archive: 2012年02月  1/2

スカイワードあさひからの眺め

SONY α55 + SIGMA APO 170-500mm f5-6.3 / 50mm f1.4 今日は尾張旭のスカイワードあさひから見る風景をお届けします。 2月終わりの夕方、空は少しかすんでいて、視界良好とはいかなかった。少しずつ空気も春めいてきているのだろうか。 恵那山の雪もだいぶ消えて、白い部分が少なくなっている。この姿を見ても、もう真冬ではないといえそうだ。 中央アルプスか、北アルプスか。 主立った山や建物の名前が書いた絵プレートがあ...

  •  2
  •  0

冬のトーン

SONY α55 + MINOLTA 50mm f1.4 他 大きな木の下で。 今日はモノクロ風景を。 モノクロームの冬のトーン。...

  •  6
  •  0

ドクターイエローを撮りにいく

SONY α55 + SIGMA APO 170-500mm f5-6.3 ドクターイエローが走る時刻表をネットで見て、mihopapaさんと現地で待ち合わせて撮ることにした。 場所は前回も撮った枇杷島橋の西、名城大附属高校北の歩道橋だ。 予定というか予想よりも2、3分遅れでやってきた。 一発勝負なのでちょっと慌てたけど、なんとか正面を捉えることができた。車両に落ちる架線の影まではコントロールできない。 今回は下りだったので、こちら側だったけ...

  •  12
  •  0

東山植物園便り ---梅開花

SONY α55 + TAMRON 180mm f3.5 Di 今週の東山植物園便りは、始まりの梅をお届けします。 遅れていた梅がようやく咲いてきた。各地で梅祭りが始まっているように、例年なら今頃はもう見頃間近になっている頃だ。今年は2週間くらい遅いのではないか。この分では梅祭りの期間中に見頃になるのは難しそうだ。満開は3月の中頃にずれ込むかもしれない。 咲き始めといっても、ようやく数本の木に数えるほどの花が開いているだけで、見...

  •  2
  •  0

簡単サタデー料理

SONY α55 + MINOLTA 50mm f1.4 今週は土曜日で時間もあったし、手抜きするつもりもなかったのに、作ってみたら簡単にできてしまった。そういうこともあるし、逆に考えていた以上に時間がかかることもある。 一つには野菜の皮むきがポイントで、ジャガイモとかの面倒なやつがたくさんあると、それだけ時間を食うことになる。エビの下処理も手間がかかる。今回はそういったものがほとんどなかった分、時間も短く済んだのだった。 ...

  •  0
  •  0

瀬戸のお雛めぐりを撮りにいく 2012

 瀬戸のお雛めぐりイベントも、今年で11回目となった。 2009年に初めて訪れて、個人的には今回が三度目だった。 週末にはいろいろな体験イベントなども開催されているようだ。期間は2月4日から3月4日までの1ヶ月間。アーケード商店街や各施設に、新旧いろいろなお雛さまが飾られる。 今年はどう撮ろうか考えて、女雛を撮ることを思いついた。雛飾りの主役はなんといっても女雛なのだから、それを撮りさえすれば、雛飾りを撮っ...

  •  2
  •  0

矢田川冬景

SONY α55 + MINOLTA 50mm f1.4 他 ちょっと久しぶりになってしまった矢田川河川敷風景。自分のホームの一つと定めながら、しばらくはあまり熱心に撮っていなかった。それでも、どこかへの行き帰りに通ったり寄ったりすることはあって、一回分のネタにするくらい写真がたまった。 というわけで、今日は矢田川河川敷の冬風景をお届けします。...

  •  0
  •  0

6年連続6度目のセリバオウレン撮影

 セリバオウレンを撮るのも今年で6年目となった。なんだかんだで毎年、瀬戸の浄源寺まで撮りにいっている。 今年は1月の終わりに、金峯神社へ撮りにいったものの、花が2つ、3つしか咲いていなくて、ほとんど撮った気がしなかった。2月半ばを過ぎるまで待って、あらためて浄源寺へ撮りにいってきた。 今年は遅れているという話で、22日の時点でまだ満開という感じではなかった。花の数が少なかった。もう最盛期が過ぎたというこ...

