archive: 2012年07月  1/2

刈谷万燈祭を撮る

SONY α55 + MINOLTA 50mm f1.4 / TAMRON 10-24mm f3.5-4.5 + 3600HS(D) 土曜日は刈谷の万燈祭(まんどまつり)へ行ってきた。 同じ日に津島の天王祭があってどちらへ行くか迷ったのだけど、津島は去年行ったから、まだ見ていない万燈祭にしたのだった。 刈谷はおととしの夏に刈谷市民総踊りを撮りにいって以来だった。 あまり縁がないのだけど、刈谷も行ってみると案外近い。 5、60キロもあるという万燈を楽々担ぐ女子。とい...

  •  2
  •  0

東山植物園便り ---7月後半

SONY α55 + TAMRON 90mm f2.8 Di / 70-300mm f4-5.6 この夏はセミが鳴き始めるのが遅かったし、いつもの年よりも数が少ないように思う。たまにそういう年もあるから、今年だけが異常というわけではないのだろうけど、少し心配になる。春先の寒さが影響したりするのだろうか。 これまでセミの姿もあまり撮れていない。抜け殻をやっと撮ることができた。 アジサイの花が咲いている頃はチビだったカマキリも、今やすっかり大人にな...

  •  2
  •  0

マンデー料理は炒め系

SONY α55 + MINOLTA 50mm f1.4 土日は両日ともに祭り行きで、料理をしている時間がなかった。なので、先週分として、月曜日に料理をした。なんとなく曜日感覚が狂う。 メニューを考える時間もあまりないということで、やや手抜きになってしまうのは仕方がないところだった。そんな場合は、どうしても炒め系になりがちだ。何かを混ぜたり和えたりすることで多少なりとも工夫を見せるしかない。 暑さと疲れでこのところ少し食欲が...

  •  0
  •  0

今ここで目に映る風景

SONY α55 + MINOLTA 50mm f1.4 他 週末はお祭りに繰り出して帰りが遅くなったので、写真の整理が間に合わなかった。モノクロで一回つなぎます。 サンデー料理も明日回しということで。 日々の中で目に映る街の風景は、決して美しいわけではない。けれど、自分が生きる時代の自分たちの風景として引き受ける必要がある。決して他人事ではない。 風景の一部に向かってシャッターを押すということは、そういうことだ。 これらの...

  •  0
  •  0

ゆるり七宝町 <2>

SONY α55 + MINOLTA 50mm f1.4 どこかの町を訪ねるとき、その町で大事と思われる神社に挨拶するようにしている。ぶらりと訪ねていくときは詳しく下調べするわけではないので、現地での判断となる。村社や郷社とあれば分かりやすくていい。それ以外では、外観で決めることになる。 地図で七宝神社というのを見つけて、当たりをつけていたのだけど、小学校の片隅に建つ小さな社だった。当てが外れた。 その代わりというわけではな...

  •  2
  •  0

愛知牧場ひまわり2012

SONY α55 + MINOLTA 50mm f1.4 / TAMRON 10-24mm f3.5-4.5 / 70-300mm まだもう少し先だろうと油断していた愛知牧場のひまわり。 サイトを見てみたら、7月21日に満開を迎えたとある。しまった。出遅れた。 ネットを検索すると、2、3日前の情報でまだ見頃が続いているとあったので、なんとか間に合ってほしいと願いつつ行ってみると、もう駄目だった。ここ最近雨が降っていないせいもあるのか、大部分のひまわりがしおれていた。...

  •  2
  •  0

瀬戸電沿線風景 ---夏前編

SONY α55 + MINOLTA 50mm f1.4 他 瀬戸電沿線風景の写真がまたたまった。少し前のものも交えつつ、いってみよう。 駅でもないのにノロノロして急に何でもないところで停止したりしているやつがいて、変だなと思い、行き先表示を見ると「試」になっていた。どうやら新型車両の試運転をしているところだったようだ。 営業時間中に試運転をしているところを初めて見た。 ここのところあまり撮っていない瀬戸電だけど、少しずつで...

