archive: 2013年01月  1/2

冬の徳川園カラー

Caplio GX100 徳川園の写真がまだあったので、残りはカラーで。 トイレに入ったら、見覚えのある手袋が片方、トイレットペーパーの上に置かれていた。 実は2年前、ここで手袋を片方落としてなくしていて、それがこれにそっくりの茶色のスウェード手袋だった。一瞬、2年の時を経て私の元に戻ってきたのかと本気で思った。まさか、そんなはずはない。 しかし、あまりに似てるので手に取ってしげしげ眺めてしまった。なくしたのは...

  •  0
  •  0

年に一度は東谷山

SONY α55 + SONY 35mm f1.8 / TAMRON 180mm f3.5 東谷山フルーツパークへ行ったなら、東谷山(とうごくさん)にも登っておきたい。 標高は名古屋市内最高峰の198メートル。直線距離にすればたかが700メートル。登山時間は15分程度だけど、これが思う以上にしんどい。毎回、登り始めて早々に軽い後悔におそわれる。60階建てのビルを階段で最上階まで歩いて上がるのを想像してみてほしい。 今の時期は寒いからまだましで、桜のと...

  •  0
  •  0

東谷山フルーツパークは早春の入り口

SONY α55 + TAMRON 180mm f3.5 早春の野草を求めて、東谷山(とうごくさん)フルーツパークへ。 しだれ桜で有名なところだけど、その前に毎年1月か2月に一度行っておくことが多い。目当ては早春の野草だ。 市街地では3月から咲き始める野草も、ここはひと月以上早く見ることができる。果樹園の土が肥沃だからじゃないかと思う。 それにしても、今年はちょっと早まった。冬の気温が低いせいで例年よりも野草の開花も遅れがちに...

  •  0
  •  0

冬の徳川園モノクローム

Caplio GX100 GX100を持って徳川園へ。 去年の紅葉の時期に、夜のライトアップを撮りにいって以来だ。 この時期は、わら囲いをした冬牡丹が、毎年の名物となっている。 マクロレンズをつけたα55も持っていったのだけど、このときは使わなかった。 24mmから始まる広角ズーム系のGX100で撮っていると、なんだか基本に返ったような、下手くそ時代に戻ったような、ちょっと懐かしいような気持ちになる。それが楽しくもあり、もど...

  •  0
  •  0

パターンなサンデー

SONY α55 + MINOLTA 50mm f2.8 MACRO + 3600HS(D) サンデー料理のメニューは、まず魚のメイン料理を決めて、冷蔵庫にある食材の中からサブメニューを考、残り一品は残っている野菜をスープか炒め物にする、というのが基本パターンとなっている。だから、どうしても似たような料理になりがちだ。 パターンを外して考えるのが面倒というのもあるし、食材的にたくさん使わないと物足りないというのもあって、だいたいこんな感じで決...

  •  0
  •  0

雪中の尾張旭

Caplio GX100 夕方前に家を出たとき、粉雪が舞い始めていた。たいしたことにはならないだろうと自転車をこいでいたら、みるみる雪が強まり、尾張旭についた頃には、風景も私も真っ白になっていた。なんてこった。 今日は撮影目的ではなく用事をするためだったから、GX100しか持って出なかった。用事を済ませつつ、ときどきカメラを取り出して、パチリと何枚か撮った。 風も強くて横殴りの雪だから、撮影には非常に悪い条件だっ...

  •  2
  •  0

GX100がモノクロ・シリーズで復活

Caplio GX100 久しぶりにCaplio GX100を持って街に出た。 買ったのは確か2011年で、その年の前半に何度か使って、そのまま長らく眠らせたままになっていた。去年は一度も使っていないはずだ。 そんなに使わないなら持っていても仕方がないから手放してしまうことにした。最後にもう一度動作確認の意味もあって持ち出してみた。 使ってみると、なんだか楽しい。買ったときはなんとなく使いづらさを感じたのが、今使ってみるとけ...

  •  0
  •  0

東山植物園便り ---花のオンシーズン

SONY α55 + MINOLTA 50mm f2.8 MACRO / TAMRON 180mm f3.5 大寒も過ぎて、季節は春へと向かい始めた。寒さは極まっているところだけど、早春の花が少しずつ咲いてきている。植物園のオフシーズンは、もう終わった。1月後半は、もはや完全にオンシーズンだ。花のシーズンは、3月や4月から始まるのではない。 今シーズンは寒い冬になっているから、花の進み具合はやや遅れがちとはいえ、ロウバイもマンサクも花を開き始めている。...

