にも立ち寄って撮った。 富加駅はイベントのコースに入れてもいいくらいレトロで魅力的な駅だった。長良川鉄道にはこういう古い駅が点在している。 つづく。...

  •  0
  •  0

雪の名古屋めぐり ---向野橋

OLYMPUS E-M5 + Panasonic LEICA 25mm F1.4 / Panasonic 14mm F2.5 雪の名古屋めぐり、この日最後の目的地は、向野橋(こうやばし)だった。 前の週の雪のとき、四日市の帰りに寄ろうと思っていたら夜になって寄れなかったので、この日はどうしても行っておきたかった。 名古屋駅から近鉄に乗ってひと駅、米野駅(こめの)で降りて、400メートルほど歩いたところに架かっている橋だ。 これまで何度かこのブログに登場している...

  •  0
  •  0

雪の名古屋めぐり ---大須観音

OLYMPUS E-M5 + Panasonic LEICA 25mm F1.4 雪の名古屋めぐり第二弾は、大須観音だった。 ここもおととしの雪の日に訪れている。そのとき撮れそうで撮りきれなかったから、いつかもう一度雪のときに訪れたいと思っていた。 残念ながら、興正寺のとき以上に雪は溶けてしまっていたのだけど。 私にとって大須で撮るべきものは大須観音だけなので、これで大須をあとにした。 もう一ヶ所、行きたいところがあったのだった。 依然...

  •  0
  •  0

東山植物園 ---本編漏れ写真

OLYMPUS E-M5 + Panasonic LEICA 25mm F1.4 / OLYMPUS 75-300mm F4.8-6.7 毎週の東山植物園便りから漏れる写真が週に二、三枚ある。そのまま季節の移ろいとともに使えなくなってしまうことも多いのだけど、冬から早春にかけては季節の変化が遅めなので、春、夏に比べると消費期限が延びる。 というわけで、今日は本編漏れした東山植物園の写真を集めて紹介することにしたい。年末くらいのものも何枚か混じっているかもしれない。...

  •  2
  •  0

何事もなくサンデー

OLYMPUS E-M5 + Panasonic LEICA 25mm F1.4 風の強い日曜日だった。天気はよかったので、出かけるには悪くない一日だったかもしれない。 今週末は用事を済ます以外は撮影行きはなし。先週あちこち出かけて写真の在庫は充分な状態になった。どうやらこの冬も無事に乗り切れそうだ。風邪など引いて寝込まなければだけど。 今週のサンデーも、特別変わったことはなく、無事に作って食べて、平和に終わった。色味としてはわりと明る...

  •  0
  •  0

東山植物園便り ---早春から春へ

OLYMPUS E-M5 + Panasonic LEICA 25mm F1.4 / Panasonic 45-200mm F4.0-5.6 梅が咲いた。 雪は降っても、季節は早春から春へと静かに移り変わりつつある。 今年が始まってもうひと月半経った。あとひと月半でもう桜だ。 季節は歩みをとめることがない。 新しい写真のお仲間makikoさんと東山植物園で合流して一緒に撮った。 撮るものを見つけるのに苦心した季節がようやく終わり、東山植物園もまた楽しくなってきた。春の花が...

  •  3
  •  0

雪の名古屋めぐり ---興正寺

OLYMPUS E-M5 + Panasonic LEICA 25mm F1.4 + FL-36R 先週の土曜日に続いてまた雪になった。 深夜から朝方にかけてよく降った雪は、昼前には雨に変わった。これも先週と同じ流れだ。 ただ、今日の方が降る量は多かったようで、名古屋近郊の鉄道はあちこちが運休になっていた。 それでは遠出は難しいということで、地下鉄を使った雪の名古屋めぐりをすることにした。 最初に向かったのは、八事山興正寺だった。ここはおととし...

  •  0
  •  0

ぎふローカル鉄博 <2>

OLYMPUS E-M5 + Panasonic LEICA 25mm F1.4 ローカル鉄博シリーズ2回目の今日は、駅にまつわるレトロなものを中心にお届けします。 まだまだ続きます。...