  •  0
  •  0

高校野球の季節が巡り来る

SONY α55 + MINOLTA 50mm f1.4 / TAMRON 10-24mm f3.5-4.5 夏が来て思い出すことはいくつかある。甲子園もそのひとつだ。 おととしの夏、初めて球場に足を運んで県予選の試合を撮った。去年も続けて撮りにいった。今年はタイミングが合わずに先延ばしにしていたら、出身高校が2回戦で敗退してしまった。だからやめておこうかとも思ったのだけど、やはり行くことにした。自分の中で、夏の風物詩として定着しつつある。 2年続けて...

  •  2
  •  0

ゆるり七宝町 <1>

SONY α55 + MINOLTA 50mm f1.4 何もない町へ行くシリーズ、今回は七宝町を訪ねてみた。 愛知県西部に位置し、かつては海部郡七宝町と呼ばれていた。2010年に甚目寺町、美和町と合併してあま市となった。 江戸時代末期に七宝焼きが盛んだったことから、明治になって七宝町と名付けられた。 前田利家の正妻まつの生まれ故郷というのが、この町の自慢となっている。 七宝焼きというのがどの程度知られている焼き物なのか、よく知...

  •  6
  •  0

海上の森行き ---夏風景と虫

SONY α55 + MINOLTA 50mm f1.4 / 100-300mm / TAMRON 90mm f2.8  海上の森行き。これも先週のこと。一週間のうちに続けて二度行ったのは初めてだ。コースが違えば、被写体も違ってくるから、撮れる写真も別のものになる。 このときは篠田池から海上池を巡るコースで、森の風景が中心だった。歩くコースによって持っていくレンズも違うものになる。自転車での移動なので、フル装備というのは現実的ではない。 このときは長時間露...

  •  4
  •  0

東山植物園便り ---夏深まる

SONY α55 + TAMRON 90mm f2.8 Di 今回の植物園も、飛びもの中心の撮影だった。 この日はよく晴れて、日差しも強かったから、シャッタースピードも上がった。飛びものを撮るにはいい条件だった。 ナミアゲハの飛翔姿を、ここまでしっかり撮れたのは初めてだ。フラッシュは使っていない。 トンボが人間のいる方に向かって飛んでくることはめったになくて、当然ながら警戒するから、1メートルまで引きつけて正面から撮るというの...

  •  2
  •  0

夕飯の報告サンデー

SONY α55 + MINOLTA 50mm f1.4 今週のサンデー料理も、通常パターン。レパートリーの中の小さな変化に終始した。 今回も料理は土曜日にした。夏のイベントが始まっているのに、今年はどうも気持ちがイベントに向かわない。花火大会も撮りにいけるかどうか。去年のこの時期は、毎週末、どこかのイベントを撮りに出向いていたのだけど。「マグロの素揚げ甘辛だれかけ」 マグロに塩、コショウ、酒を振り、ショウガをまぶす。 小麦...

  •  2
  •  0

海上の森 ---夏の煌めきを探して

SONY α55 + TAMRON 180mm f3.5 Di このところ、海上の森へ頻繁に行っている。この前は動画を撮るために出向いていった。今回はまた、虫撮りのためにマクロを持って行った。この夏は、少し通ってみようと思っている。 たくさんの命煌めく森の夏。...

  •  2
  •  0

鉄道を撮る

SONY α55 + MINOLTA 50mm f1.4 他 春から最近にかけて撮り溜めた鉄道風景をお送りします。 今回、瀬戸電は抜きにして、それ以外の鉄道を集めた。名古屋近郊なので、JRと名鉄がメインになる。あとは愛知環状鉄道と。...

  •  0
  •  0

7月前半の森林公園

SONY α55 + TAMRON 90mm f2.8 Di 森林公園行き。先週のこと。 南門入り口近くに、ひまわり畑ができていた。夏の楽しみが一つ増えた。 ねじらないネジバナ。 ひねくれているネジバナは、ひねらず真っ直ぐ花を並べる。 カリガネソウ。 夏の盛りから秋の手前まで咲く夏の花。 虫を捕まえているイシモチソウを探したけど、やっぱり見つからない。 ミミカキグサも、食虫植物の一種だ。 ただし、地中のプランクトンなどを捕食す...