  •  0
  •  0

中部天竜駅周辺を散策する

SONY α55 + MINOLTA 50mm f1.4 飯田線の旅で最初に降り立った、中部天竜駅。 白くて清潔そうな駅舎は、平成4年(1992年)に建て替えられたもので、まだ新しさが残る。それ以前は木造の趣のあるものだった。 佐久間レールパークがなくなってしまった今、この駅で降りる観光客は少ない。駅周辺にはこれといった観光施設がなく、あえていうなら歩いて40分ほどのところに佐久間ダムがあるくらいのものだ。 ダムができた当時は、巨...

  •  2
  •  0

セツブンソウを撮りに石雲寺へ行ってきた

 以前から一度撮ってみたいと思っていたセツブンソウ(節分草)を求めて愛知県新城市にある石雲寺(せきうんじ)へ向かった。 JR飯田線の柿平駅と三河川合駅のちょうど中間くらいで、どちから歩いても20分ちょっとの場所にある。 セツブンソウが自生している場所は少なく、知る限り愛知県では新城一帯だけだ。池場や東栄町にもポイントがあるらしいのだけど、それ以外の場所は聞かない。石灰岩の地層を好むようだから、もともと...

  •  2
  •  0

飯田線の旅

SONY α55 + MINOLTA 50mm f1.4 飯田線の旅に出てきた。目当ては石雲寺のセツブンソウを撮ることだったのだけど、それだけではもったいない。もう少し足を伸ばしつつ、飯田線も撮ろうというのが今回の目的だった。 しかし、何しろ飯田線は本数が少ない。基本1時間に1本で、途中2時間くらい空白の時間もある。おかげで旅の計画を立てるのがとても難しく、飯田線に乗りながら飯田線を撮るのは更に困難になる。今回のように他の目的...

  •  2
  •  0

東山植物園便り

SONY α55 + TAMRON 180mm f3.5 Di 今週も東山植物園便りをお届けします。 季節は確実に進んでいるのだろうけど、花の開花に関しては少し足踏みといったところだ。今頃主役になっているはずの梅がまだ咲いてこない。足下の野草も、まだ目立つほど咲き揃わない。 そんな中、冬が遠ざかっていることを実感する。落ち葉に艶がなくなり、傷んでいっているのが分かる。それもまた、季節を知る一つの手がかりに違いない。 ロウバイや...

  •  0
  •  0

無難にサタデー料理

SONY α55 + MINOLTA 50mm f1.4 今週もサタデー料理。今回はあまり手間暇をかけず、簡単に作るつもりだったのに、やってみたら意外と時間がかかった。イメージでは和食のジャンルだと思っていたら、なんだか違う方向に流れて、思いがけないところに着地した。風任せの料理というのも、面白いといえば面白いのだけど。「エビとトマトの卵とじ」 下処理したエビに塩、コショウ、酒を振って、しばらく置く。 酒、みりん、しょう油、...

  •  0
  •  0

瀬戸電風景 ~夜景・夕景編

SONY α55 + MINOLTA 50mm f1.4 他 今回の瀬戸電風景は、夜景、夕景を中心にお届けします。...

  •  0
  •  0

スクエアモノクロで長秒

PENTAX K-7 + DA 55-300mm f4-5.8 モノクロスクエアの第二弾。 今回は水辺の風景を中心に、長秒露光をしてみた。シャッタースピードは、60秒から120秒くらい。ND400とND8の2枚重ねを基本として、C-PLを加えたり、ND400の1枚にしてみたり。 一回のシャッターが1分としても、その後のノイズリダクションに同じ時間がかかり、その間、何もできない。2分露光すると4分間はぼぉーとすることになる。非常にのんびりした撮影だ。 おか...

  •  0
  •  0

名古屋港方面へ<後編>

PENTAX K-7 + DA 16-45mm f4 名古屋港方面行きの後編は、帰り道。しばらく貨物線沿いを行く。 開橋まで戻ってきた。もうすぐ日が沈む。 東築地橋で沈む夕日を撮るつもりが、低くかかった雲に隠れてしまった。 運河沿いのような風情。工業地帯には夕景がよく似合う。 最後に新幹線の流し撮りをして、この日の撮影はおしまいとなった。 あとはひたすら自転車を漕いで、家に帰った。...