  •  0
  •  0

フォトコンと街の風景

SONY α55 + SONY 35mm f1.8 他「デジキャパ」のフォトコンで「記憶の跡」が入選。 絶景でも、決定的瞬間でもない、こういう地味な写真を選んでもらえたことが嬉しい。選者はHABU氏。ここの選者さんとは知らず、ついこの前、写真集『空の鼓動』を見たばかりだった。「デジキャパ」は、カメラ雑誌の中ではマイナーな存在だと思うけど、webからメールで応募できる手軽さがいい。「デジタルカメラマガジン」の佳作は図書券1,000円だけ...

  •  6
  •  0

受験シーズンの桜天神へ

SONY α55 + SONY 35mm f1.8/ TAMRON 10-24mm f3.5-4.5 名古屋市中区錦の桜通沿いに高いビルに囲まれてその小さな神社はある。通りの名前の由来になっている桜天神社だ。 到着したときは、すでに日没間際だった。ちょくちょく訪れているから久しぶりという気はしないけど、一年以上間が空いているかもしれない。 名古屋三天神のひとつで、初詣のとき上野天満宮と山田天満宮を訪れたから、これで三ヶ所巡り終えた。 入り口に置か...

  •  0
  •  0

高牟神社と物部神社

SONY α55 + SONY 35mm f1.8/ TAMRON 10-24mm f3.5-4.5 千種区の高牟神社(たかむじんじゃ)を訪れるのは久しぶりだった。調べたら前回は2005年だった。 名古屋恋の三社めぐりのうち、初詣に城山八幡宮と晴明神社へ行って、高牟神社が残っていた。この日はここと桜天神を巡るコースだった。 しばらくの間、高牟神社と物部神社がごっちゃになっていた。何度か行ったことがあると思っていたのは物部神社の方で、高牟神社のことは忘...

  •  0
  •  0

週に一度だからサンデー

SONY α55 + MINOLTA 50mm f2.8 MACRO + 3600HS(D) サンデー料理を基準に考えると、もう日曜日かと思う。一週間が早く感じられる。ついこの前、料理したばかりじゃないかと。 別のことを基準にすると、一週間の感覚はまた違ったものになる。一週間にせよ、一年にせよ、長いようで短く、短いようで長い。そもそも普通の基準なんてものはないのだけど。 今週も例によっていつもと同じような顔ぶれになった。これは週に一度だからと...

  •  0
  •  0

冬の牧野ヶ池

PENTAX K-7 + TAMRON 10-24mm f3.5-4.5 / SIGMA 170-500mm 冬の水辺は寒い。それは分かっている。しかし、渡りのカモは水場にいる。だから、寒くても、この時期は水辺に行く機会が増える。非常に厳しい。夏は暑くても平気なのだけど。 この日は牧野ヶ池に向かった。ここも夏より冬に訪れることが多い。 この日は猛烈な風が吹いていた。池なのに白波が立っていた。 カモたちは暖かさを求めて、冬の間南下してくる。日本の冬も充...

  •  0
  •  0

森林公園の春まだ遠し

SONY α55 + MINOLTA 50mm f2.8 MACRO / SIGMA 170-500mm 今週も森林公園へ。 年間パスポートを買ったからというだけでなく、ひとつ用事があった。 フォトコン入選の賞状と賞品を受け取りにいく。 去年に続いて二度目だったので、勝手は分かっていた。郵送でも、表彰式でもない、自分で取りにいくというシステムは、ローカル・フォトコンではありがちなことだと今は知っている。最初は驚いたけど。 去年の夏以降、フォトコン絶...

  •  0
  •  0

東山植物園便り ---早春の気配

SONY α55 + MINOLTA 50mm f2.8 MACRO / TAMRON 180mm f3.5 先週から大きく季節が前進したわけではないけれど、少しずつ春は近づいてきている。フクジュソウの芽も出始めていた。 去年の夏は最高の暑さだったそうだけど、この冬は最高の寒さになるんじゃないか。名古屋の平均気温は例年より1度近く低いという。 季節の花も全体的に遅れがちだ。去年も遅かったけど、今年も同じか更に遅いかもしれない。 出だしから遅れると、ど...

