archive: 2012年06月  1/2

ゆとりーとラインに乗って撮る

SONY α55 + MINOLTA 50mm f1.4 / TAMRON 10-24mm F3.5-4.5 / 70-300mm 前から一度乗ってみなくてはいけないと思っていた、ゆとりーとライン。 正式名称を名古屋ガイドウェイバスといい、日本で唯一のガイドウェイバスだ。 専用軌道を走るバスで、運転手はハンドル操作をしないというのは聞いて知っていたのだけど、実際どんな仕組みで走っているのか理解していなかった。バスは一般道路も走るので、特殊なタイヤではない。溝の...

  •  4
  •  0

リトルワールドへ <3>

SONY α55 + MINOLTA 50mm f1.4 / TAMRON 10-24mm F3.5-4.5 リトルワールドの3回目。そろそろ折り返し。 インドネシア、トバ・バタックの家。 スマトラ島北部にあった家で、高床式になっている。軒下部分で水牛を飼っていたらしい。 家の側面には、模様や絵が描かれている。 続いてヨーロッパ・エリアへ。 ドイツ、バイエルン州の家。 フランス、アルザス地方の家。 バイエルン州の家の裏手にある教会。 とんがり屋根が特...

  •  0
  •  0

リトルワールドへ <2>

SONY α55 + MINOLTA 50mm f1.4 / TAMRON 10-24mm F3.5-4.5 リトルワールドの2回目。 北アメリカインディアンのテントは飛んで、アラスカ・トリンギットの家のトーテムポール。 トーテムポールを持っていた北西沿岸インディアンの中で、トリンギット族は一番北に位置するインディアンだったそうだ。 このトーテムポールが本物かどうかは分からない。 リトルワールドの建物は、移築したものもあるのだろうけど、再現したものが...

  •  0
  •  0

蟹江町を歩く <4>

SONY α55 + MINOLTA 50mm f1.4 蟹江町シリーズ4回目。これが今回の最終回となる。 二度目の蟹江訪問で、やっと少し蟹江の町を知れた気がする。このときもよく歩いた。 あのあたりはまだ歩いていない町がたくさんある。次は弥富と木曽岬町あたりを予定している。...

  •  0
  •  0

リトルワールドへ <1>

SONY α55 + MINOLTA 50mm f1.4 久しぶりにリトルワールドに行きたくなった。どうしてだかはよく分からない。ただ、なんとなく。 これまで二度、写真を撮るために行っている。前回は2009年で、ナイター営業が目的だった。そのときに、けっこうしっかり撮って回って、もうしばらくはいいだろうと思ったのを覚えている。3年弱という歳月が、長いか短いか。明治村のように年に一、二回行っても楽しめるようなところではない。3年に一...

  •  0
  •  0

竹鼻を歩く <後編>

SONY α55 + MINOLTA 50mm f1.4 竹鼻町歩きの後編は、商店街の風景を中心にお届けします。 他の地方都市と同様、駅前商店街はすっかりさびれてしまっている。ただ、それほど寂しい感じはしない。懐かしさの方が強く感じられた。 名物は、なまずらしく、あちこちになまずの文字が見えた。毎年、なまずまつりというのも行われているんだとか。みんなでなまずを食べるのだろうか。 7月の終わりには、七夕まつりもあるようだ。 竹...

  •  0
  •  0

竹鼻を歩く <前編>

SONY α55 + MINOLTA 50mm f1.4 性海寺をあとにして、竹鼻へとやって来た。 竹鼻というのはまったく馴染みのない町だったのだけど、名鉄竹鼻線の存在は知っていた。地名でいうと岐阜県羽島市になる。東海道新幹線の岐阜羽島駅がある近くだ。 古い町並みが残っているということで、mihopapaさんと歩いてみた。 この日は私の都合で早く帰らなくてはいけなかったので、実質1時間なかった。そんな短時間では味わいきれない魅力的な...

  •  4
  •  0

瀬戸電沿線風景も春から夏へ

SONY α55 + MINOLTA 50mm f1.4 他 瀬戸電沿線の風景も、春から夏へと様変わりした。 以前ほど頻繁に撮ることはなくなったものの、どこかへの行き帰りに沿線沿いを自転車で行きながら、ちょくちょく撮っている。またたまってきたので、まとめて出すことにした。前回出し切れなかった春の風景も少し混じっている。 瀬戸電沿線の風景を、これからもコツコツ撮り集めていきたい。...

