archive: 2012年10月  1/2

雨降りの森林公園

SONY α55 + MINOLTA 50mm f2.8(D) + 3600HS(D) これは先週のこと。この日の森林公園は雨だった。 夏の間は週末に雨が降ることが多かったものの、雨の撮影はあまりなかったように思う。秋になって雨の日の撮影が増えている。真冬の雨を撮るなら、完全防備の準備が必要で、その態勢は整っていない。雨でも撮れるのは、紅葉くらいまでかもしれない。 雨降りに植物園などを訪れる物好きは少ない。それでもまったくいないわけでもな...

  •  0
  •  0

名古屋まつり <4>

SONY α55 + TAMRON 180mm f3.5 名古屋まつりシリーズが途中になっていた。 子ども会みこしに続いて登場したのは、なんだろう、鬼みたいなやつ。正体はよく分からない。唐突にへんなのが現れるのも名古屋まつりだ。<追記> これは猩猩(しょうじょう)と教えていただいた。 鳴海は猩猩が有名らしい。 名古屋市消防音楽隊の先導で登場したのは、姉妹友好都市親善パレードだった。 ロサンゼルス市、メキシコ市、南京市、シドニ...

  •  2
  •  0

三谷祭を撮りにいく ---奉納踊り編

 三谷祭(みやまつり)の続きを。 海中渡御(かいちゅうとぎょ)を終えた山車(やま)は、若宮神社に集合となった。 このあと、神社の境内では、氏子たちによる奉納踊りが行われた。海中渡御を見て帰ってしまう人が多いようだけど、奉納踊りもなかなか見応えがある。 残念ながら雨ということでカッパを着ていたり、一部内容の変更などもあったようだ。 なんだかんだで11時半頃から午後3時まで撮っていた。その後も祭りは夜ま...

  •  6
  •  0

三谷祭を撮りにいく ---海中渡御編

 三谷祭(みやまつり)を撮りにいってきた。 愛知県蒲郡市三谷で300年以上前から行われている祭りで、海の中を山車(やま)が行く海中渡御(かいちゅうとぎょ)がクライマックスだ。 八劔神社から若宮神社へ、山車に乗って神を運ぶ。 今にも雨が落ちそうな空の下、どうにか持ちこたえて海中渡御が執り行われた。 それが終わるのを待っていたかのように雨が降り出した。続く踊りの奉納は、冷たい雨の中だった。 三谷祭第一回...

  •  5
  •  0

東山植物園便り ---撮りがたきを撮る

SONY α55 + MINOLTA 50mm f2.8(D) + 3600HS(D) アサギマダラはもう南へ去ったのか、今週は見つけることができなかった。虫もますます姿を見なくなり、いよいよ秋の深まりを感じずにはいられなくなった。 撮るものが少ない中、なんとか絞り出すようにして撮った。春夏と違って秋冬は、そんなちょっと力業のようなものも必要になってくる。そうやって撮りながらつないでいけば、やがて紅葉のシーズンがやってくる。 みんなそれぞ...

  •  2
  •  0

多国籍サンデー家庭料理

SONY α55 + MINOLTA 50mm f2.8(D) + 3600HS(D) 今週末は土曜日が晴れで、日曜日が雨だった。普通なら土曜に出かけて日曜に料理というパターンになるところなのだけど、今週は逆だった。日曜の三谷祭へ行くために土曜日に料理をした。三谷祭については、来週紹介したいと思う。 今週もまた、いつもの感じに終始した。残っている食材を使い切らないといけないというのもあって、2週はセットのようになることが多い。今週は先週の続...

  •  0
  •  0

王子バラ園で秋バラ

SONY α55 + MINOLTA 50mm f2.8(D) + 3600HS(D) 秋バラの見頃がいつなのか、今ひとつよく分かっていない。10月には違いないにしても、中旬なのか下旬なのか、見頃の期間がどれくらい続くのか、正確には把握していない。 今年は残暑の影響で遅れるだろうという予測はしていた。でも、そろそろなんじゃないかと、王子バラ園へ行ってみると、どうやら遅刻だったらしい。傷んだ花が多く、状態のいいものは少なかった。ただ、見頃は一...