  •  0
  •  0

モノクロームな心模様

SONY α55 + MINOLTA 50mm f1.4 他 モノクロで写す風景は、どこか心象風景めいている。 余分な情報がそぎ落とされて、写しとめたときの心模様だけが残るせいかもしれない。 洗濯物のある風景が好きだ。幸せな生活の象徴みたいに感じられるから。 久しぶりに古葉監督のことを思い出した。 夏と田んぼと少年。 子供の頃、田んぼでよくザリガニ獲りをした。 町の小さな教会。 一生無縁といえば無縁の場所。 でも、なんとなく...

  •  2
  •  0

長久手大草でハス撮り

SONY α55 + TAMRON 180mm f3.5 Di 立田のハスを撮りにいきたいという思いはありつつ、午前中に着くためには、朝一番のバスと列車を乗り継いでいかないといけない。それは厳しいということで、かなり妥協して近所のハス池にした。 長久手の大草交差点角にある池で、なんだかんだで3年連続3回目となった。 時間的にかなり遅く、着いたのが昼前ということで、きれいに開いている花は少なかった。時期としてももう後半から終盤に向...

  •  2
  •  0

夏の風景

SONY α55 + MINOLTA 50mm f1.4 他 少年は、夏を全速力で駆け抜ける。 あの頃の私たちがそうであったように。 時代が移っても、変わらない風景がある。 この夏は初めて迎える夏で、二度と戻らない夏だ。 いくつもの夏を通り越して大人になった私たちにとっても。 だいぶ大きくなったカルガモの子供たち。 巣立ちの日は、もうそう遠くない。 今年も、たくさんの夏風景に出会える予感がしている。...

  •  10
  •  0

岐阜町歩き <後編>

SONY α55 + MINOLTA 50mm f1.4 岐阜町歩き後編は、残った写真を。 金華山の高いところにある岐阜城天守は、いろんなところから見られるのがいい。 現在のものは二代目の模擬天守だ。明治に建てられたものは火事で焼けてしまった。 斎藤氏時代の稲葉山城はどんな姿をしていたのだろう。 それにしても、あんなところにある城を攻め落とすのは並大抵じゃないことは確かだ。 美濃国三宮の伊奈波神社(いなばじんじゃ)は、前回訪...

  •  0
  •  0

岐阜町歩き <前編>

SONY α55 + MINOLTA 50mm f1.4 犬山での表彰式のあと、再び名鉄に乗って岐阜駅まで足を伸ばした。 岐阜は2010年の11月に行っている。そのとき、柳ヶ瀬商店街や岐阜城、神社仏閣などをまとめて回った。 最後に川原町も行ったのだけど、大雨に見舞われて、傘も持たずにレンタサイクルでずぶ濡れになった。駆け足の短い滞在で終わってしまったので、もう一度行ってみることにした。しかし、またも小雨に降られてしまうことになる。...

  •  0
  •  0

木曽岬町を歩く <4・完>

SONY α55 + MINOLTA 50mm f1.4 今日は木曽岬町シリーズの4回目で、最終回。 木曽岬町の西、木曽川沿いを北上する。 木曽岬町ではあまり人に出会わなかったのだけど、こんにちは確率がとても高くて、お年寄りから子供まで、行き違う人の多くが挨拶をしてくれた。 それが木曽岬町の一番いいところとして記憶に残った。 この少年たちも元気にこんにちはと言いながらながら駆けていった。 見渡す限りの広大な水田地帯という夢想...

  •  0
  •  0

犬山市のフォトコンとか大垣のこととか

SONY α55 + MINOLTA 50mm f1.4 犬山市の観光写真コンテスト(春)の表彰式に出席してきた。 秋に続いての入選で、前回と同じく観光協会賞だった。 写真は中央下、犬山城の下、木曽川に乗って流れゆく桜の花びらを写したものだ。ブログには載せていない。 犬山フォトコンの表彰式は、選者さんの講評があるのが特徴で、作品の批評や選考基準などについての話も聞けるので、ぜひ出席したいと思わせる。田中志典市長が写真好きとい...

  •  2
  •  0

東山植物園便り ---7月の光

SONY α55 + TAMRON 90mm f2.8 Di 日曜日は、サンデー料理と東山植物園便りの二本立て。 しばらくこのパターンが定着している。夏場は週末にイベントがいろいろあって、帰りも遅くなることが多いから、それも崩れがちになるかもしれない。そろそろ花火大会も始まる。 この日の東山植物園は、晴れ。今年は梅雨どきも雨の日が少なかったように思う。九州などのすごく降っているところと比べると雨量も断然少ない。雨で続けて何日も...

