archive: 2013年06月  1/2

東山植物園便り ---夏の気配

SONY α55 + MINOLTA 50mm f2.8 MACRO / TAMRON 180mm f3.5 今週も東山植物園は曇り。 曇りは全体にやわらかい光が回っていいという考え方もあるのだけど、暗くてシャッタースピードが上がらないし、メリハリがなくなるから、やっぱり光があった方が好きだ。それも強いほどいい。 6月の植物園は、あまり大きな変化がなく、季節の歩みはやや停滞している。それでも、少しずつ夏の花も出てきて、トンボも増えてきた。夏はもう遠く...

  •  1
  •  0

趣味の料理未満サンデー

SONY α55 + MINOLTA 50mm f2.8 MACRO + 5600HS(D) 今週も例のごとくのサンデー料理。毎日の夕食以上、趣味の料理未満という位置づけの3品。あわてずのんびり作って、美味しく食べた平和な日曜日の夕。「マグロのステーキ風」 マグロに塩、コショウ、酒を振ってしばらく置く。 アスパラは皮むきをして、下茹でする。 オリーブオイル、ショウガで、トマト、マグロ、アスパラを炒める。 酒、みりん、白だし、塩、コショウで味付...

  •  0
  •  0

三つ叉ふれあい公園ハスに遅刻

SONY α55 + MINOLTA 50mm f2.8 MACRO / TAMRON 180mm f3.5 ハスは7月になってからでいいだろうとゆったり構えていたら、出遅れた。下見のつもりで行った春日井の三つ叉ふれあい公園では、多くの花が落ち、すでに見頃を過ぎていた。しまった。 どうやら今年は6月の半ばには咲きそろったようで、いつもの年よりも早かった。下見なので時間帯としても遅く、状態のいい花は少ししか残っていなかった。 ただ、ハスの花は次々順番に咲...

  •  2
  •  0

6月の明治村 <後>

SONY α55 + SONY 35mm f1.8 明治村後編は、室内写真を中心にお届けします。 最初の頃は建物の外観ばかり撮っていたけど、そのうち内部を撮ることが多くなって、最近はもっぱら室内専門になっていた。撮影に関していえば、内部の方が断然面白い。行くたびに撮ってしまうところもあるし、ちょっとした新たな発見もある。 西郷従道邸では、明治村にゆかりのある人たちが揃ってパネルで出迎えてくれた。真ん中に椅子が置いてあって...

  •  0
  •  0

6月の明治村 <前>

SONY α55 + SONY 35mm f1.8 明治村へ。 天気は曇りときどき晴れ。光は弱く、風もなく、小学生ちび軍団がいないという、私にとって条件はよくない日だった。特にちびっこたちが駆け回っていない明治村は、鹿のいない奈良公園みたいなもので、前提条件の一つが決定的に欠けているみたいで寂しい。すべての建物に小学生たちが群がっている状態こそが、正しい平日の明治村の姿のように思う。 この日の撮影はこれとったテーマを決め...

  •  2
  •  0

鉄道風景 ---瀬戸電以外編

SONY α55 + SONY 35mm f1.8 他 撮影の行き帰りに撮る鉄道風景の写真がだいぶたまっていた。今日は瀬戸電以外編ということでお送りします。 しばらく鉄道の旅に出ていない。来月は必ず行こうと思っている。...

  •  0
  •  0

東山動物園 ---動物スナップ編

SONY α55 + TAMRON 90mm f2.8 MACRO 雨の動物園後編は、動物スナップ編をお届けします。 この日は傘を差しての片手撮りということで、久々に90mmマクロを持ち出した。300mmズームを片手で撮るのは苦しいし、50mmでは届かない。180mmマクロも重すぎるから、手持ちのレンズの中では90mmしか選択肢がなかった。でも、90mmという選択は悪くないと思う。表情のアップには迫れないけど、動物をスナップ的に撮るにはけっこう向いている...

  •  0
  •  0

東山動物園 ---ベビーラッシュ編

SONY α55 + TAMRON 90mm f2.8 MACRO ゴリラの子供。キヨマサ。7ヶ月。なんてキュートなんだ。 東山動物園はこの春ベビーラッシュで、おめでたい話題が続いた。一番人気はアジアゾウの赤ちゃんで、たくさんニュースでも紹介されたし、大勢の人が見に訪れたようだ。私も早く行かなければと思いつつ、6月の後半になってしまった。 この日は雨。雨の動物園という響きになにがしかのセンチメンタルを求めたのだけど、そういったもの...