  •  2
  •  0

名古屋まつり <3>

SONY α55 + TAMRON 180mm f3.5 名古屋まつり3回目は、子ども会みこし編ということでお届けします。 これらの写真からでは名古屋まつりというものがどんなものなのか伝わらないかもしれないけど、私も実際に3年見てようやくちょっと分かったくらいなので、そんなとりとめのないのが名古屋まつりと思ってもらってかまわない。 名古屋市は16区あるわけだけど、どういう基準でどの子ども会が選ばれているかは知らない。たぶんないと...

  •  2
  •  0

牧野ヶ池夕景

SONY α55 + sony 35mm f1.8 / SIGMA APO 170-500mm f5-6.3/ TAMRON 10-24mm 牧野ヶ池行きも、ちょっと間が空いた。前回訪れたのは、夏の盛りの7月終わりだった。 季節は進み、秋も深まる10月の終盤。渡りのカモたちも戻ってきて、池も賑やかになっていた。 セイタカアワダチソウやススキが咲き、夏の浮き草やハスは枯れて終わりが近い。水面を渡る風も、すっかり冷たくなった。 いつものように北から時計回りに半周しながら、...

  •  0
  •  0

名古屋まつり <2>

SONY α55 + TAMRON 180mm f3.5 引き続き名古屋まつりの様子をお届けします。 パレードは山車揃に始まり、神楽揃が続き、お待ちかね(?)の子ども会みこしへと移っていく。 子供たちの照れ隠しとやる気のなさそうなダラダラ感がいい。パレードという緊張感はなく、ただいわれるままにコースを歩いているだけだ。たまにやる気のある子供会は、ワッショイとかけ声をかけながら進んでいく。 名古屋まつりくらいゆるい祭りは、他に...

  •  4
  •  1

名古屋まつり <1>

SONY α55 + SONY 35mm f1.8 / TAMRON 180mm f3.5 週末イベント三本立ての最後は、日曜日の名古屋まつりだった。 長く名古屋に住みながら名古屋まつりを初めてしっかり見たのが3年前のこと。たちまち魅力のとりこになり、今年で3年連続で撮りにいくことになった。 何が面白いって、大都市の大きな祭りとは思えないゆるさがたまらない。50年以上も続く祭りなのに、歴史と伝統を感じさせないおおらかさが全編に漂い、見ているとへ...

  •  2
  •  0

名古屋東別院でおわら風の盆を撮る

 前から一度撮ってみたいと思っていた、おわら風の盆が名古屋にやってくるという。 それを知ったのは、どまつりの会場で何気なく受け取ったチラシによってだった。 越中八尾のおわら風の盆は、富山県八尾町で毎年9月に行われているもので、高橋治の小説や石川さゆりの歌がきっかけで全国に知られるようになったといわれている。小さな町に全国から30万人近い人たちが押し寄せるそうだ。 私が撮りたいと思ったのは、「写真家た...

  •  0
  •  0

東山植物園便り ---晴れた日に再訪

SONY α55 + MINOLTA 50mm f2.8(D) / TAMRON 180mm f3.5 + 3600HS(D) 前回の植物園は雨降りでアサギマダラを撮ることができなかった。千燈供養会へ行く前に、少し寄って撮っていく。 よく晴れていたものの、アサギマダラは少なく、やっと2匹いるだけだった。今年は南下が遅れたから、慌ただしく飛び去ってしまったのだろうか。今週も行くつもりだけど、まだ残っているかどうか。今年こそ決定的な飛翔シーンを撮るつもりでいたのに...

  •  0
  •  0

興正寺の千燈供養会へ <後>

SONY α55 + MINOLTA 50mm f1.4 / TAMRON 180mm f3.5 / TAMRON 10-24mm 興正寺千燈供養会の残り写真を。 今年も興正寺千燈供養会に行くことができてよかった。季節の風物詩として、どまつりや名古屋まつりとともに自分の中で定着しつつある。一年経ったことを実感する行事のひとつとなっていくことだろう。...

  •  0
  •  0

興正寺の千燈供養会へ <前>

SONY α55 + MINOLTA 50mm f1.4 / TAMRON 180mm f3.5 / TAMRON 10-24mm 今年も八事山興正寺の千燈供養会を撮りに行ってきた。これで三度目となる。 今回もまた、金、土、日の3日間、行われた。名古屋まつりと重なるので、覚えておきやすい。ただ、名古屋まつりは午後早く終わってしまい、夕方6時からの千燈供養まで時間が空いてしまう。去年はどうしたのか忘れてしまったけど、今年は初日の金曜日にした。土日に比べると人が少な...