  •  2
  •  0

小幡緑地へ

PENTAX K-7 + TAMRON 10-24mm f3.5-4.5 / 55-300mm 困ったときの小幡緑地。短時間しかないときでも行けば何かしら撮れる場所として重宝している。植物園などの施設は夕方5時で閉まってしまうけど、公園なら閉園時間はない。日没時間も5時過ぎになって、だんだんまた日が長くなってきた。 冬の緑ヶ池は、たくさんの渡りのカモがいて賑やかだ。マガモやコガモは少なく、キンクロハジロやホシハジロが多い。近くの池や川とは少し顔...

  •  2
  •  0

冬のモノクロ

PENTAX K-7 + PENTAX 16-45mm f4 / 55-300mm 冬の風景は色がないから、いっそのことモノクロにして印象を強めたい。ラインとフォルムが強調される。 考えてみると、モノクロを撮るのは冬が多い。春や秋にかけては色があふれているから、モノクロだともったいないような気がしてしまう。 冬の寒々しさや寂しさを表現するのにもモノクロは合っている。 モノクロで撮ろうと決めると、被写体もカラーのときとは違ってくる。 モノ...

  •  2
  •  0

1月前半の森林公園

SONY α55 + MINOLTA 50mm f2.8 MACRO / SIGMA 170-500mm 今年になって初の森林公園行き。 去年は後半よく出向いたのに、年間パスポートを買うタイミングを逸してしまったので、今年は年始めに買っておいた。これで一年間いつでも行ける。森林公園の入園料は200円と安いものの、それにしても年に10回以下ということはない。 そんなわけで、今回は1月前半の森林公園風景をお届けします。 ここはあまり花が多くないところだから、...

  •  0
  •  0

三者三様サンデー

SONY α55 + SIGMA 50mm f1.4 + 3600HS(D) 今週のサンデー料理は、それぞれ一品ずつは美味しかったのだけど、個性がバラバラすぎて、とてもまとまりの悪い三品になった。洋風、中華、和風と、みんな自己主張が強すぎた。イメージでは和風方面でまとまるはずだったのに。「エビのチーズマヨ卵とじ」 一番調和を乱したのがこいつだった。ここを和風に持っていければ、全体のまとまりがもう少しよくなったはずだ。 下処理をしたエビ...

  •  0
  •  0

東山植物園便り ---1月前半<後>

SONY α55 + MINOLTA 50mm f2.8 MACRO / TAMRON 180mm f3.5 昨日の続きで、1月前半の東山植物園風景を。 来週になれば、ロウバイももっと咲いてくるだろうし、マンサクあたりもぼちぼちなんじゃないかと思う。 週一の植物園通いは、今年も軌道に乗りつつある。去年は見えなかったものも、今年は見つかるかもしれない。同じ季節、同じ場所でも、違う自分であれば違う写真になる。 あまり欲張らず、小さな発見を喜びとしたい。...

  •  0
  •  0

東山植物園便り ---1月前半<前>

SONY α55 + MINOLTA 50mm f2.8 MACRO / TAMRON 180mm f3.5 冬の植物園は行っても撮るものがないと思いがちだけど、行ってみればそれなりに撮るものはある。注意深く見て回れば、秋の名残や春の芽吹きを、あちらこちらで見つけることができる。春夏とは違った地味な楽しさがある。 この前まで正月だと思ったら、もう1月も3分の1が過ぎてしまった。早春の花のつぼみも膨らみはじめ、季節は一歩ずつ春に向かっていることを実感する...

  •  0
  •  0

晴明神社と白山神社

SONY α55 + SONY 35mm f1.8 初詣神社巡りシリーズは今回が最終回。 ここは晴明神社。そう、名古屋にも晴明神社はあるのだ。 言い伝えによると、かつて安倍晴明が住んでいた場所ということなのだけど、晴明が名古屋で暮らしていたということが書かれた文献はない。この地を通りかかったときに、村人に請われてマムシ封じをしたという伝説があるとかないとか。 一番信憑性がありそうなのは、晴明の子孫が移り住んだ土地で、その...