  •  0
  •  0

70パーセント・サンデー

SONY α55 + MINOLTA 50mm f1.4 やる気60パーセントくらいでスタートしたサンデー料理は、作っていたらやる気度は80パーセントくらいになった。でも、やっぱりちょっと手抜き。トータルのやる気は70パーセントといったところか。最近、100パーセントを出していない。 まあ、100パーセント本気を出したからといって料理の内容が大きく変わることはないのだけど。「マグロの和風ステーキ風」 マグロに塩、コショウ、酒、ショウガを...

  •  2
  •  0

木曽岬町を歩く <3>

SONY α55 + MINOLTA 50mm f1.4 / TAMRON 10-24mm f3.5-4.5 木曽岬町シリーズの3回目。ここから後半になる。 この日は、とてもよい天気で、青空が広がり、真夏のような雲が浮かんでいた。日差しも強く、すっかり日焼けしてしまった。 南端近くまで来ても、民家がたくさん建ち並んでいる。古い家はほとんどなく、どの家も新しい。 ひっきりなしに上空を旅客機が通り過ぎる。地理と方角からして、南のセントレアに降りる飛行機だ...

  •  0
  •  0

木曽岬町を歩く <2>

SONY α55 + MINOLTA 50mm f1.4 木曽岬町の桜名所といえばここ、鍋田川沿いの桜並木だ。 途中で途切れとぎれになりつつも4キロ、1,500本の桜が続く。 7月の桜並木は、木漏れ日が作り出す強いコントラスト模様だ。 木曽岬町のメインストリートは、中央を縦に貫く県道108号線なのだと思う。当初、その道を行くつもりだったのだけど、歩いていたら鍋田川沿いの道に入っていた。これは町の東側に当たる。とりあえず、そのまま南下し...

  •  2
  •  0

木曽岬町を歩く <1>

SONY α55 + MINOLTA 50mm f1.4 / TAMRON 10-24mm f3.5-4.5 何もない町に、何もない日に、なんでもない理由で訪ねていくシリーズ。 前回の蟹江町に続いて今回やって来たのは、木曽岬町(きそさきちょう)だった。 弥富町の西、木曽川に沿って縦に長く伸びるのが木曽岬町だ。木曽川の左岸、こちら側だから当然愛知県かと思いきや、三重県に属している。 江戸時代以降、川をせき止めたり、島を陸続きにしたりしていたら、地形的に...

  •  4
  •  0

海上の森ショートムービー「夏の海上の森を歩く」

No image

http://youtu.be/QxG-nC84CyoSONY α55 + TAMRON 10-24mm f3.5-4.5 / MINOLTA 100-300mm f4.5-5.6 APO 海上の森の動画を撮りたいと思ったのは、暗い森シリーズを撮っているときだった。 α55のフルハイビジョン動画撮影機能を、これまで使ったことがなかった。動画はK-7時代に、愛岐トンネルで一度だけ試し撮りをして、それっきりだった。 ずっと動画には興味がなかったのだけど、ふいに撮りたくなって、そうなるともう、撮りにい...

  •  4
  •  0

東山植物園便り ---小雨模様

SONY α55 + TAMRON 90mm f2.8 Di 雨の日の撮影にもだいぶ慣れたとはいえ、撮りにいける場所はどうしても限られる。準備のないまま、さて、どこへ行こうかと考えると、やはり近場ということになる。 というわけで、またも植物園行きとなった。 雨は小降りから大降りになり、やがてあがった。 雨が降っているときは、トンボたちは濡れながらじっととまっているのだった。 雨にも負けず飛んでいるのも少しいた。 それでも、降り...

  •  0
  •  0

6月の明治村 ---その他編

SONY α55 + MINOLTA 50mm f1.4 明治村シリーズは、今回が最終回となる。 明写真編、暗写真編に入らなかった写真を集めた。 どちらかというと、今回は暗めの写真が多くなった。曇天で光が差さなかったことも要因だと思う。明治村も、光があった方が断然面白い。 雨や雪の明治村も撮ってみたいけど、さすがにそんな日に自転車では行けない。 もう明治村も10回くらい撮りにいってるだろうか。建物の外観をそのまま撮るようなこと...

  •  0
  •  0