  •  0
  •  0

東山植物園便り ---雨の日に

SONY α55 + MINOLTA 50mm f2.8(D) + 3600HS(D) 雨の日の植物園は、ちょっと久しぶりの気がした。 けっこう強い降りで、空も暗く、途中でISO1600に上げないと撮れないくらいだった。 ひとつ興味があったのは、雨の日はアサギマダラはどうしているのだろうということだった。雨の日に飛ぶようなことはないだろうと思いつつ、雨宿りする姿が見られるならそれを撮りたかった。 しかし、当然のように姿はなく、ヒヨドリバナは雨に濡...

  •  3
  •  0

サンデー料理は1時間半

SONY α55 + SONY 35mm f1.8 今週末はイベントが多くて、慌ただしくあちこち撮りにまわっていた。料理は日曜日に、少し早く帰宅してやった。 イベントの写真は来週にまわすことにして、今日はいつものようにサンデー料理と植物園便りの二本立てでいきたい。 今週は揚げ物が一品あったので、その分、いつもより手間と時間がかかった。他の二品が手抜き気味なので、三品あわせるといつも通りといえばそうかもしれない。 ここ最近...

  •  0
  •  0

雨の海上の森

SONY α55 + MINOLTA 50mm f2.8(D) / 100-300mm f4.5-5.6 + 3600HS(D) この日の海上の森は雨だった。午後からあがるという予報は外れ、夜まで降り続いた。 日没後の海上池。ブルーモーメントの世界。それは初めて見る海上池の光景だった。 雨の撮影は、自転車の行き帰りも含めてしんどいのだけど、それを乗り越えられれば、晴れの日には決して撮れないものが撮れる。特に雨の森はいい。 また雨の日を狙って海上の森へ行くことに...

  •  2
  •  0

秋深まる森林公園

SONY α55 + MINOLTA 50mm f2.8(D) / TAMRON 180mm f3.5 + 3600HS(D) 秋は終わりの始まり。多くの生き物が姿を消していく。 命の最後のきらめきを追いかけて。 虚ろな瞳に映る10月の空。...

  •  0
  •  0

街の風景

SONY α55 + SONY 35mm f1.8 / MINOLTA 50mm f1.4 他 本編から漏れた写真がまたたまったので、まとめて載せたい。 今回は、街の風景を中心にお届けします。 日が暮れるのが早くなったことで、夕方から夜にかけてのものが多い。 新守山駅ホーム。 香流川沿いの彼岸花と住宅の風景。 新美南吉記念館前。 堀川に架かる五条橋。 瀬戸電、清水駅あたり。 スカイワードあさひの展望台より。 名古屋市東部。 春日井市、名鉄味鋺...

  •  6
  •  0

10月の岩屋堂

SONY α55 + SONY 35mm f1.8 / TAMRON 180mm f3.5 夏休みと紅葉の間のこの時期、岩屋堂はひっそりと静まりかえる。人影もまばらで、早くも晩秋のような冷たい風が吹く。 閉園されたプールにまだ水は張られたままだ。取り壊すお金ももったいないから、しばらくはこのまま放置されるのかもしれない。 こんな時期の岩屋堂を訪れるのは、鳥屋さんか、野草好きくらいだろうか。なんとなく来てしまったカップルなどもいるだろうけど。...

  •  0
  •  0

小牧基地航空祭(続)

SONY α55 + SIGMA APO 170-500mm f5-6.3/ TAMRON 10-24mm / sony 35mm f1.8 小牧基地航空祭の残り写真を。 なんだかんだで、けっこう枚数撮っていた。2回撮ってみて、航空祭の撮りどころが少し分かってきた。こうなったら各地の航空祭を巡ってやるぞ、とは思わないけど。 戦闘機の飛行は、やはり青空バックじゃないと絵にならない。太陽キラリも欲しい。 11月には浜松で航空祭がある。ここでもブルーインパルスが飛ぶ。 浜松...

  •  4
  •  0

小牧基地航空祭でブルーインパルス

SONY α55 + SIGMA APO 170-500mm f5-6.3/ TAMRON 10-24mm / sony 35mm f1.8 セントレアとポートメッセなごやで開催されるJA2012国際航空宇宙展の目玉として、今年はブルーインパルスがやって来た。空港でのアクロバット飛行は約30年ぶり、愛知の空を飛ぶのは30何年かぶりとかで、それなら撮りにいこうと前から予定は組んでいた。 しかし、遠いセントレアまで混み合った列車で行って、満員のスカイデッキに並んでまで入って、やっ...