  •  5
  •  0

東山植物園便り ---曇りの6月

SONY α55 + MINOLTA 50mm f2.8 MACRO / TAMRON 180mm f3.5 今週の東山植物園は、曇り空。一度も太陽は顔を出さなかった。 光もなく、雨もない曇りというのが一番面白くない。太陽が出ないのなら雨が降ってくれた方がいい。 季節はやや停滞気味。先週と比べて大きな変化はなかった。虫が少なかったのは、天候のせいもあったかもしれない。 週一で行っているとはいえ、虫をたくさん撮れる機会は年に十回ちょっとしかないのだから...

  •  0
  •  0

イメージズレなサンデー

SONY α55 + MINOLTA 50mm f2.8 MACRO + 5600HS(D) なんとなくうまくいかなかった今週のサンデー料理。大きく失敗したわけではないものの、イメージ通りにいかない部分がいくつかあって、やや納得がいかなかった。イメージ通りにいっていたら大成功だったかといえば、そんなこともないのだけれど。 6月はこれといったイベントもなく、週末に遠出することが少ない。梅雨で雨が多いということもあって、6月は毎年印象が薄い。7月に...

  •  0
  •  0

フォトコンと街の風景

SONY α55 + SONY 35mm f1.8 他「フォトテクニックデジタル 7月号」のネイチャー・風景部門で、「散り行く」が優秀賞。 去年から取り組んできた落ちものシリーズの桜編で、紅葉編の「舞い散る」に続いて結果につながったことを喜んでいる。 去年の桜シーズンにこの写真は決して撮れなかった。紅葉の散り葉撮りをやったからこそ、今年の桜へと結びついた。 落ちものシリーズは他にもいくつかアイディアがあるので、今後も続けて...

  •  6
  •  0

新緑の海上の森 ---生きもの編

SONY α55 + MINOLTA 50mm f2.8 MACRO / MINOLTA 100-300mm 今日は海上の森の生きもの編をお送りします。 6月はササユリの季節。街中ではまったく見かけなくなったササユリも、行くところに行けばわりと普通に咲いている。ユリというのは、もともとそんなに繊細な花ではない。環境さえ整っていれば、あきりたりな花のように毎年当たり前のように咲く。 ユリに限らず野生の花は一度消えてしまうと、自然の力だけではまず復活しな...

  •  0
  •  0

新緑の海上の森 ---風景編

SONY α55 + MINOLTA 50mm f2.8 MACRO / MINOLTA 100-300mm 6月の海上の森は、緑一色に染まっている。若い、青い、という形容がいい意味でぴったり当てはまる。 夏が進むと、緑は深みを増して、若々しさを失ってしまう。6月は、森が一年で一番美しい季節だと思う。花の春よりも、紅葉の秋よりも。 そんなわけで、今回は風景編をお届けします。 虫と花編につづく。...

  •  0
  •  0

瀬戸電風景も初夏

SONY α55 + SONY 35mm f1.8 他 今日は瀬戸電シリーズ。 沿線沿いに田んぼの風景は多くないのだけど、瀬戸電には田んぼ風景が一番よく似合うと思う。ただ、ステンレス無塗装の車両がほとんどになってしまった今、それも少し違ってきているかもしれない。 瀬戸電シリーズは今後も続く。...

  •  0
  •  0

森林公園へ

SONY α55 + MINOLTA 50mm f2.8 MACRO 森林公園行き。終始曇り空で、ときどき雨。 夏本番はこれからというのに、早くもコスモスが咲き出している。夏が始まると、秋の気配もどこか感じられるもので、今年のコスモスだけが例外というわけではない。 雨は少ないものの、スカッと快晴というわけにはいかず、毎日ぐずついた天気が続いている。青空が恋しいけど、それはもう少し先になりそうだ。ネタ切れを起こすことなく、梅雨シーズ...