  •  2
  •  0

鈴鹿ゴールデントロフィーレース<6>

SONY α55 + SIGMA APO 170-500mm f5-6.3 レースが終わったあと、走行会が始まった。レース実況も終わり、少し残っていた観客の姿もなくなった。それでも、せっかくなのでもう少し撮ることにした。 この日は周回数も多くて、たっぷり撮ることができた。撮れる部分と撮れない部分がだいたい分かってきた。あとは西コースでもう少し新規開拓したい。 NRC・KSCCというのが何を意味するのかは知らない。カテゴリーなのか、チームなの...

  •  0
  •  0

名古屋港方面へ <前編>

PENTAX K-7 + DA 16-45mm f4 熱田神宮をあとにして、名古屋港方面へ向かった。 長時間露光で水風景を撮ることが目的だったのだけど、そちらでの成果はほとんどなく、港風景のスナップに終始することになった。それでも、久しぶりに海や港を撮ることができて満足した。このときは自転車だったので、新鮮な風景もいろいろ見ることができた。 まずは堀川の七里の渡し跡から出発する。 堀川に架かる鉄橋をいく新幹線。以前も一度、...

  •  0
  •  0

鈴鹿ゴールデントロフィーレース<5>

SONY α55 + SIGMA APO 170-500mm f5-6.3 鈴鹿ゴールデントロフィーの最終レースは、ヒストリック50分耐久だった。 異種格闘技のような顔ぶれで、これはもう誰が一番速いかというよりも、いかにして50分走りきるかに主眼が置かれているといってよさそうだ。旧車で50分間、ほぼフルスピードで走り続けられるというのもすごい。さすがにひとりで走るのは大変なので、ドライバー交代がある。 この時代のミニが一番ミニらしい気がす...

  •  0
  •  0

今年初の熱田さん参り

PENTAX K-7 + DA 16-45mm f4 年に二、三度、熱田神宮へ行かなければいけないような気持ちになる。特に用事や願い事があるというわけでもないのに、行かないとなんだか気分がそわそわする。とりあえず行ってしまえば心も落ち着く。もちろん、その中の何割かは写真を撮りたいという気持ちに違いない。 今回は行く前からモノクロで撮ると決めていた。頭の中をモノクロ・モードにしないと、モノクロ写真にならない。カラーのときとは...

  •  4
  •  0

鈴鹿ゴールデントロフィーレース<4>

SONY α55 + SIGMA APO 170-500mm f5-6.3 鈴鹿ゴールデントロフィーの続いてのレースは、ネオヒストリックと呼ばれるカテゴリーだった。 マシンは、ロータス・スーパーセブンの旧い型のものが中心だった。 あと、VIVACE-908というマシンも走っていて、これも1970年代のものと思われる。 これぞヒストリックレースという光景で、写真をセピア色のモノクロにしたら、そのまま時代が戻ったみたいに見えるんじゃないだろうか。 ス...

  •  0
  •  0

愛知国体でアイスホッケーを撮る

SONY α55 + TAMRON 180mm f3.5 Di 唐突にアイスホッケーの話なのである。 来たる夏に、岐阜県で国体が開催される。それに先だって、冬季国体が1月28日から2月1日までの5日間、岐阜と愛知で行われた。 ゆめリンク愛知国体と名付けられ、愛知では、アイスホッケー、ショートトラック、フィギュアスケースの各競技があった。 愛知県で冬季国体が開催されるのは初めてとのことで、ぜひ行きたいと去年から楽しみに待っていた。こん...

  •  4
  •  0

少し季節が足踏みの東山植物園

SONY α55 + SIGMA 50mm f2.8 DG MACRO 先週も少しだけ東山植物園をのぞいてきた。寒さが続いているせいか、植物園の春はあまり進んでいなかった。いつもの年ならもう咲き始めている梅も、まだまだ蕾が固い状態で、咲き出しそうにない。見頃を迎えているはずのフクジュソウも、やっとちらほら咲き出したところだ。 今年は春が遅くなりそうだ。 しかし、フクジュソウというのは、イメージに似合わず花が大きい。見るまでは可憐な...