  •  8
  •  0

東山植物園便り ---アサギマダラ飛来

SONY α55 + MINOLTA 50mm f2.8(D) / TAMRON 180mm f3.5 + 3600HS(D) 約一年ぶりの再会となったアサギマダラたち。 今年は残暑が続いたせいか、アサギマダラの南下が遅れた。ここへきて朝晩の気温もぐっと下がり、彼らも南へ向かう時期になったと感じたのだろう。名古屋へは旅の途中で立ち寄っていく。 市内や近辺で見られる場所はいくつかあるのだけど、東山植物園は確実に来る。合掌造りの前の奥池を奥の方に登っていくとヒヨ...

  •  4
  •  0

安定飛行のサンデー

SONY α55 + SONY 35mm f1.8 今週末はどこへ行こうか迷いが出てしまって、ちょっとばかり腰が重かった。土曜日は大垣の綾野まつり、日曜はセントレアでブルーインパルスという計画だったのだけど、土曜は取りやめ、日曜は小牧の航空祭と、大きく予定変更となったのだった。 で、料理は土曜日にした。 いつもの食材にややひねりを加えただけのいつもの料理が並んだ。料理にも少し迷いが出た。「鯛とトマトのケチャップソース」 ...

  •  0
  •  0

モリコロパークでコスモス

SONY α55 + SONY 35mm f1.8 / TAMRON 10-24mm モリコロパークのコスモスが見頃と中日新聞に載っていた。もう一度愛知牧場へ撮りにいかなくてはいけないかと考えていたところで、コスモスだけならモリコロの方が近いので、そちらにすることにした。撮りやすいのは愛知牧場の方なのだけど。 前回訪れてからまだ2週間ほどしか経っていないのに、モリコロもすっかり秋景色になっていた。夏が去るよりも秋の進行の方が早い。今年は訪...

  •  8
  •  1

海上の森の秋

SONY α55 + MINOLTA 50mm f2.8(D) / TAMRON 180mm f3.5 + 3600HS(D) 10月に入って、森も夏から秋へと模様替えをした。セミの鳴き声が響いていたのも、遠い日の出来事のように思える。虫の音や鳥のさえずりは聞こえるものの、森の中はすっかり静かになってしまったように感じる。ここからは秋の気配がますます色濃くなってゆく。 秋から春にかけては、池コースがメインとなる。湿地へ行っても、撮るものはほとんどない。 篠田池...

  •  2
  •  0

三重県四日市市のコンビナート工場夜景の撮影スポット紹介

 三重県四日市市のコンビナート夜景も年々知られるようになり、写真を撮りに訪れる人も増えた。四日市市も観光資源として認識して力を入れ始め、工場夜景クルーズも人気となっている。 四日市の工場といえば昔は公害のイメージしかなかったけど、近頃では夜景の方がすっかり有名になった。川崎、室蘭、北九州、周南市とあわせて五大工場夜景スポットなどともいわれる。 四日市工場地帯の撮影ポイントは主に4つある。 最もメジ...

  •  6
  •  0

季節の風景 ---秋の入り口編

SONY α55 + MINOLTA 50mm f1.4 他 季節は夏の出口から秋の入り口へ。夏の忘れ物を取りに戻るには、もう手遅れとなった。 今日は最近集めた秋の入り口風景をお届けします。 ふと足下を見ると、ずいぶん落ち葉が増えたことに気づく。木々の葉も色づき始めた。紅葉の季節も、もうそう遠くない。 夏の終わりの感傷を振り払い、秋に向かって気持ちを進めるときだ。...

  •  0
  •  0

矢田川風景 ~夏から秋

SONY α55 + MINOLTA 50mm f1.4 他 矢田川風景シリーズは久しぶりだ。ここのところ、どこかへ行った帰りに一枚、二枚撮ったりすることがあるくらいで、河川敷を走りながら撮るということをしていなかった。少し前、いい夕焼けに出会って、香流川との合流地点で撮った。 季節も変わってしまったし、ここらで一度まとめておくことにした。 やはり夕焼けというのは劇的な効果があって、街を流れる平凡な川さえドラマチックな表情に...

  •  0
  •  0