  •  2
  •  0

道ばた写真

SONY α55 + SONY 35mm f1.8 他 今日はまた、道ばた風景シリーズをお送りします。 道ばたもなかなか面白い。遠くへ行かなくても、被写体は近くに文字通り落ちている。...

  •  0
  •  0

東山植物園便り ---夏へ向かって

SONY α55 + MINOLTA 50mm f2.8 MACRO 6月も半ば。空梅雨の晴れ間は夏のように暑い。虫たちもたくさん出てきて、いよいよ夏本番が近いと思わせる。 そんな6月中盤の東山植物園便りをお届けします。 晴れていたかと思ったら急に曇り、にわかに雨が降り出したら、そこへ太陽が顔を出すという、へんな天気だった。 は夏の歓びと哀しみが強いコントラストを描いている。 いつも心の中でつぶやくのは、夏の哀しみに絡め取られてしま...

  •  0
  •  0

ウィークデー感のサンデー料理

SONY α55 + MINOLTA 50mm f2.8 MACRO + 5600HS(D) 今週のサンデー料理は、やや地味目で、質素に、どちらかというと和食寄りに進み、手間をかけず簡単に完成させた。 最近のスタンダードといっていい。「鯛の甘酢ソースがけ」 鯛に塩、コショウ、酒を振り、少し置く。 酒、みりん、白だし、砂糖、酢、塩、コショウに、鯛とスライスした紫タマネギを入れ、加熱する。 ブロッコリーはレンジで1分半。 紫タマネギは普通のタマネ...

  •  0
  •  0

6月の郊外風景

SONY α55 + SONY 35mm f1.8 他 6月。田植えが遅い尾張旭も、ほとんどのところで田植えが済んだ。 今年の梅雨は、雨が少ない。早々に梅雨入り宣言が出されてから、降りそうで降らない日が続いている。今日は久しぶりに午後からまとまった雨が降った。 この時期は撮るものがあるようであまりない。これといった花もなく、季節を表すものといえば、田植えの風景くらいだ。 一年で一番日没が遅い時期で、なかなか日が暮れない。だ...

  •  2
  •  0

猪高緑地の初夏 <後>

SONY α55 + MINOLTA 50mm f2.8 MACRO 今日は昨日の続き、猪高緑地の後編をお送りします。 去年、水を抜いて大がかりな工事をしていた塚ノ杁池も水が戻り、元の姿になっていた。 隣接する名東プールはなくなり、生涯学習センターになっていた。そのあたりの景観が大きく変わっていて、ちょっと驚いた。 荒れる一方だったという雑木林の頃を知っている人からすれば、よくここまで整備が進んだと思うかもしれない。 この日は竹林...

  •  4
  •  0

猪高緑地の初夏 <前>

SONY α55 + MINOLTA 50mm f2.8 MACRO 猪高緑地も久々だった。ここも年に一度か二度くらいしか訪れない。 雑木林としては充分に深いものがあるのだけど、花も虫も少ないから、いつ行ってもあまり収穫がない。 この日の目的は、一応、アジサイだった。アジサイはそこそこ咲くので、この時期に猪高緑地を思い出すことは多い。 今回、久しぶりに行ってみたら、そこそこ撮るものがあった。時期的にはやはり、夏場が一番撮るものが多...

  •  3
  •  0

千種公園でユリ撮り

SONY α55 + MINOLTA 50mm f2.8 MACRO 茶屋が坂公園へ行った流れで、少し足を伸ばして千種公園にも行ってみた。 6月の千種公園といえば、名古屋ではちょっと知られたユリのスポットで、毎年中日新聞でも紹介されるので、この地方ではお馴染みとなっている。 ただ、行ってみると意外とたいしたことないのでがっかりしたという経験をした人も多いと思う。広大な敷地に無数のユリが広がっているような場面を想像していくと肩すかし...

  •  4
  •  0

年に一度の茶屋が坂公園

SONY α55 + SONY 35mm f1.8 / MINOLTA 50mm f2.8 Macro 一年に一度くらい、ふと思い立って足を運ぶ茶屋が坂公園。 いつ、どのタイミングで茶屋が坂公園のことを思い出すか、自分でも分からない。よく行く季節があるわけでもなく、どこかへの行き帰りについでに寄るということもない。そういえば茶屋が坂公園に久しぶりに行ってみようかなと思いつくことが一年に一度くらいあるのだ。 名物としてアジサイを推している。公園のあ...