  •  4
  •  0

山田天満宮の梅遠し

SONY α55 + SONY 35mm f1.8 初詣神社巡りは続く。 天満宮つながりで山田天満宮へとやってきた。 名古屋で合格祈願をするならここと決まっている。いや、決まってはいないのだけど、個人的にはここにお願いすると必ず受かるような気がして、定番祈願所となっている。名古屋では三大天神とされる天神様があって、前回紹介した上野天満宮と、ここ山田天満宮、桜天神がそれに当たる。どうしても合格したい場合は、三つを巡って拝み...

  •  2
  •  0

城山八幡宮へ挨拶に

SONY α55 + SONY 35mm f1.8 上野天満宮をあとにして続いてやってきたのは、城山八幡宮だ。 ここも年に一度くらいは訪れているおなじみの神社で、新年の挨拶にいっておくことにしたのだった。八幡の神に戦いの手助けをお願いにいったとかそういうことではない。 戦国時代には織田信秀が築城した末盛城があった場所で、現在でも空堀などの遺構を見ることができる。 もともと八幡社があったわけではなく、一時城主を務めていた信...

  •  2
  •  0

今年の初詣は上野天満宮

SONY α55 + SONY 35mm f1.8 今年は始動が遅れて、ようやく初詣に行ってきた。 気持ち的には熱田さんだったのだけど、熱田神宮は1月の神事でまた行くことになりそうだったのでやめて、どこにしようか考えて、上野天満宮にした。合格祈願でもないし、特に深い理由があったわけでもなく、ただなんとなく。願い事もこれといってあるわけでもなくて、道真さんに挨拶がてらといったところだった。大の勉強家だったといわれる菅原道真に...

  •  4
  •  0

サンデー料理開幕

SONY α55 + MINOLTA 50mm f2.8 MACRO + 3600HS(D) 今週末もゆっくり過ごして、料理は日曜日にやった。 年末年始ののんびりもここまでで、明日からは平常に戻したい。 2013年のサンデー料理のテーマは、特に決めていない。唯一の目標は、最後まで完走することだ。何か新しいことに挑戦できればいいけど、基本に立ち返りたい気持ちもある。 今週の料理も去年からの引き続きで、いつもの感じだった。「サーモンの刺身とポテト」 ...

  •  0
  •  0

モノクロの風景

SONY α55 + MINOLTA 50mm f1.4 他 今日も在庫写真の中からモノクロ風景編をお届けします。 モノクロ・シリーズはちょっと久しぶりかもしれない。ときどきふとモノクロのことを思い出して、現像してためていた。今年になって撮ったものも数枚混じっている。 自分の中の一時的な流行りで終わらせないように、今年も引き続きモノクロは撮っていきたいと思っている。 pro9000のモノクロ・プリントも。...

  •  0
  •  0

東山植物園便り ---早春の気配

SONY α55 + MINOLTA 50mm f2.8 MACRO 年が明けて最初の東山植物園行き。これが少し遅めの2013年撮影始めとなった。 紅葉の頃の賑わいが幻だったかのように園内はひとけもまばらで静まりかえっていた。今は撮るものが一番少ない時期だし、今日はまた寒かったから、当然といえば当然か。 去年は一年を通じて、ほぼ週一のペースで通って、季節の移り変わりを追った。今年はそこまでは行けないかもしれないけど、できるだけ足を運び...

  •  0
  •  0

街の風景 ---2012年初冬

SONY α55 + SIGMA 50mm f1.4 他 2012年の初冬に撮った街の風景を。 クリスマス前から年末年始にかけて、ほとんど写真を撮らずに過ごした。去年は一年間ずっと撮り続けたから、少しだけ充電が必要だった。 休みは今日までで、明日からは撮影を再開したい。...

  •  0
  •  0

緑ヶ池夕景

SONY α55 + SIGMA 50mm f1.4 / 10-24mm 新年二日目にして早くも小休止に入ってしまった。年末年始は撮影休業状態で、新ネタがない。とりあえず三が日は、去年の在庫でつなぐことになる。撮影の始動は4日からになりそうだ。 というわけで今日は、小幡緑地の緑ヶ池夕景をお送りします。 夕方の空は、時間とともに刻々と色を変え移ろっていくのだった。初冬の夕景は、早送りの映像を見ているようだ。 夕照は、太陽が沈んでからが...

  •  4
  •  0