  •  2
  •  0

スクエアモノクロの試み

SONY α55 + SIGMA 50mm f2.8 DG MACRO 他 新たな試みとして、スクエアのモノクロを試している。真四角写真でも、カラーとモノクロでは味わいが違ってくる。 フォーサーズやコンパクトデジの4:3のアスペクト比は、なんとなくしっくりこないのだけど、1:1になると、収まりがよく感じられる。かつての中判カメラでは、6×6(ロクロク)なんてのもあったから、真四角写真は特に目新しいものではない。 何にしても、撮る前からアスペ...

  •  6
  •  0

いつものサタデー

PENTAX K-7 + FA 50mm f1.4 週一料理、今週は土曜日だった。サタデーナイト料理の方が、一週間の流れを考えるとしっくりくる。 今回もまた、いつもの調子に終始した。皿だけは気分を変えてみた。「マグロの甘辛だれと卵黄がけ」 久しぶりに生でマグロを食べた。料理という以上、何か調理はしたいわけだけど、生は生の美味しさがある。 酒、みりん、しょう油、ごま油、ショウガ、豆板醤、白だし、中華の素、砂糖、オイスターソ...

  •  0
  •  0

岩塚のきねこさ祭 ---本祭りと厄払い神事編

 岩塚きねこさ祭の3回目で最終回をお送りします。 川祭り、古式行列のあとは、七所社に戻って、本祭りが執り行われる。 これは関係者のみの神事で、見物人は外から見るだけだ。祝詞があげられたり、雅楽が演奏されたりする。舞の奉納もあったようなのだけど、そこは見逃した。 本祭りは30分ほど続いた。 最後に行われるのが、厄払いの神事だ。 境内の真ん中を空けて、見物人たちは輪になって取り囲む。 役者さんたちが列を...

  •  2
  •  0

岩塚のきねこさ祭 ---古式行列と佐屋街道編

 岩塚きねこさ祭の続き。 川祭りに続いて行われるのは、古式行列と呼ばれるものだ。 役者さんや氏子さん、神社の関係者などが、それぞれの衣装を身につけて町を歩く。総勢50名くらいだろうか。 地方ローカル色の強いお祭りなので、顔見知りが多い。沿道の人々の多くが知り合いのようで、あちこちで挨拶が交わされ、立ち話が始まる。祭りの出演者と観客との境界線も曖昧で、観光色が強い祭りとは趣が異なっている。そんな中にい...

  •  0
  •  0

岩塚のきねこさ祭 ---七所社と川祭り編

 昨日、名古屋市中村区の岩塚で、きねこさ祭が行われた。 おととしだったか、たまたま七所社(ひちしょしゃ)の前を通りかかったとき、立て札のきねこさ祭の紹介文を読んで、テレビで見たことがある祭りがここだというのを知ったのだった。一度見てみたいと思っていて、その機会がやってきた。 1000年以上の歴史を持つ祭りで、毎年旧暦の1月17日に執り行われる。 尾張三大奇祭の一つに数えられていて、あとの二つは、この前紹...

  •  0
  •  0

鈴鹿ゴールデントロフィーレース<3>

SONY α55 + SIGMA APO 170-500mm f5-6.3 これを見られただけでも行ってよかったと思った、ロータスヨーロッパ・スペシャル。 古い外国車に詳しくなくても、マンガ「サーキットの狼」をリアルタイムで読んでいたスーパーカーブーム世代としては、喜ばないはずがない。ずっと昔、それこそスーパーカーブームまっただ中に、二度くらい走っているところを見たことがある。たぶん、それ以来の再会だと思う。「サーキットの狼」では、...

  •  2
  •  0

東山植物園花便り

SONY α55 + TAMRON 180mm f3.5 Di 恒例となった週一東山植物園便りをお届けします。 これは先週撮った写真なので、今はもう少し季節が進んでいるはずだ。植物園の冬は撮るものがないと思っていたけど、通ってみるといろいろ見えてくることがある。一週間でもあちこちに変化を発見する。 シナマンサクも咲き始めた。植物園でいうと、ロウバイの二週間遅れくらいだろうか。 マンサクはまだ開きかけで、これからといったところだ...

  •  0
  •  0