  •  0
  •  0

東山植物園便り ---曇り空の下

SONY α55 + SIGMA 50mm f2.8 DG MACRO + 3600HS(D) 東山植物園のこの日の天気は曇り。ときどき薄日が差した。 季節は6月の後半。初夏から夏へと移り変わる時期だ。 トンボの数が一気に増えたのが印象的だった。 トンボたちの縄張り争いが激化した。 常に何匹か飛び回っているので、写真に撮るには好都合だ。難しいことに変わりないながらも確率は上がる。 ネジバナが咲き始めた。 ハナショウブはそろそろ終わり。 翅がだい...

  •  2
  •  0

まずまずサンデー料理

SONY α55 + SIGMA 50mm f2.8 DG MACRO そろそろ6月も終わりだというのに、まだ夏の気分にならない。今年は春先から寒い日が多かったけど、初夏になってもその傾向は続いている。半袖に切り替えていないし、クーラーもほとんど入れていない。料理もまだ、夏仕様という感じにはならない。 まあ、真夏でもサンデー料理の内容はほとんど変わらないのだけれど。 今回もいつも通りの料理が並んだ。「マグロのマヨネーズソースがけ」 ...

  •  0
  •  0

アジサイ咲く性海寺へ

SONY α55 + SIGMA 50mm f2.8 DG MACRO / TAMRON 10-24mm 鎌倉の長谷寺とはいかないけれど、愛知県の稲沢市にアジサイ寺として知られる性海寺(しょうかいじ)がある。 mihopapaさんと、撮りにいってきた。 アジサイの時期の性海寺には、2008年に行っている。そのときのものを読み返してみると、2005年にも行っているようだ。そのときの記憶はまったく失われている。 性海寺の歴史については、前回書けることはすべて書いた。特...

  •  0
  •  0

黒門町あたりの風景

SONY α55 + MINOLTA 50mm f1.4 建中寺へ行った日、黒門町あたりを散策した。 地図を見ると、黒門町という名前の交差点はあるものの、黒門町という町名はない。区画整理か何かのときになくなったのか、もともと通称のようなものだったのか、そのあたりの経緯はよく知らない。江戸時代は黒谷門前と呼ばれていたのが、いつしか黒門町となっていったらしい。 地名でいえば、豊前町、車道町、百人町、筒井町あたりは、かつての城下町...

  •  2
  •  0

6月の風景

SONY α55 + MINOLTA 50mm f1.4 他 ここ最近、撮り溜めた季節の風景をお送りします。 あれから何度か川沿いを行って姿を探したけど見つからず、心配していたカルガモの親子を久しぶりに見た。 子供たちはちょっと大きくなっていた。 タモと虫かごを持って。 もうそんな季節になった。 千種公園のユリを見てきた。 相変わらず人が多くて、落ち着けない。 一面のユリを期待していくとがっかりしてしまう場所。 ハナショウブ...

  •  0
  •  0

今年も写真家たちの日本紀行写真展に行く

SONY α55 + MINOLTA 50mm f1.4 / TAMRON 10-24mm F3.5-4.5 梅雨だから雨の日が多いのはいいとして、台風はちょっとない。季節感がよく分からなくなる。 雨降りの合間を縫って、伏見方面へ向かった。 日銀前の歩道橋。 冬の間、すっかり葉を落としていたイチョウの木も、夏を前にこの通り。 夏の姿は、どこか秋の予感を抱いている。 目的はここ、キヤノンギャラリー伏見だった。「写真家たちの日本紀行 写真展」も、今年で4...

  •  2
  •  0

フォトコンのこと、写真のこと

SONY α55 + SIGMA 50mm f2.8 DG MACRO「デジタルカメラマガジン 7月号」の組写真フォトコンで入選。 組写真で入ったのは本当に久しぶりのことだ。モノクロ写真が選ばれたのは初めてになる。 選者がアサヒカメラnetの「写真の殿堂」も担当している小林紀晴さんというのも、個人的には意味のあることだった。 去年、中井精也さんに「駆ける園児」を準優秀に選んでもらったときは、深夜に一人で大喜びした。今回は静かに喜びを味わ...