  •  0
  •  0

ぎふローカル鉄博 <1>

OLYMPUS E-M5 + Panasonic LEICA 25mm F1.4 岐阜県で開催されている「ぎふローカル鉄道博覧会2014」に、mihopapaさんと一緒に行ってきた。 岐阜県を走るローカル鉄道、長良川鉄道、樽見鉄道、明智鉄道、養老鉄道が協賛して様々なイベントプログラムを行っている。期間は2月1日から3月23日までで、私たちが参加したのは長良川鉄道で行われたナガ鉄昭和レトロを探す旅というイベントだった。 関駅を出発して、美濃市駅で途中下車...

  •  0
  •  0

森林公園の春はまだ遠い

OLYMPUS E-M5 + Panasonic LEICA 25mm F1.4 / OLYMPUS 75-300mm F4.8-6.7 2月前半の森林公園。春はまだ遠かった。 春探しをあきらめて、冬を撮った。 そして、最後の最後に足下に春を見つけた。 冬を越えてこそ得られるささやかな喜びがある。 森林公園の春は、のんびり待つことになる。...

  •  6
  •  0

雨の四日市コンビナート

OLYMPUS E-M5 + Panasonic LEICA 25mm F1.4 / OLYMPUS 75-300mm F4.8-6.7 / 14mm F2.5 雪のコンビナート風景を撮りたくて四日市まで行ったものの、現地は雨。雪は道路脇などに残っているだけだった。 とても残念ではあったのだけど、雨にけぶるコンビナートも、それはそれで魅力的だった。 気温は1度と低く、雨が降って風ない状態だったので、あたり一面水蒸気が立ちこめて、普段とは違う表情を見せていた。 JR富田浜駅から霞...

  •  2
  •  0

2014年初雪

OLYMPUS E-M5 + Panasonic LEICA 25mm F1.4 土曜日の午前中、名古屋も雪が降った。積雪は今シーズン初だ。 雪の状況によってどこへ行こうかあれこれ考えていたのだけど、思ったほどは降らず、どうしようか迷ってしまった。どうせならもっと盛大に降ってくれた方が写真としては面白いものになったのに。 それでもチャンスはチャンスなので、出かけないという選択肢はなかった。バスも鉄道も通常通り動いているとのことで、出かけ...

  •  2
  •  0

成りゆきサンデー

OLYMPUS E-M5 + Panasonic LEICA 25mm F1.4 サンデー料理のメニューを考えながら、もう一週間経ってしまったかと思う。基準にするものによって一週間が短く感じられたり、長く思えたりするものだけど、料理の場合はやはりどこかでわずらわしさを感じているのだろう。とはいえ、もうやめたいとか思っているわけでもない。週に一度というのは、飽きずに続けられるいいペースだ。 今週末は土曜日が雪のち雨で、日曜はよく晴れた。今...

  •  0
  •  0

東山植物園便り ---2月のはじまり

OLYMPUS E-M5 + Panasonic LEICA 25mm F1.4 / Panasonic 45-200mm F4.0-5.6 東山植物園は、一週ごとに春が進んでいくのを発見する。それと同時に、冬が去りつつあるのも感じる。 冬と春がバトンタッチするときが近づいた。ある日、パンと手と手の鳴る音を耳にして、ハッとする。あ、春、と。 ただ春を待つしかなかった1月が終わり、早春を追いかける2月になった。まだ季節の足取りは緩やかだ。それでも2月なんてのはすぐに終わ...

  •  0
  •  0

東山動物園へ

OLYMPUS E-M5 + OLYMPUS 75-300mm F4.8-6.7 久しぶりに東山動物園に行ってきた。 寒さのせいか、外に出ていない動物もけっこういて、いつもより顔ぶれが少なかったのはちょっと残念だった。 アジアゾウの新屋舎は完成したものの、他の工事も続いていて、園内はまだ落ち着きを取り戻していない。新しい設備も増えて、東山も少しずつ変わっていっている。 新しく生まれた命がある一方で、もう会えない動物が一頭、また一頭と増え...

  •  0
  •  0