  •  2
  •  0

雨の王子バラ園

SONY α55 + MINOLTA 50mm f2.8 MACRO 雨の王子バラ園。 この日は、土砂降りの雨と強風に加え落雷と、およそ撮影に適した状況ではなかったのだけど、現地に向かっている途中にそんなことになってしまったため、引くに引けず、行ってしまったからには撮らずには帰れないということで、激しい風雨の中での撮影となったのだった。 幸い、一時小雨になったので、どうにかこうにか撮ることができた。それにしても、厳しい条件だった。...

  •  4
  •  0

東山植物園便り ---6月はじめ<後>

SONY α55 + MINOLTA 50mm f2.8 MACRO / TAMRON 180mm f3.5 + 5600HS(D) 東山植物園便りの後編をお届けします。 梅雨入りしたのに雨が全然降らないじゃないかといっていたら、来週は雨ばかりになるようだ。先週の晴れはやはり貴重な晴れだったのだと今更ながら思い知る。 来週の植物園はどうやら雨中の撮影ということになりそうだ。雨の日には雨を撮ればいい。天気とケンカしても勝ち目はないのだから。...

  •  2
  •  0

週に一度のサンデー料理

SONY α55 + MINOLTA 50mm f2.8 MACRO + 5600HS(D) 週間天気予報が昨日までとはがらりと変わり、晴れ続きと思わせて雨続きになった。撮影の予定も変更せざるを得なくなり、結果的には今日出かけておくべきだったのだけど、終わってしまってからいっても仕方がない。 今週もあれこれ考えず、パッと考えて、ササッと作った。最近はこれくらいが標準となっているから、手抜きとはいえない。 彩りとして茶色一色にならなかっただけで...

  •  0
  •  0

東山植物園便り ---6月はじめ<前>

SONY α55 + MINOLTA 50mm f2.8 MACRO / TAMRON 180mm f3.5 + 5600HS(D) この日の東山植物園は、薄日の差す天候で、光はまずまずだったのだけど、風が強くて大変だった。マクロ撮影は少しの風でも被写体ブレになるから、やっかいだ。 夏本番に向けて花は減ってきたものの、虫は増えて、撮影としては楽しくなってきた。 今回も写真の枚数が多くなったので、前後編に分けることにした。 6月はじめの植物園風景をお届けします。 ...

  •  0
  •  0

森林公園 ---夏の手前

SONY α55 + MINOLTA 50mm f2.8 MACRO + 5600HS(D) 森林公園へ。 この日はまずまずの天気で、光のある写真が撮れた。ただ、夕方には曇ってしまったので、西日の写真は撮れず。梅雨どきだから雨が降らないだけでもましなのだけど、いつでもどこでも光を欲している。 アジサイの開花がだいぶ進んでいた。見頃まではもう少し。 そのほかの花は少なめ。 虫もだいぶ増えてきたとはいえ、まだ夏本番のようにはいかない。 森林公園で...

  •  0
  •  0

天白川を下る ---田植えの頃<後>

SONY α55 + SONY 35mm f1.8 天白川沿い風景の続きを。 米野木のあたり。まだしばらく日進市のエリアだ。 天白川というと、名古屋の人間としては天白区の川というイメージがあるのだけど、水源の三ヶ峯池が日進市の東の端で、市の中央あたりを東西に横断して流れていることを知れば、半分くらいは日進市の川だ。 この日は、天白区の途中、植田川と合流しているところまで行った。 次回は下流編ということで続きから名古屋港ま...

  •  0
  •  0

天白川を下る ---田植えの頃<前>

SONY α55 + SONY 35mm f1.8 6月はじめの天白川。 天白川沿いを行くのはこれで三度目になる。最初は今年3月のはじめ。まだ冬の名残が色濃い茶色風景だった。 二度目は桜の頃。 そして、田植えの6月。季節は大きく進んでいた。 川沿いには田んぼや里山の風景が残っている。日進市のエリアは特に牧歌的だ。 水源の三ヶ峯池(さがみねいけ)近くまで行って、そこから天白区に向かって下った。 後編につづく。...

  •  2
  •  0