  •  4
  •  0

6月はグリーンピア春日井と築水池

SONY α55 + SIGMA 50mm f2.8 DG MACRO / TAMRON 180mm F3.5 + 3600HS(D) 毎年6月にグリーンピア春日井へ行くには理由がある。 ハナショウブとアジサイを同時に見られて、隣の築水池湿地にはトキソウとカキランが咲くからだ。 ここのところ、ほぼ毎年6月に行っていると思う。6月以外はほとんど行かない。 自転車で行くと、最後の長い上り坂がきつすぎて、年に一回しか行く気になれない。 標高が高いのか、地形的なものなのか、...

  •  0
  •  0

名古屋に建中寺あり

SONY α55 + MINOLTA 50mm f1.4 / TAMRON 10-24mm F3.5-4.5 三度、四度と、すれ違いが続いた建中寺。これまで何度か部分的に撮った写真を載せてきたけど、今回ようやく全体を撮ることができた。 建中寺自体は、もう何度も行っているので、目新しさはない。初めて訪れたのは、6、7年前になるだろうか。 総門から三門方向を見るところが一番好きだ。タイミングがいいと、前の道路を小学生たちが列になって横切る。 総門と三門は、...

  •  0
  •  0

蟹江町を歩く <3>

SONY α55 + MINOLTA 50mm f1.4 蟹江町シリーズはまだ続く。今回は3回目。 のんびり歩きながら、モノクロの目で、蟹江町を写し取っていく。名古屋駅から列車でわずか20分ほどの場所でも、しっかり旅の気分を味わった。 もう一回、続きます。...

  •  0
  •  0

東山植物園便り ---雨と虫

SONY α55 + SIGMA 50mm f2.8 DG MACRO + 3600HS(D) この日も植物園は雨。天気予報では曇りだったのに、行ってみれば雨だった。中途半端に曇りよりも雨の方がかえっていい。小雨よりもしっかり降ってくれた方が、雨粒なんかも撮りやすい。雨になると、虫の数がめっきり減ってしまうのが残念ではあるのだけど。 雨降りのときは、トンボとかチョウとかは、どこにすっこんでるんだろう。濡れないところにいるんだろうけど、それにし...

  •  0
  •  0

土曜にやってもサンデー料理

SONY α55 + MINOLTA 50mm f1.4 6月はイベントが少ない月で、今週末も何もなかった。来月になれば、そろそろ夏のイベントが増えてくるはずだ。 土曜は雨模様で、日曜は晴れとなれば、料理は土曜にやって、日曜日に出かけることになる。気分的にも土曜日の方がゆっくりできるからいい。 今回は少し手間がかかっている。食べる側とすれば、手間がかかろうがかかるまいが、美味しく食べられればそれでいいのだけど、作り手の側から...

  •  0
  •  0

定光寺の山から鉄道と水田撮り

SONY α55 + MINOLTA 50mm f1.4 / 10-24mm / 70-300mm 近頃やや俯瞰症気味の私は、定光寺近くの山の上に鉄道風景が撮れる場所があるという情報を得て、早速出向いていった。 定光寺駅から見て南東約1.2キロの場所に、森林交流館というところがある。森林に関する展示施設らしいのだけど、鉄道撮影においてそれは目印でしかない。そこから少し進んだ場所に、展望デッキが作られている。これも森林交流館のものかどうかよく分からな...

  •  0
  •  0

6月の岩屋堂風景

SONY α55 + SIGMA 50mm f2.8 DG MACRO / 10-24mm / 70-300mm 桜の季節に行こうと思って行けなかった岩屋堂。本格的な夏を前に、久しぶりに撮りたくなった。1月にセリバオウレンを撮りにいって以来になる。 秋の紅葉と、夏休み以外は、訪れる人も少なく、ひっそりしている。そういう静かな岩屋堂が好きだ。 老朽化して、維持できなくなった無料プールは、とうとう廃止が決まった。 このまま捨て置かれることになるのか、取り壊...

  •  2
  •  0

海上の森で虫撮り

SONY α55 + SIGMA 50mm f2.8 DG MACRO + 3600HS(D) 虫を撮るならやっぱり海上の森。植物園にもけっこういるけど、種類にしても量にしても、海上の森の方が断然多い。あまり見たことがないような奇妙な虫もいる。でも、かわいくないやつは撮らない。 カマキリの子供をよく見るようになった。昔は道端の草むらとかにもたくさんカマキリの卵があったものだけど、今は見かけなくなった。大きなビンに入れておくと、ある日ものすごい...

  •  2
  •  0

高架風景

SONY α55 + TAMRON 10-24mm f3.5-4.5 他 自転車での行き帰りに、街の風景を撮る。とりわけ、高架の風景に惹かれる。高速道路や鉄道、橋など、頭の上に架かっている道に、何かしら魅力を感じるのは、子供の頃思い描いていたような21世紀の未来予想図と関係があるかもしれない。 透明なチューブの中を車や列車が走っているとはいかないけれど、江戸時代の人たちから見れば、高架の風景は間違いなく未来を強く思わせる風景だろう。...

  •  0
  •  0

名古屋空港で飛行機撮り

SONY α55 + TAMRON 10-24mm f3.5-4.5 / SIGMA APO 170-500mm f5-6.3 梅雨入りしたとは思えないほどの青空が広がった日曜日。これといったイベントもなく、さて、どこで何を撮ろうかと考えて、広い空が撮りたいと思った。 というわけでやってきた名古屋空港。遮るもののない広い空がここにはある。 エアフロントオアシスの南、歩道橋の上に立って、名古屋空港を見渡す。 この日は日曜日だったからか、自衛隊もお休みだったよう...

  •  0
  •  0

暗い森

SONY α55 + SIGMA 50mm f2.8 DG MACRO 他 + 3600HS(D) 海上の森を歩いているとき、何気なくストロボを使ってハイスピードシンクロで林道を撮ってみた。液晶画面を確認すると、案の定ほとんど真っ暗で何も写っていない。露光時間が足りず、ストロボの光は遠くまでは届かない。 家に戻ってPCで画像を見てみると、暗闇の中にほんのり光と色が浮かび上がっている。面白い。意識的にやってみたら、これまで写すことができずにいた森の...

  •  0
  •  0

蟹江町を歩く <2>

SONY α55 + MINOLTA 50mm f1.4 永和駅前の水田風景。ここで夕焼けと列車を絡めて撮りたいと考えていた。 結局、空は焼けず、ここまで戻ってくることもなかった。 今頃はもう、稲もだいぶ生長してしまったことだろう。水鏡風景を撮れる期間は短い。 今日は蟹江町シリーズの2回目をお送りします。 つづく。...

  •  0
  •  0

王子バラ園再び <虫がいっぱい>

SONY α55 + SIGMA 50mm f2.8 DG MACRO + 3600HS(D) 王子バラ園再びの後編は、バラと虫編をお届けします。 虫が苦手な人は、ちょっとピンチかも。 私としてはもっと虫に激しく接近する方法はないかと考えている。等倍を超えるためには、リバースアダプタと広角レンズの組み合わせしかないかもしれない。近々導入予定。 サングラスかガスマスクか。 彼らの目に世界はどんなふうに映ってるんだろう。 毛むくじゃらのクモは、か...

  •  0
  •  0

東山植物園便り ---春から夏へ

SONY α55 + SIGMA 50mm f2.8 DG MACRO + 3600HS(D) 今週の東山植物園も、虫撮り中心となった。 ただ、風が強かったせいもあるのか、虫たちの姿は少なめで、なかなか出会うことができなかった。花も少なくなっている時期で、ちょっと寂しい。早くも春が懐かしくて恋しい。 風で茎がぐわんぐわん揺さぶられても、トンボはわりと平気な感じで掴まっている。人間が思う以上に体が軽いのか、手足の力が強いのか、たぶん、その両方な...

  •  4
  •  0

皿変え気分転換サンデー

SONY α55 + SIGMA 50mm f2.8 DG MACRO 今週のサンデー料理も、いつもと変わらない感じの料理が並んだ。せめて気分を変えようと、普段使わない皿に盛ってみた。 服や皿なんてものは、いくら持っていても、たいてい決まったものに偏ってしまうものだ。それじゃあ、必要最小限でいいかといえばそうもでなく、タンスや棚がガラガラでは寂しいから、何か買ってしまう。新しく買ったものに移行する場合もあるし、そうじゃないこともあ...

  •  0
  •  0